脳が認める勉強法

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
脳が認める勉強法 により Mind Map: 脳が認める勉強法

1. 記憶力

1.1. 人間の記憶スペースはTV番組の300万番組分ある

1.1.1. ゆりかごから墓場までの一瞬すべて保存しても余る

1.2. 記憶は信号によって取り出しが行われる

1.3. 必要な情報でないと認識しているものはフィルターでふるい落とされている(遮断)

1.3.1. 関係,役に立つこと,関心のある事は覚える

1.4. ど忘れの時は別の情報を取り出している

1.4.1. 保存と検索の機能

1.5. 記憶が変わるのは思い出すたびに関係する情報を遮断しているため(アクセス方法が毎回違い)

1.6. 不使用の新理論

1.6.1. 覚えるために忘れる理論

1.6.2. レミニセンス

1.6.2.1. 覚える内容に依存

1.6.2.2. 映像,写真,スケッチ,詩などの描写に高い効果

1.6.2.3. 1度勉強してできた記憶は3日までは改善され 4日以降は損なわれる

1.7. 検索

1.7.1. 一度保存された情報は永遠にある

1.7.2. 記憶は失われることはない

1.7.2.1. 一時的に引き出すことができない

1.7.2.2. 検索力が低くなっている

1.7.3. 検索力は保存力に比べ容量は少なく すぐに衰える

1.7.3.1. 強化はヒントや思い出すきっかけを定義

1.7.4. 検索力低下後に忘れていた事実や記憶を再び 見つけると深い学習促進になる

1.7.5. 記憶時のフック

1.7.5.1. 情景

1.7.5.2. 音

1.7.5.3. 色

1.7.5.4. 精神状態

1.7.5.5. フックは同じような環境では記憶を呼び出しやすい

1.7.5.6. ものを覚えるときは環境を変えると40%上がる

1.8. 分散学習

1.8.1. 勉強時間を単純に分散する。総時間は変わらない

1.8.2. 英語は5年間1日2時間の勉強を続けてやっと保存される。検索はさらに時間が必要になる。

1.8.3. スーパーノート

1.8.3.1. 1回勉強 -> 2,3日思い出せる

1.8.3.2. 1回勉強->翌日復習 1週間思い出せる

1.8.3.3. 1回勉強->翌日復習 -> 1週間後復習 1か月思い出せる

1.8.3.3.1. 以降の復習は1か月毎

1.8.4. 総時間9時間の場合

1.8.4.1. 1回で9時間すべて使う

1.8.4.2. 1日目3時間,8日目3時間,14日目3時間

1.8.4.2.1. 事前の分散学習計画は必須

1.8.4.3. 2週間後のテストでは20-40%の記憶の違いが出る

1.8.5. 適している学習題材

1.8.5.1. 外国語

1.8.5.2. 科学の用語

1.8.5.3. 名称

1.8.5.4. 場所

1.8.5.5. 年号

1.8.5.6. 地理

1.8.5.7. スピーチ内容の暗記

2. テスト

2.1. 覚えているかどうかを自己テストする

2.2. 暗記で20回復唱するよりも、暗唱しながら思い出せない内容を見て10回復唱するほうがよい

2.3. 自分を試すことは自分で思う以上の価値がある

2.4. 思い出す内容を修正し、知識の整理の仕方を変える役割も果たし思い出す力が格段に向上する

2.5. 覚える時間と練習する時間の比率

2.5.1. 覚えるのに全体の1/3の時間を使う

2.5.2. すぐに暗唱を始める(早すぎても遅すぎても精度は低くなる)

2.5.3. 暗唱は2/3の時間を使う

2.6. 最高のテストタイミング

2.6.1. 学習直後

2.6.2. 知識を確認するテスト,正式なテストは学びを高める

2.6.3. テストは学力を図る手段だけではない。学びを助ける

2.7. 事前テスト

2.7.1. まったく知らない内容のテスト

2.7.1.1. 間違えることで直後の学習効果が飛躍的に向上する

2.7.2. 2回目のテストで1回目に教えてもらわない内容を織り交ぜる

2.7.2.1. 1回目の答えも検索が強化される

2.7.3. 理解する必要のあることに意識が向く

2.7.4. 本質は自分は理解しているというふりをして実際にやる (20-30%効率が違う)

2.7.4.1. 自分/他人に説明をする

2.7.4.2. 自分/他人に教える

2.7.5. ×章末のまとめ問題に目を通すだけでは自分をテストする効果にはならない

3. ひらめき

3.1. 洞察力

3.1.1. 一定の仕事をしたあとぼんやりすると生まれる

3.1.2. 阻害要因

3.1.2.1. 固定観念

3.1.2.2. 思い込み

3.1.2.3. 題材の状態

3.1.2.4. 脳内イメージのバイアス

3.2. 1.準備

3.2.1. 論理的思考,創造性を要する問題に奮闘する

3.2.2. アイディアをすべて出し切る

3.2.3. 完全に息詰まるまでやる

3.3. 2.孵化

3.3.1. 無意識化で行われる

3.3.2. 作業を放棄する

3.3.3. 考えないようにする

3.3.4. 散歩する音楽を聴く->ほかのことをするチープなほうが良い

3.3.4.1. 中断時間は5-20分程度

3.3.5. 準備では関連付けれなかった既存の情報が組み込まれる

3.4. 3.ひらめき

3.4.1. 突然問題の解決が目の前に現れる

3.5. 4.検証

3.5.1. ひらめいた考えが問題を解決するかどうか

4. 抽出

4.1. 邪魔

4.1.1. 邪魔をされると邪魔をされない人に比べ90%覚えている

4.1.1.1. 刺激により脳に残りやすくなる

4.1.2. 作業に没頭してるときに邪魔をする

4.1.3. 割り当て作業に対する完了欲求を刺激する

4.2. 脳内目標

4.2.1. 問題提起をし、意識内の問題解決目標Levelを上げる

4.2.2. 遮断とは逆に普段意識しないものも意識するようになり覚えている

4.2.3. 脳内ネットワークが活性化される

4.3. 所見を持つ

4.3.1. 目標を立てるが安易な回答を求めない

4.3.2. 文献を漁り、自分の感想を述べる

4.3.3. 繰り返すことで、目標が常に脳内優先度が高く保たれ、深い理解が促進される

4.3.4. 創造性につながる

5. 反復

5.1. 柔軟性は反復練習では培われない

5.1.1. 練習で100点でも本番では100点にはならない

5.1.2. 反復でも変化を取り入れる必要がある

5.2. 反復はすぐに向上するがしばらくはその状態が続く

5.2.1. 短期

5.3. 変化(割り込みや別のことや違う練習)を取り入れることで重ねて得られる技術や知識は上になる

5.3.1. 長期

5.4. 体系的に変化を取り入れた練習とは?

5.4.1. 分散効果

5.4.2. 背景事情を変える

5.4.3. 覚えるために忘れる

5.4.4. 望ましい困難

5.4.4.1. 邪魔で現在の状態が置き換わる毎に記憶や技術を掘り起こす 難易度が高くなるため検索と保存の力が高くなる

5.5. インターリーブ 絵画12人の作品

5.5.1. 同作者の見たことのない絵画でテスト

5.5.1.1. ブロック学習

5.5.1.1.1. 3秒ごとに同作者の6作品を見せる

5.5.1.2. ランダム学習

5.5.1.2.1. 作者毎ではなくランダムに3秒ごとに作品を見せる

5.5.1.3. ランダム学習(正答65%)のほうが ブロック学習(正答:50%)よりも スコアが高かった

5.5.1.4. 変化に強くなる

5.5.2. インターリーブ実施概要

5.5.2.1. 複数の項目(教科でもよい)、スキル、理念を織り交ぜる

5.5.2.1.1. 運動で言うとサーキット

5.5.2.2. 2回目以降は過去の復習も織り交ぜる

5.5.2.3. ある程度の期間練習ないしは勉強を行う

5.5.2.4. 何か悪いことが起きない限り冒険(学習)ではない

6. 無意識

6.1. 知覚学習-訓練プログラムPLM

6.1.1. 暗記スライドづくり

6.1.1.1. 画家のスタイル学習

6.1.1.2. 12人の画家運動 x 10枚の絵 = 120枚を集める

6.1.1.3. 1枚の絵がランダムに表示される

6.1.1.4. 12の選択肢を絵と一緒に表示する

6.1.1.5. 正解は鐘がなり、間違いは正解の選択肢が光る

7. 眠りながら学ぶ

7.1. 前日に勉強したことをより深く記憶にとどめる

7.2. 理解も深める

7.3. 夜間シフト理論

7.3.1. 段階1

7.3.1.1. 浅い眠り:レム睡眠と重複する役割が多い

7.3.1.2. レム睡眠

7.3.1.2.1. パターン認識を強化する。創造性に関する問題に気づくことがある

7.3.1.2.2. 抽出の促進に貢献する

7.3.1.2.3. 感情とともに生まれた記憶の解釈

7.3.2. 段階2

7.3.2.1. 運動に関する記憶

7.3.3. 段階3,4

7.3.3.1. 記憶が脳にもっとも定着する

7.3.3.2. 深い眠りを奪われると事実、単語、名称、公式などの定着が阻害される

7.3.4. 昼寝も1時間ほどで前の学習のパフォーマンスが30%upする

7.3.4.1. 1-1.5時間の昼寝は8時間睡眠の学習強化に近い

8. 脳

8.1. 学習の中心

8.1.1. 嗅内皮質

8.1.1.1. 脳に入る情報のふるい

8.1.2. 海馬

8.1.2.1. 記憶形成の開始

8.1.3. インタープリター(左脳)

8.1.3.1. 記憶形成の出来事の解析

8.1.3.2. 知覚,事実,思考で保存

8.1.4. 新皮質

8.1.4.1. 記憶を健在意識に保存

8.2. 記憶形成

8.2.1. ニューロンネットワークが結合

8.2.2. 繰り返すことでシナプス(接合部)が強化される