アーキテクターへの道

細谷功さんの具体と抽象をベースに僕なりのマインドマップが何者なのかを分析しています。定期的にブラッシュアップしていきます。

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
アーキテクターへの道 により Mind Map: アーキテクターへの道

1. 目標

1.1. 今回

1.1.1. 1,フレームワークの重要性の理解とインストール

1.1.2. 2,戦略と戦術の理解からのビジネスの円滑化

1.1.3. 3、アーキテクト思考への扉に手をかける

1.2. 中期

1.2.1. 現時点の思考速度を30倍まで加速させる

1.2.2. プロジェクトが円滑に回りだす。

1.3. 長期

1.3.1. 企画、構想が出来る

1.3.2. 0→1で仕事が可能

2. セミナー前に

2.1. 途中退室OK

2.2. 飲み食いOK

2.3. 立って聞いてもらってもOK

2.4. 録音録画NG

2.4.1. 理由

2.4.1.1. 一回で限界まで吸収する集中力の強化

2.4.1.2. 埋め合わせによるアウトプット

3. 自己紹介

3.1. 須藤卓也

3.1.1. 主なサービス内容

3.1.1.1. 企画構想、写真及び動画撮影

3.1.1.1.1. 制作実績

3.1.1.2. 経営コンサル

3.1.1.2.1. コンサル先

3.1.1.2.2. コンサル内容

4. アーキテクト思考はこれからの時代必須

4.1. VUCAの時代

4.1.1. 意味

4.1.1.1. 変動性が高く、複雑性が増し、予測が不可能な時代

4.1.2. つまり

4.1.2.1. パラダイムシフトが目まぐるしい

4.1.2.1.1. WEB2.0→WEB3.0

5. 最後に

5.1. 皆んなハイパー賢くなったら絶対おもろい!

5.2. 話何十倍の速度

5.3. 現実がどんどん変わる

5.4. 経営で遊べる

5.5. 本当の実業家、クリエイター集団目指せる

5.6. 日本全体が賢くなれば余裕で世界狙える

5.7. 儲けたお金でまた独創性のある遊びをする

5.8. 最高に楽しいやん!

5.9. 今日はアーキテクト思考の扉前まででしたが

5.9.1. 機会があれば

5.9.1.1. インテグラル理論とアーキテクト思考の世界へ