7つの習慣

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
7つの習慣 by Mind Map: 7つの習慣

1. 公的成功

1.1. 相互依存のパラダイム

1.1.1. 信頼残高という名の財産

1.1.2. 信頼残高をつくる6つの大切な預け入れ

1.1.3. 愛の法則と人生の法則

1.1.4. P(目標達成)の問題はPC(目標達成能力)の機会である

1.1.5. 相互依存の習慣

1.2. Win-Winを考える

1.2.1. 人間関係の6つのパラダイム

1.2.2. Win-Winを支える5つの柱

1.2.3. 応用の提案

1.3. 理解されてから理解される

1.3.1. 人に影響を与える鍵は人に影響されることだ

1.3.2. 相手を本当に理解するためには

1.3.3. 処方する前に診断する

1.3.4. 4つの自叙伝的な反応と感情移入

1.3.5. 理解することがWin-Winの扉を開く

1.3.6. エトス、パトス、ロゴス、効果的なプレゼンテーションとは

1.3.7. 一対一、相手の目を通して人生を見つめる

1.3.8. 応用の提案

1.4. 相乗効果を発揮する

1.4.1. コミュニケーションのアドベンチャー

1.4.2. カオスの彼方

1.4.3. ビジネスにおける相乗効果

1.4.4. 1 + 1 = 1600 ?!

1.4.5. 第3の案を探し出す

1.4.6. マイナスの相乗効果

1.4.7. 相異点を尊ぶ

1.4.8. 「成功」を妨げるブレーキをはずせ

1.4.9. 自然界のすべてが相乗効果的である

1.4.10. 応用の提案

2. 更新再生

2.1. 刃を研ぐ

2.1.1. バランスのとれた自己更新再生の原則

2.1.1.1. 更新再生の4つの側面

2.1.1.2. あなたの思いが相手を活かす

2.1.1.3. 更新再生のバランス

2.1.1.4. 「7つの習慣」における相乗効果

2.1.1.5. 上向きの循環

2.1.1.6. 応用の提案

2.1.2. 再び inside out

2.1.2.1. 世代を越えて生きる

2.1.2.2. 流れを変える人になる

2.1.2.3. 個人的な追伸

3. パラダイムと原則について

3.1. inside out (内から外へ)

3.1.1. 人格主義

3.1.1.1. 個性主義 <=>

3.1.1.1.1. 薄っぺら

3.1.1.1.2. 一時的

3.1.1.2. 原則ベース

3.1.1.2.1. 原則を自分のものにする努力

3.1.2. 真の成功

3.1.2.1. 優れた人格を持つこと

3.1.3. パラダイム

3.1.3.1. 見方

3.1.3.1.1. 変われば世界が変わる

3.1.3.1.2. あり方を決める

3.1.3.1.3. 問題の見方が問題である

3.1.3.2. パラダイム転換

3.1.3.2.1. 原則中心のパラダイムを

3.1.3.2.2. Untitled

3.1.4. 成長はプロセス

3.1.4.1. 一瞬では達成できない

3.1.5. Untitled

3.1.5.1. Untitled

3.1.5.2. 私的成功

3.1.5.2.1. inside

3.1.5.3. 公的成功

3.1.5.3.1. outside

3.2. 人生の扉を開く「7つの習慣」

3.2.1. 習慣の3要素

3.2.1.1. 知識

3.2.1.2. スキル

3.2.1.3. やる気

3.2.2. 幸福とは ?

3.2.2.1. 最終的に望む結果を手に入れるため

3.2.2.2. 今すぐ欲しい結果を犠牲にして

3.2.2.3. 得られる果実

3.2.3. 相互依存への道

3.2.3.1. 依存

3.2.3.1.1. You

3.2.3.2. 自立

3.2.3.2.1. Me

3.2.3.2.2. 現実には最上位に置かれがち

3.2.3.3. 相互依存

3.2.3.3.1. Us

3.2.4. Untitled

3.2.4.1. 7つの習慣は、効果性の習慣

3.2.4.2. 効果性とは

3.2.4.2.1. Untitled

3.2.4.2.2. Untitled

3.2.4.3. バランスがとても重要

3.2.5. バランスがキー

3.2.5.1. 人・物・金

3.2.5.2. 資源のバランス

3.2.5.3. 最も重要な金銭的資源

3.2.5.3.1. 収入を得る能力

3.2.5.4. 効果性 ← バランス

3.2.5.4.1. Pばかり

3.2.5.4.2. PCばかり

4. 私的成功

4.1. 主体性を発揮する

4.1.1. 社会通念というゆがんだ鏡

4.1.1.1. 決定論

4.1.1.1.1. 遺伝子的

4.1.1.1.2. 心理学的

4.1.1.1.3. 環境的

4.1.1.2. ほんとうに人は回りの環境で決定されるものか?

4.1.1.3. 反応性

4.1.1.3.1. 人は刺激に対して直接反応する,という主張

4.1.2. 刺激、反応、そして選択の自由

4.1.2.1. ビクター・フランクルの例

4.1.2.1.1. ユダヤ人

4.1.2.1.2. ナチスによる強制収容

4.1.2.1.3. しかし精神的な自由を得た !!

4.1.2.2. 刺激と反応の間に選択の自由がある

4.1.2.3. そこにこそ人間たる性質

4.1.2.3.1. 自覚

4.1.2.3.2. 想像力

4.1.2.3.3. 良心

4.1.2.3.4. 自由意思

4.1.3. 主体性を持つとは

4.1.3.1. 率先力を発揮するだけ

4.1.3.2. 人生に対する責任をとる

4.1.4. 人生の責任を引き受ける

4.1.4.1. 行動型

4.1.4.1.1. 反応的

4.1.4.1.2. 主体的

4.1.4.1.3. 自分の身に何が起こるかよりも、それにどう反応するかが重要

4.1.4.2. 人生の中心的な価値

4.1.4.2.1. 経験

4.1.4.2.2. 創造

4.1.4.2.3. 態度

4.1.5. 頭と率先力を使いなさい

4.1.5.1. 率先力

4.1.5.1.1. 自分から進んで状況を改善する行動を起こすこと

4.1.5.1.2. 問題解決型アプローチ

4.1.5.1.3. やればできる

4.1.5.1.4. Untitled

4.1.6. 作用するか、作用されるか

4.1.6.1. 作用しよう

4.1.7. 言葉が「自己達成予言」になる

4.1.7.1. 使う言葉で,行動が変わってしまう

4.1.7.2. 反応的な言葉

4.1.7.2.1. 責任を転嫁するもの

4.1.7.3. 愛

4.1.7.3.1. 愛は動詞である

4.1.7.3.2. 行動によって具現化される価値観

4.1.8. 影響の輪と関心の輪

4.1.8.1. 関心の輪を描く

4.1.8.1.1. コントロールできる/できないが分かる

4.1.8.1.2. コントロールできるもの = 影響の輪

4.1.8.1.3. 反応的な人が集中する

4.1.8.2. 影響の輪を広げる

4.1.8.2.1. すべての問題は影響できる

4.1.8.2.2. 例 : ワンマン社長

4.1.8.3. 「持つ」か「なる」か

4.1.8.3.1. 持つ

4.1.8.3.2. なる

4.1.8.3.3. 自分の行動の責任をとる

4.1.9. 成功は失敗の彼方にある

4.1.9.1. 行動を選択する自由はある

4.1.9.2. 行動の結果は選択できない

4.1.10. 生活の主導権を取り戻す

4.1.10.1. 影響の輪の最も中心

4.1.10.1.1. 約束し

4.1.10.1.2. 守る力

4.1.10.2. 小さな約束を守る

4.1.10.2.1. 自信になる

4.1.10.2.2. 感情よりも自制心が効いてくる

4.1.11. 30日間テスト

4.1.11.1. 30日間,影響の輪に集中

4.1.11.1.1. 小さな約束をつくり,守る

4.1.11.1.2. 裁くより与える

4.1.11.1.3. 批判より模範に

4.1.11.1.4. 問題つくるより解決に貢献

4.1.11.1.5. とにかく30日やってみる

4.1.12. 応用の提案

4.1.12.1. 1. 自身と周りの声を2日間聞いてみる

4.1.12.1.1. 反応的な言葉をどれだけ聞くか?

4.1.12.2. 2. 反応的な状況

4.1.12.2.1. 近い将来に直面するもの

4.1.12.2.2. 影響の輪を考慮に入れて,その状況を考え直してみる

4.1.12.2.3. 主体的な反応を示すために何ができる?

4.1.12.2.4. 主体的に反応している自分をイメージ

4.1.12.2.5. 選択の自由を活用する約束を自身にする

4.1.12.3. 3. 問題を1つ選択

4.1.12.3.1. どのコントロール領域?

4.1.12.3.2. 影響の輪の中でとれる具体的な行動は?

4.1.12.4. 4. 30日間テストを実行

4.1.12.4.1. 影響の輪の変化を意識する

4.2. 目的をもって始める

4.2.1. 自己リーダーシップの原則

4.2.1.1. 自分の葬儀を想像

4.2.1.1.1. 何と言って欲しいか?

4.2.2. 成功のはしご

4.2.2.1. 最も基礎的な応用

4.2.2.1.1. 全ての行動の尺度

4.2.2.2. 最も大切なものを目的とする

4.2.2.3. はしごをかけ違えると

4.2.2.3.1. 一段昇る毎に間違った場所に早く辿りつくだけ

4.2.3. すべてのものは二度つくられる

4.2.3.1. 創造

4.2.3.1.1. 1. 知的

4.2.3.1.2. 2. 物的

4.2.3.2. 二度測って一度で切る

4.2.4. 意図するか放任するか

4.2.4.1. 第二の習慣

4.2.4.1.1. 第一の創造を行うということ

4.2.5. リーダーシップとマネジメント : 2つの創造

4.2.5.1. リーダーシップ

4.2.5.1.1. 第一の創造

4.2.5.1.2. 望む結果を定義

4.2.5.1.3. 正しい事をすること

4.2.5.1.4. かけ違ってないか判断

4.2.5.1.5. 現在は地図よりもコンパス

4.2.5.2. マネジメント

4.2.5.2.1. 第二の創造

4.2.5.2.2. 手段に集中

4.2.5.2.3. 物事を正しく行うこと

4.2.5.2.4. はしごを能率よく昇ること

4.2.5.3. 現代人

4.2.5.3.1. マネジメントに囚われすぎ

4.2.5.3.2. 価値観,目的が不明確

4.2.6. 人生の新しい脚本

4.2.6.1. 人間の特質

4.2.6.1.1. 想像力

4.2.6.1.2. 良心

4.2.6.2. 真の成功とは?

4.2.6.2.1. 物やお金を獲得

4.2.6.2.2. 自分自身に打ち勝ち,自制する力を持つこと

4.2.6.3. 目前の勝利 << 戦い全体の勝利

4.2.7. 個人的なミッションステートメント

4.2.7.1. 変わらざる中心

4.2.7.1.1. 変化に耐える力

4.2.7.1.2. 何を大切にしているか

4.2.8. 中心から変わる

4.2.8.1. 根源

4.2.8.1.1. 安定性

4.2.8.1.2. 方向性

4.2.8.1.3. 知恵

4.2.8.1.4. 力

4.2.9. 生活の中心におくもの

4.2.9.1. いろいろあるけれど...

4.2.10. あなたの生活の中心は何か

4.2.11. 原則中心の生活

4.2.11.1. 不変

4.2.11.2. バランスよくあらゆるものを見れる

4.2.11.3. 利点

4.2.11.3.1. 主体的な選択

4.2.11.3.2. 選択結果に対する自負

4.2.11.3.3. 選択そのものが人生の糧

4.2.11.3.4. 相互依存関係を強める

4.2.12. 個人的なミッションステートメントを書く

4.2.12.1. つくるよりも発見するもの

4.2.12.2. すべての人は人生に問われている

4.2.12.2.1. 自分の人生の責任を引き受けるしかない

4.2.12.3. 短期的には書けない

4.2.12.4. プロセスそのものも大事

4.2.12.5. 右脳を使おう

4.2.12.5.1. 1. 視野を広げる

4.2.12.5.2. 2. イメージ化と自己宣言

4.2.12.5.3. 各役割について書く

4.2.13. 家族のミッションステートメント

4.2.13.1. みんなでつくる

4.2.14. 組織のミッションステートメントの大きな力

4.2.14.1. 全員でつくる

4.2.14.1.1. 押しつけられたものではない

4.2.14.2. 参加なければ決意なし

4.2.15. 応用の提案

4.3. 重要事項を優先する

4.3.1. 自由意志の力

4.3.2. 時間管理の4つの世代

4.3.3. 生き方を変える第2の領域

4.3.4. ノーと言える喜び

4.3.5. 第2領域に入るためには

4.3.6. 新しい時間管理のツール

4.3.7. 時間管理への旅立ち

4.3.8. 原則に忠実、スケジュールに柔軟

4.3.9. 第4世代の進展

4.3.10. デレゲーションによりPとPCの双方を高める

4.3.11. 使いっ走りのデレゲーション

4.3.12. 完全なデレゲーション

4.3.13. 第2領域のパラダイム

4.3.14. 応用の提案