Presentation

マインドマッププレゼンテーション

すばらしいスライドショーであなたのオーディエンスを魅了しましょう
マインドマップのプレゼンテーションはとても魅力的で作成するのが信じられないほど簡単です。 MindMeisterには、マップ内のプレゼンテーションのトピックを出し合うこと、構造の概説、ビジュアルの追加、ダイナミックなスライドショーに変換することすべてをWebブラウザ上で出来ます。
Speaking

ビジュアルストーリーテリング

アイデアを視覚化することは他の人にそのアイディアを伝える最も強力な方法です。マインドマップのプレゼンテーションはとても簡単、魅力的、かつ記憶に残るツールです。

Collaborate

リアルタイムコラボレーション

MindMeisterは、チームと共にブレーンストーミングをすることを可能にします。統合されたチャットでチームメンバー全員が同時にアイディアを出し合い、変化について話し合うことができます。

Mobile

簡単にアクセス

ウェブブラウザ上でプレゼンテーションを作成しましょうーダウンロードやプラグインは必要ありません。オンライン、Chromebook、iPhone、iPad、またはAndroidデバイスでスライドショーを表示することができます。

毎日時間を節約

PreziやPowerPointなどでプレゼンテーションを作成するのは面倒で時間がかかることがあります。MindMeisterを使用すると、素敵なプレゼンテーションを数分で作成することができます。一番良いのは、仕事のように感じないことです!

マインドマップのプレゼンテーションのメリット

マインドマップを作成するとき、様々な角度からの他の関連したトピックと共に主題はいつも中央に位置しています。こうすることで、一つ一つのトピックがどのようにつながっているのか、2Dストラクチャで目でみることができます。トピックがどのようにつながっているか見ることで人々の思考や情報を把握が用意になります。

Macbook presentation

誰がマインドマップのプレゼンテーションのメリットを受けているのでしょう?

講堂、会議室、または大きなステージになど場所に関係なくマインドマッププレゼンテーションは人々を魅了します。こちらが人々がどのようにこのすばらしいフォーマットからメリットを受けているのかの例です:

Communication

教師

複雑なトピックや新しいコンセプトを学生にとって分かりやすくまた覚えやすくプレゼンしましょう。マップを共有することにより、説明している間にリアルタイムで学生たちがそこにノートをとることができます。

Education

学生

マインドマップを使用してクラスのためのプレゼンテーションを準備しましょう:ノートとマップのトピックをすべて集め、画像や色を追加しして、数分でマップをすばらしいダイナミックなスライドショーに変換しましょう。

Advisor

アドバイザー

プレゼンテーションを忙しいエグゼティブに配信しましょう:すべての関連した情報がすべて1ページ上で視覚化され、他の情報もノート、リンク、添付フォーマットで保管されます。

Brainstorming

クリエイティブ

あなたのビジョンを他の人に明確に伝えるため、アイディアをマインドマップで視覚化しましょう。コネクション、色、アイコン、画像、埋め込みビデオなどをしようしてさらに効率的なプレゼンテーションを使用しましょう。

People

従業員

現在のレポート、プロジェクトのアイデア、ビジネス戦略や提案書をマネージャーや同僚へプレゼンしましょう。あなたのサジェスチョンが承認された後、アイディアが実行可能なタスク を直接エクスポートできます。

Press

公共スピーカー

魅力的で記憶に残るプレゼンテーションを作成します。マインドマップは、視聴者が「全体像」を見ることができ、 思考パターンに従うことが容易にします。

マインドマッププレゼンテーションソフトウェア

MindMeisterには、マインドマッピングとプレゼンテーションソフトウェアを組み合わせたツールです。1つのマップで、トピックをブレーンストーム、フォーマッティングとメディアの追加、スライドの作成、またコラボレーターにリアルタイムでプレゼンをすることができます。

特長

プレゼンテーションオプション

オプションをエクスポート

  • 無限のキャンバス

    制限なく様々な方向にあなたのマインドマップを拡大しましょう

  • リアルタイムコラボレーション

    MindMeisterは、チームと共にブレーンストーミングをすることを可能にします。統合されたチャットでチームメンバー全員が同時にアイディアを出し合い、変化について話し合うことができます。

  • メディアを追加

    マップ内のトピックへアイコンや画像や矢印を追加

  • ビデオを再生

    トピックに動画を埋め込み、プレゼンテーション中にそれを再生

  • 情報を隠す

    キャンバスが散らからないようノートの追加情報を隠す

  • スライドトランジションの設定

    ブラー、パン、高速ズームと低速ズームの内から選択

ベストプラクティス

Best practice 1

ビジュアルは、精神的なトリガーとして機能するので、記憶に残るマップになるように、プレゼンテーションを作る際にはアイコン、画像や色をたくさん追加してください。

Best practice 2

マップ内でトピックのキーワードや短いフレーズを使用してください。追加情報をノートやリンクやコメントや添付ファイルとしてマップをぐちゃぐちゃにすることなく追加することができます。

Best practice 3

マインドマップ全体を見せるところからプレゼンテーションを始めましょう。それによりオーディエンスが「大きな絵」を見て、すべてがつながっているということを感じられるでしょう。

Best practice 4

MindMeisterのプレゼンテーションモードを使用してマップの個々の部分を拡大表示します。マップのどこにいるかオーディエンスが常に理解し確認するためにズームアウトし、全体を表示しましょう。

始める. それは無料です! Google g 接続  ととも​​に Google あるいは 登録