インスタ運用法手順

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
インスタ運用法手順 により Mind Map: インスタ運用法手順

1. 0

1.1. 運用を始める前の準備

1.1.1. ①プロアカウントに切り替える

1.1.1.1. プロアカウントにすると できるようになること

1.1.1.1.1. ①インサイトの確認

1.1.1.1.2. ②プロフィール表示項目の追加

1.1.1.1.3. ③Instagramショッピング機能の使用

1.1.1.1.4. ④DMフォルダの分類

1.1.1.1.5. ⑤DM返信プレートの作成

1.1.1.1.6. ⑥自分の投稿を広告として出稿

1.1.2. ②インサイトの見方を知る。

1.1.2.1. 毎日確認しないとダメ。

1.1.2.1.1. 日常的に振り返ることで感覚的にわかるようになる。

1.1.2.1.2. 確認項目

2. 1

2.1. 【P】3秒でフォローされるプロフィールを作る

2.1.1. 目的

2.1.1.1. プロフィールをみたユーザーにフォローしてもらう。

2.1.1.1.1. ユーザーの行動

2.1.2. 確認すべき指標

2.1.2.1. フォロワー転換率

2.1.2.1.1. プロフィールを訪れたユーザーがどれだけフォローしたかの割合。

2.1.3. 指標を高める条件

2.1.3.1. 誰にたいしてなのか、 どんなコンテンツを提供するのか が一目でわかるプロフィール

2.1.3.1.1. プロフィールの要素

2.1.4. すること

2.1.4.1. ①コンセプト設計

2.1.4.1.1. なぜ必要なのか

2.1.4.1.2. 決めること

2.1.4.1.3. コンセプト設計手順

2.1.4.2. ②プロフィールの作成

2.1.4.2.1. プロフィールを見たユーザーがフォローするまで

2.1.4.3. フォロワーが伸びない原因

2.1.4.3.1. 1プロフィールが良くない

2.1.4.3.2. 2投稿内容とプロフィールに一貫性がない

3. 2

3.1. 【E】フォロわーをファンにするアカウントを作る

3.1.1. この施策の目的

3.1.1.1. 投稿がフォロワーのタイムラインに表示されるようにする

3.1.1.1.1. フォロワーを増やすためにはフォロワーでない人に自分たちの投稿をみてもらわなえればならない

3.1.2. この施策の指標

3.1.2.1. ホーム率

3.1.2.1.1. どれだけのふぉらわーのタイムラインに投稿が表示されているか

3.1.2.1.2. ホーム率=ホーム数÷フォロワー数

3.1.3. 指標を高める条件

3.1.3.1. 親密度が高まる

3.1.3.1.1. 親密度はシグナルの蓄積

3.1.3.2. エンゲージメント

3.1.3.2.1. フォロワーとアカウントの関係性

3.1.4. この施策でやること

3.1.4.1. ストーリーズ

3.1.4.1.1. 常に最低1つは後悔されている状態

3.1.4.2. インスタライブp130

3.1.4.2.1. 週に1回

3.1.4.2.2. 最大4時間配信でs着る

3.1.4.2.3. メリット

3.1.4.2.4. 有名人じゃなくとも、”共感できる人”に人は集まる

3.1.4.2.5. 最初は自己紹介で十分

3.1.4.2.6. コツ

3.1.4.2.7. 無料で多くに人にプレゼンできる

3.1.4.2.8. 失敗することが正解。最初は何を話しても大丈夫。見てくれる人も少なくていい。

4. 3

4.1. 【C】思わず保存してしまう投稿をする

4.1.1. この施策の目的

4.1.1.1. フォロワー外の発見タブ、検索で表示されるようにする

4.1.2. この施策の指標

4.1.2.1. 保存率

4.1.2.1.1. 保存率 =保存数÷リーチ数

4.1.3. 指標を高める条件

4.1.3.1. お理事なるな情報

4.1.3.2. ユーザーが見返したくなる情報

4.1.4. この施策でやること

4.1.4.1. フィード投稿

4.1.4.1.1. 1日1回

4.1.4.2. リール投稿

4.1.4.2.1. 週に1回以上

4.1.5. 保存される投稿の2つの条件

4.1.5.1. お理事なる

4.1.5.1.1. あカウントの主観が入っている

4.1.5.2. インスタ映えはいらない

4.1.5.2.1. 上手でなくてもいいから自然な姿をとる

4.1.5.3. 画像を借りるという方法もある

4.1.6. 見返したくなる情報で保存率を高める

4.1.6.1. ペルソナに合わせた投稿

4.1.6.1.1. 1自分の興味のある専門的な情報(知識系)

4.1.6.1.2. 2何かをやる時に参考になる情報(ノウハウ系)

4.1.6.1.3. 3いずれやってみたいこと(体験系)

4.1.7. 困ったらモデルを参考にp145

4.1.8. 自分が一番のユーザーに。自分だったらどんな投稿をほぞんするのか  

4.1.9. ビジネスをする上でのこだわり

4.1.9.1. 共感を呼ぶp147

4.1.10. キャプションは1行目を意識する

4.1.10.1. 1行目でユーザーの興味を引く

4.1.11. 位置情報は必ず入れる

4.1.12. ハッシュタグはあまり重要視していない

4.1.12.1. 1投稿当たりのリーチ数が100マンを超えるような投稿の流入元の比率は90%が発見タブから。

4.1.12.1.1. ハッシュタグの分析より発見タブへの掲載をめざしてユーザーが求めている投稿を考えることが大事。

4.1.13. カルーセル投稿でユーザーの興味を引く

4.1.13.1. 枚数や形式を気にするのではなく、何を伝える投稿なのか、から考える。p153

4.1.13.2. 1枚で伝わるものは1枚で。

4.1.13.3. ユーザーの興味を惹きつける表紙のコツ

4.1.13.3.1. p156

4.1.14. 最も大事な検証と改善

4.1.14.1. 指標の達成具合に関わらず検証は必須

4.1.14.2. 自分たちだけの採点表を作る

4.1.14.2.1. 各陶工のベスト5、ワースト5を比べるp158

4.1.14.3. 検証、改善はスピーディーに、数多く行うことで確度が高まる。

4.1.14.4. 仮説を立てて価値パターンを知る

4.1.14.4.1. 大切なのは細かく原因を探ることではなく次の仮説を立てること

4.1.14.5. 他アカウントの分析もする

4.1.14.5.1. 目的

4.1.15. リールが外せない理由

4.1.15.1. メリット

4.1.15.1.1. いンスタからのインセンティブ

4.1.15.1.2. フィード投稿に比べて露出量が多い

4.1.15.1.3. 直接的な収益が狙える

4.1.15.2. 伸びるリールの3つのコツ

4.1.15.2.1. 最初の1秒で惹きつける子ピー

4.1.15.2.2. 予測不可能性

4.1.15.2.3. 情報量を多くする

4.1.15.2.4. 内容を考えるよりも数多く投稿することが大事

5. 4

5.1. ユーザーを自然にプロフィールへ誘導するp169

5.1.1. この施策の目的

5.1.1.1. 投稿を見た人にプロフィールを訪問してもらう

5.1.2. この施策の指標

5.1.2.1. プロフィールアクセス率

5.1.2.1.1. プロフィールアクセス率÷リーチ数

5.1.3. 指標を高める条件

5.1.3.1. 投稿を見た人が自然とプロフィールへ移動する導線が必要

5.1.4. この施策でやること

5.1.4.1. 各種投稿からの誘導

5.1.4.2. ユーザーがつい動いてしまう誘導方法

5.1.4.2.1. 投稿に自分のアカウントをたぐつけ

5.1.4.2.2. 心理学を利用したビジュアルでの誘導