PMM研修 導入の流れ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
PMM研修 導入の流れ により Mind Map: PMM研修 導入の流れ

1. 導入の流れ

1.1. ご提案

1.1.1. 持ち物

1.1.1.1. 電卓

1.1.1.2. ノートPC

1.1.1.3. 名刺

1.1.1.4. 色ペン

1.1.1.5. 資料

1.1.1.5.1. 協会パンフレット

1.1.1.5.2. 研修メニューのマップ

1.1.1.5.3. 開催要項

1.1.1.5.4. PMM研修概要スライド

1.1.1.5.5. 正会員申込書

1.1.1.5.6. 請求書(協会加盟費、年会費)

1.1.1.5.7. RM料金表、サービス試用申込書、サービス申込書

1.1.1.5.8. ストリートスマート会社案内

1.1.1.5.9. ストリートスマート見積もり

1.1.1.5.10. マインドジェットの見積もり

1.1.1.5.11. マイクロバブル資料

1.1.1.5.12. 社内アンケートフォームの印刷物

1.1.1.5.13. 社内アンケート回答例

1.2. 研修化の経緯

1.2.1. 多数の会社が来られる

1.2.2. やり方だけでは浸透しない

1.3. 選択肢

1.3.1. 仕組みづくりと、マニュアルの必要性

1.3.1.1. しない

1.3.1.1.1. やり方は統一されない

1.3.1.1.2. 育成の難易度が高くなる

1.3.1.1.3. 再現性が低い

1.3.1.1.4. やり方バラバラ

1.3.1.1.5. 同じ失敗、クレームが再発する

1.3.1.2. する

1.3.1.2.1. 外部からマニュアルなどのノウハウを買う

1.3.1.2.2. 自分たちで作る

1.3.2. 目的

1.3.2.1. 社内の情報共有

1.3.2.2. 育成と仕組み化の両立

1.3.2.3. 新人の育成

1.3.2.4. 業務フローの統一

1.3.2.5. 進捗の共有

1.3.2.6. 再発防止からの仕組み作りの文化形成

1.4. 社員さん向け導入研修

1.4.1. 事前準備

1.4.1.1. 社内アンケートフォームをチャットで送る

1.4.1.1.1. 期限を切ってタスクにしておく

1.4.1.1.2. 研修を受けるであろうスタッフ全員に答えてもらうように促す

1.4.2. 当日の持ち物

1.4.2.1. ノートPC

1.4.2.1.1. セミナースライドが最新バージョンになっているのか確認

1.4.2.2. 資料

1.4.2.2.1. 社内アンケートの回答をまとめたマップを人数分印刷

1.4.2.2.2. 導入前アンケート(従業員向け)を人数分印刷

1.4.2.2.3. セミナー特典資料

1.4.2.3. 名刺

1.5. 事前準備

1.5.1. 各部署で洗い出し

1.5.1.1. 専用フォームによるアンケート

1.5.1.1.1. ・ストレスだし

1.5.1.1.2. ・現状の把握

1.5.1.1.3. 回収したアンケートのマップ化

1.5.1.2. ・情報共有と関わりの文化形成の為に

1.5.1.3. ・各部門の役割の明確化

1.5.2. 現在の全社員のメールアドレス表の回収

1.5.2.1. ストリートスマートに見積もり依頼

1.5.3. 組織表の回収(どの部署に誰がいるのかこちらが把握)

1.5.4. メールアドレスの設定変更

1.5.4.1. ストリートスマートに依頼

1.5.4.1.1. チャットワークで 工務店さんとSSのグループ組んで accountの設定を依頼

1.5.4.1.2. 設定費用150,000円(税別)

1.5.4.2. Gmailの設定に変更

1.5.4.3. アカウント取得

1.5.4.3.1. 一人、月500円

1.5.5. チャットワークアカウントの登録

1.5.5.1. 一人、月500円

1.5.6. RMの導入がまだの会社の場合、見積もり

1.5.6.1. 楓工務店様CRM商品販売代理手順

1.5.6.2. ①(楓工務店様 ⇒ CRMのヘルプデスク)

1.5.6.2.1. メール連絡、加盟の工務店様の社名と連絡情報をメールで送付します

1.5.6.3. ②(CRMヘルプデスク ⇒ 楓工務店様)

1.5.6.3.1. CRMで加盟の工務店様利用可否の審査結果をメールでご連絡します

1.5.6.4. ③(楓工務店様 ⇒ 加盟の工務店様)

1.5.6.4.1. 専用試用申請書を送ります

1.5.6.5. ④(加盟の工務店様⇒CRMヘルプデスク)

1.5.6.5.1. 専用試用申請書をFAX、郵送にてCRMへ返送します

1.5.6.6. ⑤(CRMヘルプデスク⇒加盟の工務店様)

1.5.6.6.1. 試用IDを送付します

1.5.6.7. ⑥(加盟の工務店様⇒CRMのヘルプデスク)

1.5.6.7.1. 本サービスを申し込み、契約します

1.5.6.8. ⑦(CRMヘルプデスク ⇒ 楓工務店様)

1.5.6.8.1. 毎月月末加盟店様の本サービス申込、契約数、入金実績を報告します

1.5.6.9. ⑧(CRM ⇒ 楓工務店様)

1.5.6.9.1. 販売手数料を支払います (初期費用50%、月額費用15%、入金実績ベースで月末締め翌月末払い)

1.5.6.10. 初期導入費20万

1.5.6.10.1. +月額使用料

1.5.7. パスワード表の設定

1.5.7.1. 管理責任者の選定

1.5.7.2. ドライブで保存しない

1.5.7.2.1. 漏洩を防ぐため

1.5.7.2.2. 社内サーバーで管理

1.5.7.3. 一人1ファイル

1.5.7.3.1. 必ずロックコードをかける

1.5.7.3.2. ロックコードは責任者が一括管理

1.5.7.3.3. スタッフへの発信

1.5.7.3.4. 共有したいエクセルの帳票の洗い出し。 全体と 部門 共有したい帳票の名前を入力してもらう スプレッドシートを作る タブで 全体と各部門を分ける これを用意して 社内サイトにリンクを貼っとく

1.5.8. 社内サイトの構築

1.5.8.1. 各部門別に設定

1.5.8.1.1. 部門ごとにグループアドレスの設定

1.5.8.1.2. まずある程度貼っとく

1.5.8.2. 管理者を決める

1.5.8.2.1. 各ドライブの編集権限の設定

1.5.8.3. スタッフ全体に発信

1.5.9. 全社共有ドライブの設定

1.5.9.1. 各部門共有ドライブの設定

1.5.10. マップソフトの設定

1.5.10.1. マインドマネージャーの導入

1.5.10.1.1. バリューネットワークスにCWにて依頼

1.5.10.1.2. http://v-networks.co.jp/corporate/#nav-corporate

1.5.10.1.3. 05033688330

1.5.10.2. 各事業部でアカウントを共有

1.5.10.2.1. 初めは1事業部1アカウントで様子を見る

1.5.10.2.2. バリューネットワークスに事業部のグループアドレスを伝える

1.5.10.2.3. アカウント登録方法は、最初に下記のサイトで、認証を受けていただきます。 https://secure.mindjet.com/WebApp/accounts/nsRegister.aspx?lang=en その後は、下記のサイトからログインしていただけます。 https://vision.mindjet.com/#!&lang=ja これらが完了しますと、MindManager 11 からも、Webにアクセスできます。

1.5.11. チャットワークグループの一覧作成

1.6. 研修メニュー

1.6.1. 各講準備物

1.6.1.1. 事前に確認

1.6.1.1.1. プロジェクターとつなぐ線があるかどうかの確認

1.6.1.1.2. Wi-Fiの状況を確認

1.6.1.1.3. 楓スタッフをつれていく際は、 MJのどのアカウントを使っているのか確認と 結衣さんに「共通をかけたときに」そのスタッフにメールが届くように設定してもらう

1.6.1.2. ①

1.6.1.2.1. 研修後アンケート

1.6.1.2.2. 社内アンケート結果

1.6.1.2.3. スピーカー

1.6.1.2.4. 音楽流すもの

1.6.1.2.5. 開催要項

1.6.1.2.6. 受講者名簿

1.6.1.2.7. ビデオ

1.6.1.2.8. 三脚

1.6.1.2.9. 社長のWi-Fi

1.6.1.2.10. PC

1.6.1.3. ②

1.6.1.3.1. 開催要項

1.6.1.3.2. 受講者名簿

1.6.1.3.3. 社長のWi-Fi

1.6.1.3.4. PC

1.6.1.3.5. スピーカー

1.6.1.3.6. 音楽流すもの

1.6.1.3.7. ビデオ

1.6.1.3.8. 三脚

1.6.1.4. 毎回発信

1.6.1.4.1. 何時から研修がスタートするのか、全スタッフが入られたチャットで発信する

1.6.2. ①システム設定 課題抽出 ゴール設定

1.6.2.1. ・PMMにおける各システムの説明

1.6.2.1.1. チャットワークの説明

1.6.2.1.2. インストール一覧からサポート

1.6.2.1.3. ・育成とITの基本的な考え方 ゴールの共有

1.6.2.1.4. ・インストールソフトの説明 CW RM MJ GS

1.6.2.1.5. ブラインドタッチ

1.6.2.1.6. 山登り

1.6.2.2. マップソフトの説明

1.6.2.2.1. 各部書の仕事の流れ一覧を作ってもらう

1.6.2.3. 事前アンケートから

1.6.2.3.1. 自社の課題だし

1.6.2.3.2. ・現状の把握

1.6.2.3.3. ・ストレスだし

1.6.2.3.4. ・情報共有と関わりの文化形成の為に

1.6.2.3.5. ・各部門の役割の明確化

1.6.2.4. 宿題

1.6.2.4.1. ブラインドタッチ

1.6.2.4.2. 各部署の業務フローの提出

1.6.2.4.3. 各部門の業務フローをマップに移す

1.6.3. ②社内サイトの設定指導

1.6.3.1. 社内帳票のドライブへの移動

1.6.3.1.1. 責任者の設定

1.6.3.1.2. 全体で共有しているファイルの聞き取り

1.6.3.1.3. 部門で共有しているファイルを部門で話し合う

1.6.3.1.4. ファイルを移動する

1.6.3.2. 社内サイトへのリンクの貼りつけ

1.6.3.2.1. 全体

1.6.3.2.2. 部門

1.6.3.3. 各アプリの具体的な説明

1.6.3.3.1. スプレッドシート

1.6.3.3.2. フォーム

1.6.3.3.3. スライド

1.6.3.3.4. ドキュメント

1.6.3.4. お客様サイトの設定指導

1.6.3.4.1. 説明用スライドの作成

1.6.3.4.2. 各部署で話し合う

1.6.3.4.3. 実際の作成

1.6.3.4.4. 動画

1.6.3.5. 業務効率化と情報共有 育成の仕組みづくりの流れ

1.6.3.5.1. 目的のすり合わせ

1.6.3.5.2. 生産性があがらない仕組み

1.6.3.5.3. 人が辞める時の3つの理由

1.6.3.6. レビューについて

1.6.3.6.1. 目的

1.6.3.6.2. ゴール

1.6.3.6.3. 次回の予告

1.6.3.7. フィードバックスライド

1.6.3.7.1. 流れをあらかじめ書く

1.6.3.7.2. カルテ

1.6.3.8. これからの流れとゴールの共有

1.6.3.8.1. ゴールの設定

1.6.3.8.2. 育成と仕組みづくりの両立

1.6.4. ③マップで業務フローの確立

1.6.4.1. 業務マニュアル

1.6.4.1.1. 項目の説明

1.6.4.2. 足跡残し

1.6.4.2.1. 改善の具体的な手順

1.6.4.2.2. ゴールの設定と共有

1.6.4.2.3. 仕事のすべてのフローだし

1.6.4.2.4. ・他社参考事例の参照

1.6.4.2.5. ・マップソフトを使ったフローだしの手順説明

1.6.4.2.6. ・組織習慣がついた状態のイメージ共有

1.6.4.2.7. 業務のたな卸し

1.6.4.2.8. フローだしのポイントと育成の両立

1.6.4.2.9. こんなマップあったらいいな表

1.6.4.3. マインドジェット

1.6.4.3.1. フロー表

1.6.4.3.2. プロジェクト管理

1.6.4.3.3. 研修報告書

1.6.4.3.4. 現在のチェックリストの統合

1.6.4.4. 宿題

1.6.4.4.1. お客様への説明フロー

1.6.4.4.2. 施工管理のフロー

1.6.4.4.3. 設計のフロー

1.6.5. ④チェックリストと再発防止

1.6.5.1. ・チェックリストの作成 再発防止の考え方

1.6.5.2. ・チェックリストのPDCA

1.6.5.2.1. 積みあがっていく積み木

1.6.5.2.2. 暗い道を歩く為のみちしるべ

1.6.5.2.3. 足跡を残せ

1.6.5.3. ・ラブコール事例検証 原因と仕組

1.6.5.4. ・改善提案を仕組みにつなげる

1.6.5.5. ・何処を目指すのか?誰が与えるのか?

1.6.5.6. ・育成の仕組み形成の文化

1.6.5.7. ・再発防止報告書から仕組化への事例を発表

1.6.5.8. チェックリストの共有環境の確認

1.6.5.8.1. RMのチェックリスト

1.6.5.9. 再発防止の考え方

1.6.5.10. 着工ロード

1.6.5.11. 宿題

1.6.5.11.1. 社内帳票の回収

1.6.5.11.2. 共有したい情報、帳票の洗い出し

1.6.6. ⑤施工管理勉強会

1.6.6.1. 施工管理

1.6.6.1.1. 大工さんの作業順序を統一

1.6.6.1.2. 大工さん事前打ち合わせ

1.6.6.1.3. 上棟後一斉打合せ

1.6.6.1.4. 工程管理

1.6.6.1.5. 発注管理

1.6.6.1.6. チェックリスト

1.6.6.1.7. 動画

1.6.6.1.8. 育成の流れ

1.6.6.1.9. RMの実行

1.6.6.1.10. 上長は部下の行動等の確認をメインに

1.6.7. ⑥動画作成指導

1.6.7.1. ・キャプチャーソフト

1.6.7.2. ・説明動画の意義 注意点

1.6.7.3. ・スナグイット

1.6.7.4. ・動画の保存方法

1.6.7.4.1. YouTube

1.6.7.5. ・動画のURLをマップに貼る

1.6.7.6. ・ハンディカメラでの撮影 作業風景など

1.6.7.7. 業務説明と育成の簡素化

1.6.7.8. 説明用動画

1.6.7.8.1. 動画を作らせる意義

1.6.7.9. 動画作成の実践

1.6.7.9.1. アイホンから実際にあげる

1.6.7.9.2. ドライブアプリ落とす

1.6.7.9.3. 実際に動画を上げてファイルの名前を変える

1.6.7.10. 録音とスクリプト

1.6.7.11. 改善と仕組みづくりの両立

1.6.7.12. チェックリストの作成

1.6.7.13. 再発防止報告書

1.6.7.14. 改善提案

1.6.7.15. 社内情報の集約

1.6.7.16. 社内サイトの説明

1.6.7.17. 育成の足跡残し

1.6.7.18. グーグルアップス

1.6.7.18.1. 社内の必要帳票の統合

1.6.7.18.2. フォームの使い方

1.6.7.19. 現在の資料からの移行

1.6.7.19.1. ツールの洗い出し

1.6.8. 施工管理設計編

1.6.9. ⑦

1.6.9.1. 各部署

1.6.10. コンテンツ

1.6.10.1. 動画の確認 着工ロードとゲートの説明

1.6.10.2. 研修の目的を経営者さんと合意

1.6.10.2.1. 手法を知りたいのか、課題の解決までの支援が必要なのか

1.6.10.2.2. 手法だけではなかなか解決までに至らないケースが多い

1.6.10.3. 業務フローをマップにて最後まで書き出す。⇒打合せの回数などの項目について細かく。

1.6.10.4. グーグルワークスペース導入

1.6.10.5. 着工ロード

1.6.10.5.1. 事前にフローを書いてもらう

1.6.10.5.2. ゲート、担当者、着工予約の説明

1.6.10.5.3. 再発防止からの仕組み化

1.6.10.6. 弊社の流れ説明

1.6.10.7. 着工予約書

1.6.10.8. チェックリスト

1.6.10.9. どれくらいクラウドに移行するか検討する⇒移動しておく。

1.6.10.10. 社内サイト

1.6.10.10.1. 説明用動画の説明用リンクを作って社内サイトに貼る

1.6.10.11. ◆施工管理はかかってきた電話をチャットで記録

1.6.10.12. 改善チャット作成

1.6.10.13. ゲート用チェックシート

1.6.10.14. 仕事のチェックリスト

1.6.10.15. 再発防止報告書の運用

1.6.10.16. ・お客様の電話の内容

1.6.10.17. ・業者様の電話の内容 回数

1.6.10.18. アンケートの公開 課題解決

1.6.10.19. ◆パスワード票の作成

1.6.10.20. ◆ブラインドタッチの練習、リーダーを決めてテスト日を決める

1.6.10.21. 説明用動画の保存方法の確認

1.6.10.22. 帳票一覧の共有

1.6.10.23. お客様の声 共有 ☎全お打合せ後_満足度調査 電話報告チャット

1.6.10.24. トレーニングサイト

1.6.10.25. 成長ステップシート

1.6.10.26. OIL

1.6.11. 6/11バックエンド

1.6.11.1. ①採用勉強会

1.6.11.1.1. 座学研修一日

1.6.11.1.2. 他社さんが知りたいこと

1.6.11.2. ②グーグルワークスペースの実装の研修

1.6.11.2.1. Googleworkspaceの設定

1.6.11.2.2. 社内アンケート

1.6.11.2.3. 社内サイトの設定

1.6.11.2.4. 全社員

1.6.11.2.5. 二日目

1.6.11.3. 工務店向けの業務フロー支援

1.6.11.3.1. 生産管理

1.6.11.3.2. 着工ロード

1.6.11.3.3. 講演

1.6.11.3.4. 150万

1.6.11.3.5. 時間の短縮

1.6.11.3.6. 達成したリアルツール