プロダクトマネジメント product manegement

マーケティング手法の一覧をwikipediaの情報を元に作成してますが、一部日本企業のWEBページを参照しています。

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
プロダクトマネジメント product manegement により Mind Map: プロダクトマネジメント  product manegement

1. プロダクトポートフォリオ

1.1. BCG分析

1.1.1. 経営資源を最適に配分を目的とするマネジメント

1.2. 貢献利益分析

1.2.1. 商品一つ販売した時の利益に基づき営業レバレッジの尺度

1.3. カニバリゼーション

1.3.1. 新製品を導入した事で、既存商品の売上低下減少すること。

1.4. 製品バンドル

1.4.1. 製品の組み合わせ価格

1.5. ミイールディール

1.5.1. 別々の食品を組み合わせ

2. ポジショニング

2.1. 知覚マッピング

2.1.1. 顧客が認識するイメージを2軸にまとめたフレームワーク及び図式的手法

2.2. 因子分析

2.2.1. アンケート調査の結果を分析し、回答者の潜在意識や隠れた想いのようなものを見いだす目的手法

2.3. 多次元尺度構成法

2.3.1. 多変量解析の一手法であり、人口率、殺人、暴行などの犯罪統計順位などに用いられる

2.4. 判別の分析

2.4.1. 未知の判別分別を行う手法、分析から顧客の行動の予測をすることも。

2.5. 嗜好の回帰

3. ブランドマネージメント

3.1. ブランド

3.2. ブランディング

3.2.1. ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客に対しての価値を高めていく

3.3. ブランンドエクイティ

3.3.1. 有名なブランド名の社会的価値

3.4. プライベートブランド

3.4.1. 独自のブランド商標で販売する商品

3.5. 個別ブランド

3.6. コーポレートアイディンティティ

3.6.1. マインド、ビヘイビア、ビジュアル  3要素構成 企業のロゴなど

3.7. 商標

3.7.1. 商標の普通名称化

3.7.1.1. 商品の一般名称

3.7.2. 商標マーク、登録商標マークetc

3.8. パーソナルブランド

3.8.1. 自分ブランド

4. 商品 製品

5. 商品の差別化

6. 商品のライフサイクルメネジメント

6.1. 普及

6.1.1. 新しいアイディアや新製品が市場に受け入れられるプロセス

6.2. 商品開発

6.2.1. コンジョイント分析

6.2.1.1. 実験計画法複数の質問と上記に当てはまらないの4択質問など

6.2.2. 品質機能展開

6.2.2.1. 顧客のニーズをものづくりに正しく反映させる為の設計アプローチ

6.2.3. 欠陥商品の一覧

6.3. 計画的腐敗化

6.3.1. 製品の寿命を人為的に短縮し新製品を短期サイクルで導入

6.4. キャズム

6.4.1. 新製品が出た際に、市場に普及するために超える必要のある溝

6.5. テクノロジーのライフサイクルTLC

6.5.1. 製品の導入期、成熟期、衰退期のどの時期に購入するのかそれをモデル化

6.5.1.1. イノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、  ラガード(買わない人)

7. 商品ライン

7.1. 同じ製品区分の中に一連の商品群が用意されているまとまり。

8. ホールプロダクト

8.1. トータルプロダクトの概念を応用

8.1.1. 中核製品自体よりも、無形の付随機能と組み合わせた中核製品を購入