A way to treating stenosis without surgery For patients of adhesive small bowel obstruction In or...

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
A way to treating stenosis without surgery For patients of adhesive small bowel obstruction In order to reduce the rate of surgery により Mind Map: A way to treating stenosis without surgery For patients of adhesive small bowel obstruction In order to reduce the rate of surgery

1. 腸をぶるぶる振るわせる

2. 機械工学

2.1. 狭窄部にステントを入れる。

2.2. 波の干渉による振動子の共振で振動を腹部から狭窄部に伝える.

2.3. 狭窄部を拡張する

2.4. 漏斗状の物を狭窄部に突っ込み、徐々に広げる

2.5. 狭窄前後を磁石でつなぐ

2.6. バルーンを開閉して蠕動運動みたいに進める

2.7. チューブの硬さを容易に調整できる

2.8. ガイドワイヤを細くして入れ込む

2.9. 嘔吐下痢症のような症状をあえて引き出して,消化管に頑張ってもらう

2.10. 耳からチューブを入れる

2.11. チューブ自体が蠕動してミミズの様に前に進む

2.12. ディスポーザブル内視鏡を使用する

2.13. チューブがトルク性を持って奥まで挿入される

2.14. 手元ハンドルで操作可能なガイドカテーテルを挿入し、ワイヤー、チューブを挿入する

2.15. 押し出す仕組みのチューブ、何回もプッシュできる

2.16. 尺取り虫の様な動きで進めるチューブ

2.17. ボタンを押すと回転して前に進むチューブ

2.18. カプセル内視鏡みたいに泳いでいく

2.19. 上からと下からアプローチしてドッキングする

2.20. 循環器のIABPみたいな、バルーンが膨らんだり凹んだりして蠕動を作ってみる

2.21. 上からと下からでくりぬく(トンネル工事のシールドマシンみたいな、直腸の自動吻合機みたいな)

3. 材料工学

3.1. ツルツルのデバイスを飲んで,消化管を滑り落ちるように狭窄部までいく

3.2. 内視鏡下で狭窄部にスプリングを入れる

3.3. 心房中隔デバイスの応用

3.4. 大容量吸着スポンジで狭窄部に到達して残渣やバクテリアを回収して炎症等を抑える

3.5. 手元で曲がりを操作できるチューブ

3.6. フレキシブルに操作でき、シャフトが硬いワイヤーを通して、それに沿って追従性のよいチューブをいれる

3.7. 癒着部位にステントを入れる

3.8. 癒着部位に針金を入れて押し広げる

3.9. 内視鏡を胃噴門部まで持ち込み、そこから操作可能なドレナージチューブを挿入する

3.10. 蠕動運動で既存よりもっと進めるチューブ

3.11. 上からと下からで(遠くからでも)引っ張って狭窄部をって引き延ばす

3.12. 上からか下からかESDの時みたいなOvertubeを入れる

3.13. ガイドワイヤーで到達する

3.14. Bioabsorbableステント挿入する

3.15. ステントが溶けて石灰化して開通したまま維持する

3.16. 狭窄部はワイヤーだけ通過し、狭窄部の少し離れたところから狭窄部周辺が屈曲しないように形を維持する(固定する部位はステント状だが、中心はワイヤーだけ 糸電話みたいな)

3.17. 粘膜下を通ってステント状のものを入れる

3.18. 苦しくなったらドレナージできるようにドレナージチューブを留置する

3.19. ステントを入れて石灰化させる

4. ロボット工学

4.1. カプセル内視鏡の様な物をチューブ先端に付けて自走で到達する

4.2. 芋虫型デバイスガイドワイヤ牽引デバイス

4.3. ゴキブリ型高速徘徊デバイス

4.4. 蛇型螺旋運動式デバイス

4.5. マウスで操作できるチューブ

4.6. 小型ロボットがチューブを狭窄部へ持ち込む

4.7. 外部から進ように振動を与える

4.8. リモコン駆動のチューブ

5. 電気工学

5.1. 電気を流して拡張させる

5.2. 外側から電磁波的刺激により筋収縮と弛緩を繰り返して,それらをまた複数の波の干渉で伝える.

5.3. チューブに磁気センサーを付けて体外から誘導する

5.4. 体内の局所的な狭窄部を冷却・加熱させて解消

5.5. 収縮する電気信号を常に後ろ側に出すような突起を作って,消化管に押してもらう波乗りみたいな先端部

5.6. レーザー照射で癒着解除

5.7. 上からと下から磁石を入れて壁に貼り付けて壁から刺す

5.8. リニアモーターカーみたいに磁力で浮かせて狭窄部位まで到達させる

5.9. 超音波で刺激して狭窄を解除する

6. バイオエンジニアリング

6.1. 狭窄部を解除できる食べ物

6.2. 狭窄部に特異性のある薬

7. その他

7.1. 癒着部位を引っ張ってはがす

7.2. エクササイズ系

7.3. イレウス解消エクササイズ

7.4. 癒着がとける液を腹腔にいれる

7.5. 狭窄部を冷やす?あたためる?

7.6. 狭窄部前後にバイパスを作る

7.7. 拡張物を投与(COとか何か)

7.8. 狭窄部に高浸透圧の液体を流す

7.9. 泡を体内に発生させて,それらで狭窄部をもみほぐす温泉型機器

7.10. 拡張薬剤を塗る

7.11. 腸をマッサージする

7.12. 狭窄部の血流を良くする

7.13. 体外から狭窄部へダイレクトにアクセスする

7.14. 消化管を蠕動させる

7.15. 口側の腸をたたんで、すごく短くする

7.16. 癒着部位に癒着を防ぐものを塗る、貼る

7.17. 癒着を防ぐ薬液を局所的に流しこむ

7.18. 非侵襲的に脱気できるテープを張る

7.19. 通路を広げる、屈曲を緩やかににする

7.20. 腹から突き刺す

7.21. 上からか下からか、手繰り寄せる

7.22. 逆に上から膨らませて疑似的に腸閉塞を作って狭窄部を同定する

7.23. 下からもガスで膨らませる

7.24. 一時的に腸を腹から刺してデバイスを挿入する

7.25. 壁に貼り付けて並びをよくしておく

7.26. 内視鏡を狭窄部付近に留置して、単孔式腹腔鏡のようなデバイスで狭窄解除のハイブリッド手術をする

7.27. 窄部の手前から狭窄部の後ろの腸管めがけて針をさして、腸をポキッと折り曲げて、吻合する(機能的端々吻合みたいな)(手前と後ろは逆でもいい)

7.28. 腸同士をある程度引き伸ばしておいて、大丈夫そうなところから腹壁から腸を刺して(胃瘻の船田式みたいな)、腸の狭窄を切開するかバイパスするか、デバイスを挿入するか

7.29. たくさん食べすぎないようにアラートを出して狭窄部で渋滞しないようにする

7.30. 狭窄部の手前でflowを調節できるようにする

7.31. 狭窄してきたら膨らむようにする

8. アラート

8.1. たくさん食べすぎないようにアラートを出して狭窄部で渋滞しないようにする

8.2. 狭窄してきたら早めに医者に教えてあげる