フルフルリモートワークという働き方

马上开始. 它是免费的哦
注册 使用您的电邮地址
Rocket clouds
フルフルリモートワークという働き方 作者: Mind Map: フルフルリモートワークという働き方

1. 今日話すこと

1.1. フルリモートワーク(在宅勤務)の実情

1.2. なぜ話す?

1.2.1. 4月に転職してフルリモートワークがスタートした

1.2.2. まだ日本では珍しい働き方

1.2.2.1. 導入で全体の14%程度。フルリモートは数%?

1.2.2.2. 総務省 平成29年通信利用動向調査

1.2.3. 今後進む働き方の多様化の一例

2. どうやって仕事を回している?

2.1. 様々なSaaSを利用

2.1.1. コミュニケーション

2.1.1.1. チャットツール

2.1.1.1.1. Slack

2.1.1.1.2. 実際の画面

2.1.1.1.3. 近畿大学でも導入

2.1.1.2. ビデオ会議ツール

2.1.1.2.1. Zoom

2.1.1.2.2. 実際の画面

2.1.2. プロダクト開発・運用

2.1.2.1. 運用環境

2.1.2.1.1. AWS

2.1.2.2. コード管理・レビュー

2.1.2.2.1. Github

2.1.2.2.2. 実際の画面

2.1.2.3. デザインツール

2.1.2.3.1. Figma

2.1.2.3.2. 実際の画面

2.1.3. タスク管理

2.1.3.1. Trello

2.1.3.2. 実際の画面

2.1.4. ドキュメント管理・社内書類

2.1.4.1. Google Drive

2.1.4.2. esa

2.1.4.2.1. 実際の画面

3. リモートワークのメリット・デメリット

3.1. メリット

3.1.1. 個人

3.1.1.1. 通勤時間の削減

3.1.1.1.1. 可処分時間の増加

3.1.1.2. 職場環境の自由

3.1.1.2.1. ストレスの低下

3.1.2. 会社

3.1.2.1. オフィスコストの削減

3.1.2.1.1. 賃貸

3.1.2.1.2. 光熱費

3.1.2.1.3. 通勤費

3.1.2.2. 採用効果

3.1.2.2.1. リモートで働きたい人は多い

3.1.2.2.2. 通勤圏内に縛られず全国が求人対象

3.2. デメリット

3.2.1. 個人

3.2.1.1. 寂しい

3.2.1.2. 職場と家庭の切り分けが出来ない

3.2.2. 会社

3.2.2.1. セキュリティ

3.2.2.2. 勤怠管理が大変

3.2.2.2.1. 信頼がなくちゃ出来ない

4. 自己紹介

4.1. 川俣 涼

4.2. 2012年度卒

4.3. キャリア

4.3.1. 2012年4月〜

4.3.1.1. 水戸市消防本部

4.3.1.2. 消防隊・救急隊

4.3.2. 2018年2月〜

4.3.2.1. エムスリー株式会会社

4.3.2.2. 医療従事者向けの各種ポータルサイト運営 ソフトウェア開発

4.3.2.3. ソフトウェアエンジニア

4.3.3. 2019年4月〜

4.3.3.1. 株式会社Misoca

4.3.3.1.1. 職場環境

4.3.3.1.2. 毎日の仕事の流れは?

4.3.3.1.3. オフィスにはどれくらい行くの?

4.3.3.2. 請求書管理サービス・EDI

4.3.3.3. ソフトウェアエンジニア

5. 最後に

5.1. 今後の流れ

5.1.1. 導入は広がる?

5.1.1.1. システムの進化

5.1.1.2. 東京オリンピック

5.1.1.3. 働き方改革

5.1.1.4. 労働力の減少

5.1.1.5. 世界の流れ

5.1.2. 障壁は何?

5.1.2.1. 職務制度

5.1.2.1.1. ジョブ型

5.1.2.1.2. メンバーシップ型

5.1.2.2. 個々人としての能力・信頼

5.2. 感想

5.2.1. 今の働き方が好き

5.2.2. 家族と個人の時間を優先する一つの手段