入館証のリスク低減に関するソリューション企画

Solve your problems or get new ideas with basic brainstorming

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
入館証のリスク低減に関するソリューション企画 by Mind Map: 入館証のリスク低減に関するソリューション企画

1. 紛失しないようにする

1.1. ぶらさげないアイテムが良い

1.2. 失くさないもの

1.2.1. 生体認証

1.2.1.1. 精度の良し悪し?

1.3. 失くしにくいもの

1.3.1. スマホ

1.3.1.1. 無くしたらすぐわかる

1.3.2. 腕時計

1.3.3. 人体通信

1.3.4. キーレスエントリー

1.3.4.1. 持っているだけでOK

2. アイデアの発案点

2.1. 入館証を落としてもも、悪用されないようにしたい

2.1.1. 落とした場合、何が問題?

2.1.1.1. 氏名・顔などの個人情報漏えい

2.1.1.1.1. 個人特定

2.1.1.1.2. 免許証のパスワード方式で表に表記しない。

2.1.1.2. 会社名の漏えい

2.1.1.2.1. 入館証の可能性を拾得者に伝えてしまう

2.1.2. 紛失した時のリスク回避

3. 紛失しても大丈夫にする

3.1. 交通系ICカードを使う

3.1.1. 所有者が多い

3.1.2. 落としても駅でみつかりやすい

3.1.3. 落としたことに気づきやすい

3.1.3.1. わが子の写真キーホルダー

3.1.3.2. 恥ずかしい過去が乗っている自叙伝

3.1.4. モバイルSuicaならもっとセキュア

3.1.4.1. iPhoneにはない

3.1.4.1.1. チップ貼り付けステッカーなら可能

3.1.4.2. 持込禁止フロアが多い

3.1.5. カードのIDを使って認証側のDBを作る

3.1.5.1. お金かかるっぽい

3.1.5.2. カード種別が複数でも一意に特定可能

3.1.6. 新たに発行コストがかからない

3.1.7. 持ってない人どうするの?

3.1.7.1. 持ってもらう

3.1.7.1.1. 福井は電車のらない

3.1.7.2. 社食を交通系ICカード払い可能にする

3.1.8. 技術フィージビリティがある程度取れている

3.1.9. 勝手に入館証化してよいのか?

3.1.9.1. Suicaを入館証に利用している事例はある

3.1.9.1.1. 訴求ポイントが異なる

3.1.9.1.2. 当社としての強み

3.1.10. なんで他社と連携できないんだろう?

3.1.10.1. 既得権益?

3.1.10.2. JR町田と小田急町田がうんぬんかんぬん

3.1.10.3. NEXCO東日本でなんたらかんたら

3.1.10.3.1. Suicaの開発費用をペイしたい思惑

3.2. ケータイ電話

3.2.1. 毎日ワンタイムパスを発行

3.3. ポイントカードを使う

3.4. 電子マネーカード

3.4.1. 個人の利用する店による

3.5. Suicaステッカー

3.6. 真っ白い専用入館証

3.7. タグと距離が離れるとアラームがなるタグ

3.8. どんなシステムと連携したら面白い?

3.8.1. 社員食堂の決済

3.8.2. 交通費生産

3.8.3. お客様先の入館?

3.9. 連絡先は管理会社にし、直接その会社がバレないようにする

3.9.1. 落ち押しても管理会社までしかバレない

3.9.2. その管理会社を富士ソフトで?

3.9.2.1. どうやったらもうかるかなぁ

4. 問題点

5. Prioritize Ideas

5.1. High Priority

5.2. Medium Priority

5.3. Low Priority

6. アクションアイテム

7. 社員証・入館証の良さ

7.1. セキュリティ意識の向上

7.2. クレジット会社と組むとカード発行がお得

7.3. 金ピカ

8. 類似競合

8.1. NFC スマホの「かざす」で日常業務カイゼン