老後資金への備え

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
老後資金への備え により Mind Map: 老後資金への備え

1. NISA

1.1. どちらかのみ選択可能

1.1.1. 積み立てNISA

1.1.1.1. 最初に投資した月から25年間

1.1.1.2. 年間40万円が上限

1.1.1.3. 上限額以内で得た利益には非課税

1.1.1.4. いつでも出金、売却可能

1.1.2. 一般NISA

1.1.2.1. 最初に投資した月から5年間

1.1.2.2. 年間120万円が上限

1.1.2.3. 上限以内で得た利益は非課税

1.1.2.4. いつでも出金、売却可能

1.2. 楽天シミレーション

1.2.1. 皮算用 年利5%

1.2.1.1. 毎月33000積み立て

1.2.1.1.1. 20年で約13500万円

2. IDECO

2.1. 年金、退職金としての扱い

2.1.1. 掛け金上限14万~81万円

2.1.2. 掛け金は控除に該当

2.1.3. 利益には非課税、受け取るときに課税

2.1.4. 退職金が多くもらえる大企業には不向きかなー。

2.2. 満60歳まで売却、引き出し不可

2.2.1. 余剰資金でNISAと公的年金をベースに勘案する。

3. 積み立て保険はいらない

3.1. 積立保険の内容は手数料の高い投資信託と手薄い保険

3.1.1. 投資は手数料の低さ=信用

3.2. 保険は保険、投資は投資で分けて考える

4. 積み立てのメリット

4.1. 毎月コツコツ買うことでドルコスト平均法が適用できる

4.1.1. 相場の高値掴みも安値も分散することでリスクを分散できる

5. インデックス投資が体現できる

5.1. ウォーレンバフェットも推奨する最適回かなと

5.2. インデックス投資は資本主義経済と経済成長の成長が基本

5.2.1. 時間を味方につけることで負けが無い投資法

5.3. アメリカの経済成長と購買意欲の賜物

5.3.1. sp500に連動する投資信託およびETFが最適

5.4. 長期で見たら世界経済はよくなっていく

5.4.1. 自転車が移動手段の主だった中国は今どうか

5.4.1.1. 世界第2位の経済大国

6. 暴落は必ずくる

6.1. コロナショックも世界恐慌も乗り越えてきた

6.2. 狼狽売りはしない

6.3. 暴落は買い時