登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
スマホ脳 により Mind Map: スマホ脳

1. 本の内容

1.1. 「脳は世界をどう見ているのか」

1.1.1. 新しい脳(新皮質)の仕組みについて

1.2. 「スマホ脳」

1.2.1. 古い脳の性質と現代社会への影響について

2. 古い脳の性質

2.1. 最優先事項は生き残ること

2.1.1. 脅威や不安の存在

2.1.1.1. 強いストレスが発生

2.1.1.1.1. 新しい脳ではなく、古い脳で処理する

2.1.1.2. 人前で喋る恐怖

2.1.1.2.1. 狩猟採集の時代では、「共同体から追い出されないこと」が何よりも重要だった

2.1.1.2.2. 集団から追放されることは死を意味した

2.1.2. ドーパミン

2.1.2.1. 新しい情報・新しい環境を欲する

2.1.2.1.1. 知識が増えれば生存確率が高まるから

2.1.2.2. 人間に行動する動機を与える

2.1.2.2.1. 「もしかしたら、、」という考え

2.1.2.2.2. 試行回数を増やせば生存確率は高まるから

3. 現代社会への影響

3.1. Google効果

3.1.1. 別の場所に保存されているからと、脳が自分では覚えようとしない現象

3.1.2. 脳は情報そのものよりも、その情報がどこにあるのかを優先して記憶する

3.2. 睡眠

3.2.1. 頭を枕にのせた瞬間に眠りに落ちないのはなぜ?

3.2.1.1. 眠るときに知覚情報を完全オフにするのが危険だったから

3.2.1.2. ベッドに入る前にストレスを受けると寝付きが悪くなる

3.2.1.2.1. ブルーライト

3.3. SNS

3.3.1. 良い影響を受ける人

3.3.1.1. 現実の社交生活を更に引き立てる手段

3.3.1.2. 友人や知人と連絡を保つための手段

3.3.2. 悪い影響を受ける人

3.3.2.1. 現実の社交生活の代わりにSNSを利用する

3.4. 運動

3.4.1. ストレスを軽減する

3.4.1.1. 身体を鍛えていれば、闘争や逃走に余裕が持てる