家元社内状態アンケート

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
家元社内状態アンケート により Mind Map: 家元社内状態アンケート

1. 1.情報が来るのが遅くて 困っていることを教えてください

1.1. 部門別会議や部門チャットグループの参加により、解消された

1.2. 打ち合わせ後にすぐ図面訂正の内容などが来ないとき。待機なのかどうかわからない。

1.3. "・設計の法規的な問題が後で発覚する事がある

1.4. ・現場で判断した事が情報共有されていない事がある"

1.5. 図面の作成等

1.6. "各セクションから横の情報が遅い

1.7. 現場、設計、営業間の情報スピード"

1.8. 仕様書や図面決定がギリギリすぎる

1.9. 会社の今後の展開。最終図面。

1.10. お願いした仕事に対しての経過報告と、結果報告

1.11. ほぼ全てにおいて情報が上がってくるのが遅いです。

1.12. 新しいことが急に始まってる

1.13. 各物件の仕様や最終決定の水回り商品、プレカット図

1.14. "お客様との打ち合わせ内容の結果

1.15. 仕様(物とか色とか)の連絡"

1.16. 困るまではいってませんが、SNS以外の社内共有に時間のズレを感じるときがあります。

1.17. 来た時には締め切り直前になっている事

2. 2.情報が曖昧で、どれが正解か解らなくて困った事例を教えてください

2.1. 過去のデータがいっしょになって共有に入っているとき。

2.2. どれが最新の資料なのか分からない時がある

2.3. 打ち合わせ内容を書き込んだ図面だけが置かれ、捉え方の違いや伝わらないものもあった。

2.4. 各部署でスケジュールの認識が異なっていたこと(着工時期など)

2.5. 各自の持っている現場資料

2.6. 着工時点で図面がダンドリに反映されてなかったり、着工後に変更が出てくることが多い

2.7. 社内ルールなどの確定事項がメッセージ上棟で流れていってしまう為、記憶にも残らない

2.8. 人によって言うことややることが違うので、何が正解なのか分からない状態。

2.9. "フォルダやダンドリワークに過去の資料がいつまでも残っている、

2.10. コミッション

2.11. 打ち合わせ内容をチャットワークに乗せるだけでなく図面訂正があるなら具体的に説明があったほうがいい"

2.12. どの図面で進行しているのかがわからず、過去の図面で進行してしまって、現場でのやり直しとかになってしまう

2.13. 建物の話になりますが、家元の仕様の標準で変更があったとき、情報が下までおりてこず、曖昧かと思います。分からなくなります。

2.14. 何処にある情報なのか?主語や指示があいまいすぎて意味が不明

3. 3.部署間での情報の共有がうまく行かなくて、 お客様や業者(職人)さんにご迷惑を お掛けした具体的な事例を教えて下さい。

3.1. お客様用の書類で記載内容にミスがあり、作り直しとなり時間を頂いた

3.2. 互いが知っている情報の食い違いでお客様に誤った情報を提供してしまった。(新しい情報ではなく古い情報の提供)

3.3. リフォームのとき4者などの打ち合わせのタイミングがなかなか取れず、 スケジュールや内容の確認を部署間で出来ないまま現場が進みご迷惑をかけたことがあった。 リフォームの現場は現場の状況や、工程も把握できていないことが多いと感じる。

3.4. 図面変更した事が職人さんまで上手く伝わらず反映されない事があった

3.5. 打ち合わせの内容が伝達されていなく、図面に反映されていなかった。

3.6. プランやパース依頼時のやりとり  設計の汲み取りが弱い、提案が少ない、 図面に記載しているのにその通りに形になっていない、サッシ打ち合わせ時で間違いがある

3.7. お客様との打ち合わせ内容が伝わっておらず現場がかわっていない

3.8. ダンドリに上がっている図面や仕様と内容が違って業者さんが出戻りになったり、やり直しになることがある

3.9. 聞かれてしまう事。資料があれば聞かれる事もない。

3.10. お客様が職人さんに変更を報告する

3.11. 実施図の完成がおそくなる

3.12. 和室と洋室の予約状況で打ち合わせが和室なのか洋室なのかわからなかったり、 すでに2部屋とも埋まっているのに 後から入った予約の方が優先されることもあり場所を変える、 時間をずらすなどの対応をお客様とその日になって調整することがある。

3.13. 途中で変更なっていたのを、 連絡するのが遅れてたり、 伝え忘れがあり、 それがお客様が気づいて初めて知る事。信頼損失大。

3.14. 過去になりますが、図面の絵と寸法の整合生がとれていない現場がありました。 誰も気づかずまま進んでいて、現場で問題が出て連絡をもらった頃にはやり直しができない状態でした。 お客様に正直に話して解決できたのでトラブルにならなかったのですが、怖い思いをしました。

3.15. キックバックを行う事が抜けていてどうなったのか?の質疑がある事

4. 4.他のスタッフの打ち合わせ状況やお客様とのやり取りで、 知っておきたいことがあれば教えて下さい。

4.1. お客様に関する正確な情報

4.2. うまくいっている方法や失敗したことをもっと気軽に共有できればいいなと思う。 お客様のお手持ちの家具の寸法など、 ちょっとした大事な情報を共有に保存して確認できるようにしたい。

4.3. どういう金額提示をしているのか、 議事録は取れているのか、工程

4.4. どういうスケジュールで何を決めていくのか等

4.5. 営業段階でお客様の希望を細かく聞いて教えてほしい (後々ニッチなどの要望があり対応できない間取りの場合がある)

4.6. 担当者によって情報が確認するまで出てこないことがあるため、 意匠決定後の詳細や図面は情報をおろしてほしい

4.7. お客様テンション。モチベーション。

4.8. 着工後の追加変更内容や、がいつでも目に見える形で

4.9. 現場工程、入金日(正確な金額も含め)

4.10. "自分が知っていることがみんな知ってるとは限らないので何でも教えてほしいです。

4.11. 何が必要か、何がわからないか、想像もできないことがあります。

4.12. 知ってて当然はないと思います。"

4.13. リアルタイムでの打ち合わせ内容や議事録

4.14. お客様に対して、着工から完成まで 平日に打合せをしてもらえるとしたら 値引きをする件がどうなっているのか進捗を知りたいです。

4.15. キックバックが欲しい

5. 5.お客様や業者(職人)さんに、質問されることを具体的に教えて下さい。

5.1. 職人さんからは工程のことや納め方のことをよく聞かれる。 お客さんからは進捗状況の確認のご連絡が多い気がする。

5.2. 仕様の細かい部分

5.3. 仕様関係

5.4. 工期、納期、期日

5.5. 承認図がダンドリに上がってなく確認の連絡が多い

5.6. "スケジュール。

5.7. 色。"

5.8. 家元の特徴は?

5.9. 前職の事

5.10. "業者さんから、納まりはどうなのか?色は?

5.11. ここの手配は?いつ入ればいい?関連業者さんに連絡いっているか?

5.12. お客様からは、いつまでに決めればいいですか?この工事はいつからですか?"

5.13. スケジュールの確認が多いです。

5.14. 日時、スケジュールの問い合わせが多い

6. 6.業務の中で、各スタッフによってやり方が違うなという所を教えて下さい。

6.1. 記録に残る(チャットワーク等)仕事の依頼をする方と、 口頭などで記録に残らない依頼をするという違い

6.2. 図面に書く記号の矢印の形状など細かいところが統一されていない。 それぞれやりやすい書き方で書いていっている。 パースにも似たことが言える。 パースの品質の設定もそれぞれで設定している。

6.3. ヒアリング内容、利用する営業ツール、営業トークなどほぼ全て違う

6.4. アーキの設定の仕方や図面の書き方

6.5. パースのクオリティ、図面を依頼された時の態度、 図面の面白さ、修正ミス 工期をまもれない、 残工事後回し、デザインの追求

6.6. 一緒のことの方が少ないのでは

6.7. 各プランボードや意匠詳細、詳細図面の内容に担当者ごとに差が出ている

6.8. "図面の書き方。

6.9. お客様提出書類。

6.10. 現場での細部納まり。"

6.11. 今、変革中ですが、契約時にカチッとした見積もりのアリなし。

6.12. ほぼ全てにおいて。そもそも体制が整っていない。

6.13. 営業マンのスキル

6.14. 効率よく最低限の図面で打ち合わせをすすめて プランを完成させていくやり方の人と、 はじめから手間をかけた図面作成を繰り返して提案していくやり方の人

6.15. 共有フォルダの中の 書類や見積を取る取らないなどの やり方がバラバラです。(今後決まっていくと聞いてます)

6.16. 議事録の内容、期限切る人切らない人、 しっかり連絡する人しない人、 気がきく人、全く利かない人

6.17. 金沢と富山でやり方が違うところが多々あります。 良いところ悪いところ含めてです。

6.18. なんでも人に振れる事。

7. 7.業務の平準化を図るために、必要だなと思うことを教えて下さい。

7.1. 3あ

7.2. その業務に係る労力を客観的にも主観的にも理解すること

7.3. "個々の業務の内容や量を洗い出す

7.4. マニュアル化"

7.5. チェックリストや、アーキの初期設定の統一

7.6. ルール、マニュアル、ツール、意識改革

7.7. 細かなマニュアルがあればいいなと思います

7.8. 図面の書き方やアーキの使い方の統一化

7.9. 気持ちよく仕事を受ける、依頼可能な物件数を制限する、 超えたら何週間待ちか事前に言う 人それぞれで能力が違うので平準化は難しいとおもいます。 それよりも、時間を惜しまず、 一棟一棟納得できる作品をうみだしていくべきだとおもいます。

7.10. 何事もいいやり方できる人のやり方を共有し、 そこを平準化

7.11. 各部門の業務の流れを一連のマニュアル資料で わかりやすく見えるようにした方がいいと思います

7.12. "ルールを守る前にどういうルールがあったかすらも解らなくなってしまう。

7.13. 全てを網羅している

7.14. ルールブックがあれば良いですね。

7.15. 冠婚葬祭の祝儀額、香典額、ゴミ当番、 上棟ルール、お客様対応など何から何まで。 現状決まっている事をとりあえずみんなで把握すること。"

7.16. 社長の下に番頭さん的な役割

7.17. 業務内容の精査、マニュアルの作成、スケジューリング

7.18. フローの確定

7.19. 作成期限とそのために必要な資料の用意

7.20. "各自、得意、不得意がある中でなかなか平均的に仕事とは難しいこともある中で

7.21. お互いに思いやり、感謝し、自分のできることを探して協力しあう事が必要だと思います。"

7.22. 簡潔な情報共有システム

7.23. あっちもこっちもなんでも取り入れすぎ。1つを極めてはどうでしょうか?

8. 8.新しいスタッフを育成する中で課題だと感じる事を教えてください。

8.1. 8.新しいスタッフを育成する中で課題だと感じる事を教えてください。

8.2. 指導側の指導力・サポート態勢

8.3. 新しいスタッフからも色々な意見をきくこと。それを無視しないこと。

8.4. 育成する側が、忙しくてなかなか時間が取れていないのでは

8.5. それぞれで仕事を依頼して、新入社員の仕事内容を新入社員本人しかわかっていない時があった。 フレックスで早めにくる新入社員に時間を合わせた方がいいのか悩んだ。 考えていることを気軽に打ち明けられる環境にできているか心配になることがある。

8.6. 教育する内容、順番などしっかり決まっておらず、教育者任せになっている

8.7. 誰に教えてもらうかで違いが出るのはあまり良くないと思います

8.8. つきっきりで教えられるほどの環境がない

8.9. フレキャンなくなったので、新卒で話す機会がほとんどない、後輩も話しかけにくい

8.10. 教育係、メンターの設定

8.11. 施工管理に関しては、現場で覚えることが多いのでどうしても現場に行く回数が増えてしまう

8.12. "教える人間ってによって言う事が違うか?"

8.13. 育成する側が忙しすぎて面倒が見きれていない

8.14. 会社としても各部門としても、 明確な人材モデル像を描けていないから、 何に重点を置くべきなのか、どう育ててよいかわからない。

8.15. 働き方

8.16. 育成する担当者の指導時間も必要

8.17. 孤独にさせない

8.18. 自分で考えて行動してもらう事

8.19. 新しいスタッフが入ったのに、 すぐに辞めていくのが引っかかります。 育成できる環境になっているのかも分かりません。 新卒でなく、中途採用の方には放置しているように見えてもしまいます。

8.20. 本人のやる気次第かと思う。心身ともに健康が一番

9. 9、ほかの部署に改善してほしい事は何でしょうか?

9.1. 連絡、報告をして欲しい

9.2. 依頼事と締め切りに、できるだけ余裕を持たせてほしい

9.3. 提出期限や発送期限があるものは、もう少し早めの依頼をお願いしたい

9.4. 全てのデータは基本共有をみれば 最新のものがわかるようにしてほしい。 (住まい手の書、地盤改良データ、水回り、コーディネートなど)

9.5. 期日を守る、気持ちよく引き受ける

9.6. 情報共有の徹底とスピード感

9.7. "誰のために仕事をしているのかを改めて考え直してほしいです

9.8. こなす仕事をして欲しくないです

9.9. 提案力が向上していない

9.10. デザイン力は加納さん任せ、会社としてどんなお家を提案するのが最善なのがもっと皆で考えるべき"

9.11. 依頼事項を忘れずやってほしい

9.12. 協力体制

9.13. "営業へ、打合せ日ぎりぎりまで(特に金曜)図面変更の依頼がくること。

9.14. よりよいものをお客様に提案したい気持ちもよくわかるのですが、 もう少し余裕をもっていただけたら嬉しいです。"

9.15. "営業部門には、四者のスケジュールを 早めに組んで全体に把握できる情報をおろしてほしい

9.16. 設計部門には、意匠決定からの 図面の完成後にはすぐに図面を回覧できるように頑張ってほしい

9.17. 施工管理部門は工程表の早期の作成と 着工前に予算組、発注書発行を確実にできるように取り組みます"

9.18. もう少し、設計にも工事にも サポート出来るはずなのにと思う営業スタッフはいます。

9.19. "デザイナーの仕事の混み具合が目に見えてわかる表と 、個々の能力で作図及び、申請がわかる表。

9.20. ディレクターがいなくても 契約になるくらいのプランニングの面白さとクオリティ。"

9.21. 報連相の徹底、 依頼事項は〆切に余裕を持たす、 口頭での依頼、依頼する時間(自分都合しか考えていない) 1度で分かる内容で依頼してほしい、 聞き返さなければ分からなかったり推測が必要な質問など

9.22. 熱量の統一化

9.23. 図面訂正があるときは 写真をチャットワークにのせて終わりにせず、 できればプリントアウトとその説明がほしい

9.24. 依頼したことに対しての期日を守る事。 変更を嫌がらないでほしいです。 嫌でもいいのですが、 仕事なので嫌な態度や顔はしない方がうまく社内が回ると思います。

9.25. 依頼事、決められたスケジュールをしっかり守ってほしい

9.26. "17時に初めて依頼された案件で、 明日図面を仕上げる、 かつ、同時進行で見積りを仕上げるのはきつかったです。

9.27. お客様の都合もあるかと思いますが 余裕をもったスケジュールで進めていきたいです。"

9.28. 自分も含め、他の部署に関心をもって仕事に臨む事