Lock

セキュリティアイデアを胸に秘めて

ブレインストーミングと計画は、よく目覚ましい成果を導き出すことがあります。しかしその計画を世界中の人々と共有したいと誰が言いますか?当社はあなたのプライバシーとオンライン上のセキュリティをとても真剣に考えています。したがって、MindMeisterを使う際、データを確実に保護できるようセキュリティを何重にも講じています。
Server

ホスティング

MindMeisterは、自社サーバーをドイツ(フランクフルト市内のTenovis Databurg)にあるTier III (TIA-942: データー・センターの標準概観)認定データセンターに移管します。当社の有料アカウントには99.9%のサービス稼働率を提供いたします。

  • 256ビット暗号化 すべてのデータ送信にSSL
  • 24時間365日モニタリング (サーバーファーム全体から)
  • 安全装置付電源 別々の場所に2個のフィードがあるのが原因
  • 冗長接続(2Gb) (Telefonica、KPN、LambdaNet)
Eye

データセキュリティ

当社はデータを毎日、毎週バックアップしており、予測不能な大参事に対して保護できるよう、二週間置きに複数のオフサイトでローテーションしています。 当社のビジネスユーザーは、企業のSSH FTPサーバーにすべてのマインドマップを定期的にバックアップしています。あなたが所有する安全性の高いサーバーへアップロードされたデータを総合制御できます。 マインドマップ上のすべての行動はマップ履歴に記憶され、履歴表示でリプレーできます。この機能のおかげで、指定されたマインドマップ上で誰が何を何時行ったか正確に示せる完全監査証跡を作成します。 さらに詳しい情報は、プライバシーポリシーを参照してください

People

ユーザセキュリティ

MindMeisterにプロジェクトを作成する場合、デフォルト設定では非公開になっています。選択に応じて、公開または共有を選択することができます。MindMeisterのマインドマップは、データベースに割り当てられたパーミッションを受信します。同じく、マップに貼られるあらゆるファイルも、対応するマップと見なし同じ権利を受け継ぎます。プロジェクトを他の人と共有したり、すべて受け継いだりできます。いつでも、パーミッションを無効にしたり、またはプロジェクトを非公開に戻したりできます。 招待が制限されている可能性があります。あなたのライセンス・チームのメンバー、または指定されたEメールドメインからのユーザーのみあなたのプロジェクトへアクセスができます。

Apps

アプリの安全性

MindMeisterは当サービスへのアクセスを認証するために、幅広く使用される安全性の高いパスワードやログイン技術を実装しています。MindMeisterは広範囲に渡ってパーミッションを用意してあります。アプリがアクセス権限を決めて、パーミッションを持っているユーザーのみにマップが表示されます。さらに安全面では、あるユーザーが特定のマップを見られるけれども編集はできないようにパーミッションを設定できます。公開マップは、インターネット上にいる誰でも見ることができ、さらにパスワードで保護することもできます。マインドマップへのアクセスは、常にアクセスを保護し、アクセス権は使用できるユーザーにのみ付与されるようにするセキュリティ対策によりコードレベルで制限されています。

Privacy

ネットワークセキュリティ

すべてのMindMeister有料アカウントは、エンドユーザーとMindMeisterの間を256-bit Secured Socket Layer (SSL)で暗号化された転送データを受信します。非公開マインドマップは、アカウントレベルに関わらず、他の方にアクセスされることはありませんし、検索エンジンやロボットからインデックスされることもありません。 当社のすべてのシステムは、ネットワーク・レベルで何重ものファイヤーウォールと特別なアクセス・コントロールで保護されています。

Handshake

2要素認証

2ファクター認証は、アカウントへさらなる予防策を講じます。ウェブサイトへログインする度、パスワードとお使いの携帯電話にインストールされているアプリからセキュリティ・コードを入力する必要があります。 2階層式セキュリティは、ユーザーのパスワードが悪人の手に渡っても、確実に安全を保つことができます。


Speaking

連絡をとる

当社のセキュリティやホスティング機能に関する具体的な質問をお持ちですか?

お問い合せ
始める. それは無料です! 登録 あるいは Google g 登録 ととも​​に Google