リニューアルで順位とアクセスが大暴落したWebサイトを たった3ヶ月で復活させた事例

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
リニューアルで順位とアクセスが大暴落したWebサイトを たった3ヶ月で復活させた事例 により Mind Map: リニューアルで順位とアクセスが大暴落したWebサイトを たった3ヶ月で復活させた事例

1. このコンテンツを読むだけでリニューアル時に下落してしまったWebサイトの復活施策の概要が分かる

1.1. こんな人が作っています

1.1.1. 法人としてのドメイン通算保有数が2,000以上

1.1.2. 教育業界/人材業界を中心に、30社以上のSEO支援実績があります

1.1.3. 月間PV数500,000越えの自社メディアを運用しています

1.1.4. リニューアル/ペナルティで大幅にアクセスや順位が落ちてしまったWebサイトの立て直し経験も多数あります

1.2. これを読むと下落してしまったWebサイトがここまで戻ります

1.2.1. リニューアルで大幅に下落したメインKWの順位を4位まで戻すことができます

1.2.2. Googleによるペナルティを食らったサイトのアクセス数をペナルティ前の5倍まで躍進させることができます

1.3. こんな状況で困っている人が読むべき

1.3.1. Webサイトをリニューアルしたことで、メインKWの検索順位が下落してしまった

1.3.2. Googleによるペナルティで大きくアクセスや順位が大きく悪化してしまった

1.4. こんな施策で進めるべき

1.4.1. アクセスを集めていた/検索順位が高かったページが失効していないか確認する

1.4.2. 消失してしまった外部リンクを確認し、再設定を行う

1.4.3. 検索意図が重複しているコンテンツの統合・削除を行う

1.4.4. 低品質コンテンツのリライトを行う

1.4.5. コンテンツ制作者の教育を行い、コンテンツの水準を高める

1.5. 進めるべき施策の根拠はこれ

1.5.1. リニューアルの際にディレクトリやページを消してしまっていることがあるため

1.5.1.1. アクセス数の低下を引き起こす

1.5.1.2. 検索順位の下落を引き起こす

1.5.2. ドメインやページURLの変更により、外部のWebサイトからの遷移が機能しなくなっている可能性があるため

1.5.2.1. リンクパワーの受け取りに失敗した状態になる

1.5.3. 一つの検索意図に複数のページでGoogleが評価することになり、ページ単位での評価が分散してしまう

1.5.3.1. 検索順位の下落を引き起こす

1.5.4. 低品質のコンテンツをサイト内に抱えることで、Webサイト全体でGoogleからの評価を落としてしまう

1.5.4.1. アクセス数の低下を引き起こす

1.5.4.2. 検索順位の下落を引き起こす

1.5.5. 継続的に低品質のコンテンツが投稿され続けることで、Webサイト全体でのGoogleからの評価を落としてしまう

1.5.5.1. 検索順位の下落を引き起こす