さあ、5年先の「未来図」を描こう。

オンラインマインドマップ作成ツール「MindMeister(マインドマイスター)」の活用例

頭の中にあるアイデアやモヤモヤをそのまま可視化したのがマインドマップ。単に思考の整理ツールとして使うだけではなく、キャリアパスや将来のビジョンなど未来の自分をつくる設計図としても活かすことができます。そこで今回は、世界で1400万人ユーザーが使うMindMeisterによる活用例をご紹介します。

  • 思考を整理して脳内のモヤモヤをすっきり解消
  • 人生のコンパスとなる「価値観マップ」をつくる 
  • キャリア設計や将来やりたいことのロードマップを描く

インストール不要!サインインのみですぐに利用できます。

思考を整理して脳内のモヤモヤをすっきり解消

「先が見えない」「どうすればいいんだろう」と、つねにモヤモヤを脳内にしまった状態だと、なにも見えてきません。悶々とした状態がずっと続くだけです。本人にとっては「考えている」つもりでも、実際は「悩んでいる」状態なのです。

そんなときはMindMeisterを使って、脳内にあるモヤモヤを吐き出しましょう。マインドマップ上に言葉にして書き出すことで、自分自身を客観視でき、脳内のモヤモヤをすっきりと解消することができます。

人生のコンパスとなる「価値観マップ」をつくる

モノであふれた社会、AIによって自動化された社会になるにつれ、「自分の人生の目的はなにか?」「自分にとっての幸せとはなにか?」がますます問われるようになります。

そんな時代だからこそ、「価値観マップ」を活用して軸がぶれないよう、自分の価値観をしっかり掘り下げましょう。言葉に落とし込むことで、人生に迷いが生じにくくなり、理想の人生を歩みやすくなります。

キャリア設計や将来やりたいことのロードマップを描く

働き方改革の流れもあり、転職はもちろん、会社につとめながらの複業や副業など働き方に多様性が求められるようになりました。

MindMeisterは、あなたのこれまでの経験や能力・スキルを整理し、これからのキャリアや将来の夢への道筋を立てる上でとても頼りになるツールです。中長期の目標に向けて、「いつまでに、なにをすればいいのか?」を具体的にすることで、意欲も継続し行動にもブレがなくなります。

インストール不要!サインインのみですぐに利用できます。

MindMeisterをより効果的に使いこなしたい人へ。