登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
自動化 により Mind Map: 自動化

1. なぜ「自動化」?

1.1. 1.忙しすぎる

1.1.1. なんでオンラインビジネスを始めたか?

1.1.2. 時間と比例しない収入

1.1.3. 時間貧乏

1.2. 2.難しすぎる

1.2.1. コンテンツビジネスで稼ぐための条件

1.2.1.1. 時間がある

1.2.1.2. 自分がバリバリ動ける

1.2.1.3. 知名度・認知のための発信

1.2.1.4. 高額でサービス提供

2. 収益拡大を妨げている原因

2.1. 「あなた」が仕組みの一部

2.1.1. マーケティングの仕組みの中で「自分が稼働」 しないと成り立たないパーツが多すぎる

2.1.1.1. 1.集客

2.1.1.1.1. 毎日のインスタ更新

2.1.1.1.2. 広告の運用改善

2.1.1.2. 2.販売

2.1.1.2.1. 対面クロージング

2.1.1.2.2. 見込み客とのやり取り

2.1.1.3. 3.商品

2.1.1.3.1. コンサルティング

2.1.1.3.2. セミナー開催

2.2. 単一商品しかない

2.2.1. 高額商品

2.2.1.1. 成約すれば大きい

2.2.1.2. 見込み客とのコミュニケーションコスト

2.2.1.3. サービス提供で疲弊

2.2.1.4. 抜け出せないループ

2.2.2. 低額商品

2.2.2.1. 高額商品とCVは大して変わらない

2.2.2.2. 収益性の低さ

2.2.2.3. 利益<広告費

2.2.2.4. 売れても儲からない

2.3. 1回のみのオファー

2.3.1. 買うか買わないか

2.3.2. 購入後のフォローなし

2.3.2.1. 1つの商品を1回提案して終わり

2.3.2.2. アップセル・クロスセルなし

2.3.3. 離脱後のフォローなし

2.3.3.1. 興味は持ったけれど購入まで至らかなかった見込み客

2.3.3.2. 一度の提案で買わなかった=リストの肥やし

2.3.3.3. 他の商品、他の切り口、価格帯でのオファーなし

3. それを解決するのが自動化

3.1. 1.集客の自動化

3.1.1. 広告運用

3.1.2. リスト獲得

3.2. 2.販売の自動化

3.2.1. 見込み客を購入者へ

3.2.2. 購入者を継続購入者へ

3.3. 3.商品の自動化

3.3.1. オンラインコンテンツ

4. 自動化で実現できること

4.1. ビジネス実践者

4.1.1. 「稼ぐ=忙しい」からの脱却

4.1.2. 「訪問者→見込み客→購入者→RC」の仕組みづくり

4.2. ビジネス初心者

4.2.1. 「発信者モデル」に依らないビジネス構築