登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
残業学1 により Mind Map: 残業学1

1. 長時間労働是正は、経営のリスクを減らし、業績にインパクトをもたらすためにやる!

2. 働き方改革とは

2.1. 働く人を増やす取組み

2.1.1. なぜ

2.1.1.1. 少子高齢化が進む日本で誰が働きどのように社会を支えていくのか

2.1.2. どうやって

2.1.2.1. 働き方をより柔軟なものに変える

2.1.2.2. 長時間労働が当たり前の職場を無くす

2.1.3. 誰を

2.1.3.1. 高齢者も共働き夫婦も外国人も育児や介護、病気などによって制限のあるひとも

3. 現在のメディア

3.1. 木を見て森を見ず

3.1.1. 過労死、ブラック企業などスキャンダラスな事件を軸とした企業叩き

4. 残業武勇伝

4.1. 24H働けますか?

4.1.1. その疲れに・・・24H働くために・・・ リゲイン

4.2. 若いうちは買ってでもしろ

4.2.1. 毎晩タクシー帰り

4.2.2. 5日連続で缶詰状態

4.2.3. 夜中2時から飲み会

5. 残業のリスク(個人)

5.1. 【キャリアのマルチステージ化】 現代は、長期間働くには常に新しいことを学び続ける必要がある

5.1.1. 健康リスク

5.1.2. 学びのリスク

6. 残業リスク(企業)

6.1. 採用リスク

6.1.1. 外国人の日本の印象は長時間労働

6.2. 人材リスク

6.2.1. 残業が少なく自分の時間がもてる職場を希望する人が75%

6.3. イノベーションリスク

6.3.1. 労働投下量=かけた時間とは比例しない

6.3.2. イノベーションの本質は「新結合」 異なる領域にある様々な物事やサービスを 掛け合わせなければイノベーションは生まれない

7. 残業の歴史

7.1. 明治初期の工場労働が スタートした頃

7.1.1. 農業は日中だけ。ものが不足していた 時代は、働けば働くほど儲かる

7.1.1.1. 工場法成立 1911年

7.1.1.2. 残業文化が日本の高度経済成長を支えた

8. 日本はなぜ残業が多いのか

8.1. 時間の無限性

8.1.1. 法規制がない

8.2. 仕事の無限性

8.2.1. どこまでが誰の仕事なのか、の区切りがない

8.2.1.1. 諸外国

8.2.1.1.1. ジョブ型

8.2.1.1.2. メンバーシップ型

8.3. 内部労働市場

8.3.1. 組織内部の力で企業を成長させる。

8.3.1.1. 諸外国は外部労働市場

8.3.1.2. 景気が悪くなると残業を減らす。 いいときは残業を増やす。 残業が調整弁

9. 残業が多い職種

9.1. 1位 運送業

9.1.1. 2位 建設業

9.1.1.1. 3位 情報通信業

10. 超長時間労働によって幸福感が増す 残業麻痺

10.1. 80H残業している人は 1日平均4H残業している

10.1.1. 通勤、休憩を入れると 1日16H仕事の時間。

10.2. 45〜60Hは主観的幸福感は下がっているが、 80H以上は幸福感が高まる

10.3. エンゲージメントとは仕事に向かう活力ある、 行き来とした心理状態

10.4. 仕事が思い通りになっている、という自信の感覚

10.5. 仕事にグッと集中し、完全にのめり込んでいる、没入状態。 ゾーンに入っている状態。

10.6. 日本人は仕事が希望を判断する基準にする傾向がある。 仕事の中に何か「幸せ」を見出したいという価値観を 持っている人が多い

10.7. 幸福感が長時間労働によって生まれていてはいけない。 心身の健康を犠牲にしても仕事の手を止めず、依存症的に いつまでも働き続けることになってしまう

10.8. 定年という明確なゴールに向かって、一体感を持ってがむしゃらに目標に向かっていく 疑集性の高い組織において、出世見込みを感じながら自信を持っている人が「幸福感」 を抱きながら超長時間労働をしている。

10.9. 自分の成長のために残業していると感じる割合が、麻痺状態にない人と比べると4倍も多い

11. 残業しても見返りが約束されない時代

11.1. 従業員が会社に寄せる期待を「心理的契約」という。暗黙の了解で明文化されていない。

11.2. 最近は心理的契約が不履行になるケースが多い

12. 経験学習理論

12.1. 背伸びの原理

12.1.1. 背伸びの方法は、量を増やすことだけではない

12.1.1.1. 現在は、競争優位を作り出すイノベーション、 量ではなく質が求められる時代

12.2. 振り返りの原理

12.2.1. 長時間労働者は対応できない by 成長阻害要因

12.3. つながりの原理

12.3.1. 長時間労働者は対応できない by 成長阻害要因

12.4. 成長阻害要因

12.4.1. 上司からのフィードバックがない

12.4.2. 上司からの仕事の助言が十分でない

12.4.3. 同僚からの仕事の助言が十分でない

12.4.4. 仕事を振り返る機会がない

13. 量(時間)をこなせない人へのバイアス

13.1. 仕事ができない

13.2. 成長しない

13.3. 成長するきがない

13.4. 時間的な制限がありつつ働く人=量をこなせない人

13.5. バイアスかかっている人は夜残業する傾向にある

13.5.1. 日本はいつも顔が見える人を仲間として メンバーシップの共有や組織への忠誠心を重視

13.5.2. 頑張っている姿を人に見せることが出世に影響する

13.5.3. 誰もいない朝よりも、みんなが残っている夜の方が、 努力のアピールができる