脳は世界をどう見ているのか

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
脳は世界をどう見ているのか により Mind Map: 脳は世界をどう見ているのか

1. 脳の構造

1.1. 新しい脳

1.1.1. 新皮質

1.1.1.1. 知能を司る

1.1.1.2. 筋肉に直接つながっていない

1.2. 古い脳

1.2.1. 本能を司る

1.2.1.1. 呼吸

1.2.1.2. 飲食

1.2.1.3. セックス

1.2.1.4. 反射反応

1.2.2. 筋肉に直接つながっている

2. 新皮質は世界のモデルを学ぶ

2.1. 学んだモデルに基づいて絶えず予測をしている

2.2. 座標系(x,y,z)を使って

2.2.1. 相対的な位置と物体の構造を学ぶ

2.2.2. 物体全体を一度に処理することができる

2.2.2.1. 様々な角度から物体を想像できる

2.2.3. 身体の動きを計画し、実行する

2.3. 経路

2.3.1. なに経路

2.3.1.1. 物体の特定ができる

2.3.1.2. 座標系を物体に結びつける

2.3.1.3. 外部からの感覚入力に反応する

2.3.1.3.1. 物体に触れている指の感覚

2.3.1.3.2. 五感など複数の感覚入力を単一の知覚に結びつけるためには?

2.3.2. どこ経路

2.3.2.1. 物体の位置を特定できる

2.3.2.2. 座標系を体に結びつける

2.3.2.3. 体からの感覚入力に反応する

2.3.2.3.1. 手足の関節角度

2.3.3. 非感覚経路

2.3.3.1. 概念を理解できる

2.3.3.1.1. 数学

2.3.3.1.2. 音楽

2.3.3.1.3. 言語

2.3.3.2. 4次元の座標系

2.3.3.2.1. 3次元の座標系(x,y,z)に1次元の空間(時間)を加える