ARのユースケース

てすとなり

Começar. É Gratuito
ou inscrever-se com seu endereço de e-mail
ARのユースケース por Mind Map: ARのユースケース

1. 位置ゲームを出す!

1.1. ポケモンGo系

1.1.1. ポケモンGo-

1.1.2. ドラクエウォーク

1.1.2.1. 草ムラからスライム(理想)

1.1.3. Ingress

1.1.4. ハリポタGO

1.1.5. ゴーストバスターズのやつ

1.1.6. ジュラシックパークのやつ

1.2. 家の周辺でやれそう系

1.2.1. マイクラアース

1.2.2. ウォークラリー

1.2.3. スプラトゥーン(ぬりつぶす)

1.3. ある地域で遊べそうなやつ

1.3.1. スタンプラリー

1.3.1.1. ポケモン

1.3.1.2. ガンダム

1.3.2. テクテクテクテク

1.4. ARで味付け(゚д゚)ウマー

1.4.1. AR脱出ゲーム

1.4.2. ブラタモリ

1.4.3. 聖地巡礼

1.4.3.1. 舞台めぐり

1.4.4. 林間教室でやるオリエンテーリング的な

1.5. 日本で遊ぶ系

1.5.1. 妖怪ウォッチ

1.5.2. 信長の野望・・・は違うか(位置ゲーでやりたい)

1.5.3. 駅行くやつ

1.5.3.1. 駅メモ! - ステーションメモリーズ!- 公式サイト

1.5.4. 桃鉄

1.6. 世界が舞台!

1.6.1. フェリーで世界一周・・・

1.6.1.1. コロナ

2. ## [ARの本質的な優位性とは?]

2.1. 機能の優位性 :実空間に対する視覚的な瞬間理解が可能

2.1.1. メリット:現実と一緒に見れる&3次元で空間に表示できる

2.2. 環境的な優位性:5感と行動を阻害しない

2.2.1. メリット:別の行動と並列でできる&ハンズフリー

3. 深澤メモ(とりあえず無視してください)

3.1. IPを売りたい系

3.1.1. ポケモン

3.1.2. ドラクエ

3.1.3. 妖怪

3.1.4. シリーズものの販促のひとつ?

3.1.4.1. 間口を広げる

3.1.4.2. マルチプラットフォーム

3.1.4.3. タッチポイントを広げたい

3.2. 場所に来てほしい系

3.2.1. 駅

3.2.2. 名所・観光地

3.2.3. 建物・ビル

3.2.4. 場所の活性化、来場者の確保?

3.3. 店舗に来てほしい(他のものを売りたい)

3.3.1. コンビニ

3.3.2. マクドナルド

3.3.3. おもちゃ屋さん

3.3.4. 購買客を増やすための客寄せ?

4. ポケモンGo

4.1. 企業側

4.1.1. 店舗に人が来るのが望ましい

4.1.1.1. ソフトバンク

4.1.1.2. チャージスポット

4.1.1.2.1. バッテリー貸している場所に人を呼べる

4.1.1.3. セブンイレブン

4.1.1.3.1. 来店機会を増やす

4.1.1.4. マクドナルド

4.1.1.4.1. 空いている時間にレイドバトルで人が来る

4.1.1.5. イオン

4.1.1.5.1. 空いている時間に人に来てほしい

4.1.2. 近くの競合より自社の場所に来てほしい

4.1.2.1. 伊藤園

4.1.2.1.1. 自販機へ誘導

4.1.3. 店舗でものを買ってほしい

4.1.3.1. ポケモンセンター

4.2. プラットフォーマー Niantic(ポケモンGo)

4.2.1. 対企業に対して

4.2.1.1. 特定イベントの追加(マックでレイド)

4.2.1.1.1. 空いている時間に開催する

4.2.1.2. 特定スポットの追加(自販機/店舗)

4.2.1.2.1. バッジやアイテムを配る

4.2.1.3. 特定スポットへの人の誘導

4.2.1.3.1. Goフェスタ

4.2.2. 対ユーザーに対して

4.2.2.1. (達成感、自慢、人より上)ユーザーイベント

4.2.2.1.1. レイドアワー(水曜日:18:00~19:00)

4.2.2.1.2. コミュニティデイ(毎月1回日曜日)

4.2.2.1.3. Goフェスタ(年1回)

4.2.2.2. (コミュニケーション)スイッチ連携

4.2.2.2.1. メルタンゲットイベント

4.2.2.2.2. ポケモン交換

4.2.2.3. (コミュニケーション)ユーザーコミュニケーション

4.2.2.3.1. レイドバトル

4.2.2.3.2. ポケモン交換

4.2.2.3.3. オンライン対戦

4.2.2.4. (人より上)アイテム購入

4.3. 遊ぶ側

4.3.1. (達成感、自慢、人より上)コレクション

4.3.2. (コミュニケーション)友達がやっているから

4.3.3. (コミュニケーション、自慢)子供ウケ/孫ウケ

4.3.4. (付随要素)健康のため

4.3.5. (きっかけ)懐かしい(ポケモンが好き)

5. ## [最強フレームワーク] 「刺激を得るための手段である」  ⇒刺激の種類がいくつかある   ⇒コミュニケーション   ⇒達成感、爽快感   ⇒自慢、褒められたい   ⇒人より上になりたい(ランキングとか)   ⇒普段できないことをやりたい(ヒーローになるとか) 継続させるためには上記をより多く満たし続ける必要がある

6. ARスプラトゥーン

6.1. ゲームルール

6.1.1. フリープレー

6.1.1.1. 特定時間内に多く塗るった人が勝ち

6.1.2. 対戦プレー

6.1.2.1. 校庭/公園で遊ぶ

6.1.2.1.1. チームに分かれる

6.1.2.1.2. 対戦エリアの登録をする

6.1.2.1.3. 武器の選択

6.1.2.1.4. ゲームルールの決定

6.1.2.1.5. ゲーム開始

6.1.2.1.6. ゲーム終了

6.2. 遊ぶ人

6.2.1. 小学生 / 中学生

6.2.1.1. 鬼ごっこやるのり

6.2.1.2. 鬼ごっこのルールを発展させる

6.2.1.3. 水鉄砲やるのり

6.2.1.4. ただただ友達と遊びたいだけ

6.2.2. HADOユーザー(≒新しいもの好き)

6.2.2.1. 新しいスポーツができそう

6.2.2.2. まだマイナーだから有名になれそう

6.2.2.3. 体を動かしてストレスを解消できそう

6.2.2.4. やったことないものをやってみたい

6.2.3. YouTuber

6.2.3.1. KSF(Key Success Factor)

6.2.3.1.1. 派手なアクションとか面白い動画が取れそう

6.2.3.1.2. 目新しいのでユーザーの目を引けそう

6.2.3.2. KSFを満たすための機能

6.2.3.2.1. 動画+音声/音を取る (効果音と外の音は同時に記録されている)

6.2.3.2.2. 編集する

6.2.3.2.3. 見栄えの有るエフェクト

6.2.4. サバゲーする人

6.2.4.1. ストレス解消(何かを撃ちたい)

6.2.4.2. 軍事好き→マネしたい

6.2.4.2.1. コスプレ感覚もある?(本物になるべくなりきりたいみたいな)

6.2.4.3. 自然でリフレッシュ

6.2.5. アミューズメント施設に来る人

6.2.5.1. どんな人?

6.2.5.1.1. いくつか有るゲームのなかの1つを遊ぶ

6.2.5.1.2. たまたまきて、面白そう!ってなった人

6.2.5.1.3. 遊んだらスカッとしそう(ストレス解消)

6.2.5.1.4. 仲がいいグループで遊びに来た

6.2.5.1.5. 雨降ってるから

6.2.5.2. KSF

6.2.5.2.1. 他の人のプレイが見られる

6.2.5.2.2. みんなで共感できる

6.2.5.2.3. 手軽に楽しめる

6.2.5.2.4. 知っているコンテンツ

6.2.5.2.5. フィールドが他にない場所

6.2.5.3. KSFを満たすための機能

6.2.5.3.1. アミューズメント施設を世界観に合わせて作り込む

6.2.5.3.2. Mixed Reality Capture

6.2.5.3.3. プレイした人のスマホへ配信する機能

6.2.5.3.4. プレイ動画の自動編集

6.2.5.3.5. 適切なゲームデザイン

6.2.5.3.6. 馴染みのあるIP

6.2.6. 体育館開放日にスプラトゥーンの日

6.2.6.1. 子供とできそう

6.2.6.2. 学校内の親同士でコミュニケーションが取れそう

6.2.6.3. 決まった曜日になにかできる

6.2.6.4. 新しい知り合いできそう

6.2.6.5. 体を動かしてストレスを解消できそう

6.2.7. 大会に参加する人

6.2.7.1. チームプレーで友達と体験を共有したい

6.2.7.1.1. クラスでやる大縄跳びとか

6.2.7.1.2. 30人31脚とか

7. 勉強系

7.1. 本質:楽して能力を獲得したい!

7.2. ARの肝:

7.2.1. 3Dで瞬間的に理解できる

7.3. メモ

7.3.1. 学校で

7.3.1.1. 理科

7.3.1.1.1. 天気図

7.3.1.1.2. 植物の生態

7.3.1.1.3. 生物

7.3.1.1.4. 天体

7.3.1.2. 社会

7.3.1.2.1. 昔の都市の形、町並み

7.3.1.2.2. 地図の見方

7.3.1.2.3. 豪雨で水没したらこうなるとか

7.3.1.3. 公民的なの

7.3.1.3.1. 貨幣が見られる

7.3.1.3.2. 選挙の仕組み

7.3.1.4. 歴史

7.3.1.4.1. 時間軸と暮らしの変化とかを、時間バーをいじると見られるとか

7.3.1.4.2. 土器や石器をリアルに見る

7.3.1.4.3. 高床式住居の鼠返しで米が守られる

7.3.1.4.4. 過去の偉人が先生の横に立体で出てくる

7.3.1.5. 算数

7.3.1.5.1. 3Dグラフ系

7.3.1.5.2. 立体を切る

7.3.1.5.3. 立体の展開図とか、3次元に意味があるものは有っている

7.3.1.5.4. So-So

7.3.1.6. 科学館

7.3.1.6.1. コンテンツをそのまま見せてくれるだけでありがたい

7.3.1.7. 技術/家庭

7.3.1.7.1. やり方系になっちゃう

7.3.1.8. 美術

7.3.1.8.1. なし!

7.3.1.8.2. デジタル断捨離(3Dスキャン)

7.3.1.9. 音楽

7.3.1.9.1. 楽譜を出す、歌詞を出す

7.3.1.9.2. カラオケ採点

7.3.1.10. 体育

7.3.1.10.1. なし!

7.3.1.11. 語学

7.3.1.11.1. (妙案なし)

7.3.2. KSF:

7.3.2.1. ターゲットユーザー:学校/先生

7.3.2.2. 学校の評判が上がる要素がある

7.3.2.2.1. タブレットを導入する

7.3.2.2.2. ARを導入する

7.3.2.3. 教員/学校システムの効率化ができる

7.3.2.3.1. タブレットを導入する

7.3.2.3.2. ARを導入する

7.3.2.4. 新しい教育要項に対応できる

7.3.2.4.1. タブレットを導入する

7.3.2.4.2. ARを導入する

7.3.3. 参考

7.3.3.1. N高等学校で入学式 新入生が「複合現実」を体験

7.3.3.2. 教育でのVR/ARの有効性に関心高まる テストのスコア20%改善も | Mogura VR

7.3.4. 学校以外

7.3.4.1. 図鑑代わりに使える

7.3.4.1.1. 虫眼鏡代わりに使えると良い

7.3.4.1.2. スマホでも良いのかも

7.3.4.1.3. リアルムシキング的なの

7.4. その他

7.4.1. 家具屋に自分の家を持っていく

8. 考察するテーマ

8.1. ARスプラトゥーン(アミューズメント系)(済)

8.2. 学習(済)

8.3. 観光(済)

8.4. スポーツ観戦(済)

8.4.1. どこ見てよいかわからない問題(初心者向け)

8.4.2. スポーツをエンハンスしてより面白く見せてくれる(フェンシングとか)

8.5. 日常使い

8.6. 個人で遊ぶゲーム

9. 観光

9.1. 観光手法

9.1.1. ツアー

9.1.2. 個人観光

9.1.3. ガイドを付ける/つけない

9.2. 観光とは

9.2.1. 場所でやること

9.2.1.1. 見る

9.2.1.1.1. 世界遺産

9.2.1.1.2. 歴史的建造物

9.2.1.1.3. パワースポット

9.2.1.1.4. 美術館

9.2.1.1.5. 博物館

9.2.1.2. 遊ぶ

9.2.1.2.1. ○○体験

9.2.1.2.2. テーマパーク

9.2.2. 思い出を残す

9.2.2.1. 写真取る

9.2.2.2. 遺産に関する知識を得る

9.2.2.3. 食べ物

9.2.2.3.1. ご当地グルメ

9.2.2.3.2. ここでしか食べられない

9.2.2.4. 買い物

9.2.2.4.1. お土産

9.2.2.4.2. お得に買える

9.2.2.4.3. ここでしか買えない

9.3. ターゲットユーザー像

9.3.1. 初体験

9.3.2. リピーター

9.3.3. 誰と行く

9.3.3.1. 一人

9.3.3.2. 恋人

9.3.3.3. 友達

9.3.3.4. 家族

9.3.3.5. ツアー客

9.3.3.6. 学校・会社

9.4. KSF

9.4.1. その場所/その時間でしか得られない体験を得たい

9.4.2. ストレスなく観光したい

9.4.2.1. 翻訳の手間

9.4.2.2. ルールが異なることへの不安

9.4.2.3. 見落としたくない!

9.5. メモ:

9.5.1. 今ARを導入すると、客寄せパンダ技術になりそう

10. スポーツ観戦

10.1. 競技

10.1.1. 野球

10.1.2. サッカー

10.1.3. バスケットボール

10.1.4. 駅伝・マラソン

10.1.5. F1

10.1.6. オリンピック競技|東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

10.2. スポーツ観戦とは?

10.2.1. 見る

10.2.1.1. テレビなどで映らない部分もみたい

10.2.2. 応援する

10.2.2.1. 好きなチーム

10.2.2.2. 好きな選手

10.2.2.3. 子供、友達

10.2.3. 記録する

10.2.4. 勉強する

10.2.4.1. 見て学ぶ

10.2.5. 賭ける

10.2.5.1. ToTo

10.2.5.2. 競馬?

10.2.6. 食べる

10.2.7. 感動の共有的な

10.2.7.1. 音?

10.2.7.2. 振動

10.2.7.3. 熱気・汗

10.2.7.4. みんなで応援歌

10.3. なぜスポーツ観戦するか?

10.3.1. 応援しているチームを勝たせたい!

10.3.1.1. 応援することで勝たせたい!

10.3.1.1.1. みんなで応援することでより強く応援!

10.3.1.2. Betすることで気合を入れる!

10.3.2. テンションを上げられる/スッキリする

10.4. KSF

10.4.1. 応援しているチームを勝たせたい!

10.4.2. テンションを上げたい / スッキリしたい

10.5. メモ:

10.5.1. 永野さんアプリが面白かった→ムービーPlz