動画ライティングコンテンツ用マインドマップ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
動画ライティングコンテンツ用マインドマップ により Mind Map: 動画ライティングコンテンツ用マインドマップ

1. ショート動画ライティング

1.1. ショート動画の特徴

1.1.1. 飽きが非常に早い

1.1.2. 最初の2秒の重要性

1.1.3. トレンドの変化

1.1.4. フォロワーに依存しない闘い方

1.1.5. 各ショートの特徴

1.1.5.1. TikTok

1.1.5.1.1. 10〜20代の若い世代中心

1.1.5.1.2. 拡散性が異常

1.1.5.2. Instagram

1.1.5.2.1. 30代が最多(女性6割)

1.1.5.2.2. 動画を見るためのYT,TTと異なり、食事を探す,友達のストーリーを見るなど使用動機が異なる

1.1.5.3. YouTube shorts

1.1.5.3.1. 10〜40代と幅広い

1.1.5.3.2. 長尺の導線として使われるコンテンツが多い

1.2. 今回はショート動画の中心であるTikTokメイン

1.3. ショート動画台本において注意すべきこと

1.3.1. 最初の2秒

1.3.2. タイトルゲー

1.3.2.1. タイトル切り口集

1.3.2.1.1. 実は

1.3.2.1.2. あの

1.3.2.1.3. しないと後悔する

1.3.2.1.4. 知らないと損する

1.3.2.1.5. やばい

1.3.2.1.6. 意外と

1.3.2.1.7. 絶対にやってはいけない

1.3.2.1.8. あるある

1.3.2.1.9. 最強

1.3.2.1.10. 悪用厳禁

1.4. リサーチ

1.4.1. キーワード検索

1.4.1.1. バズっている動画を10個選択

1.4.1.1.1. タイトルの羅列と抽象化

1.4.1.1.2. 構成の抽象化

1.4.1.1.3. コメント欄の共感値が高いものをピック

1.5. プロット

1.6. 台本作成

1.6.1. よく使われてる動画構成フォーマット

2. セールス用動画ライティング

2.1. セールス用動画の特徴

2.2. セールス用動画台本において注意すべきこと

2.3. リサーチ

2.3.1. 切り口集

2.3.2. 具体的なリサーチ先

2.4. プロット

2.5. 台本作成

2.5.1. よく使われてる動画構成フォーマット

3. 広告用動画ライティング

3.1. 広告用動画の特徴

3.2. 広告用動画台本において注意すべきこと

3.3. リサーチ

3.3.1. 切り口集

3.3.2. 具体的なリサーチ先

3.4. プロット

3.5. 台本作成

3.5.1. よく使われてる動画構成フォーマット

4. 特典

4.1. 通常特典

4.1.1. 台本用リサーチテンプレシート

4.1.1.1. 埋めるだけで台本に必要なリサーチ情報がそろうテンプレート

4.1.2. 台本テンプレシート

4.1.2.1. 自分で書きやすく、外注化もしやすい台本用テンプレート

4.1.3. 台本チェックリスト

4.1.3.1. これだけで質の高い台本か確認できるチェックシート

4.2. 限定特典

4.2.1. 台本添削チケット5枚

4.2.1.1. 覚詩が台本を添削します(5回分)

5. 本講座について

5.1. 何を学べるか

5.1.1. 動画ライティング = 動画の台本

5.2. 学ぶことでどのようになれるか

5.3. 覚詩の自己紹介

5.3.1. 現状

5.3.1.1. 年齢

5.3.1.1.1. 22歳

5.3.1.2. 仕事

5.3.1.2.1. 株式会社FILLdrop

5.3.1.2.2. SNSマーケティング会社(合同出資)

5.3.1.2.3. アダルト系チャンネル保有

5.3.1.2.4. 就職

5.3.2. 過去

5.3.2.1. 偏差値32

5.3.2.2. 1年3ヶ月YouTube収益0円

6. 動画ライティングの流れと全体像

6.1. 動画ライティングの流れ

6.1.1. 動画制作には「リサーチ→企画→台本→撮影→編集→完成」の流れがある。その中の台本を動画ライティングとしている。

6.1.2. 「台本」の中は大きく「リサーチ→プロット→台本作成 →添削」に分かれる

6.1.3. これはどんなSNSの動画ライティングだろうと変わりません。

6.2. 動画ライティングの必要性と効果

6.2.1. 動画に「台本」は必須工程となっている。

6.2.1.1. 動画の飽和により質の高い動画しか見られない時代

6.2.1.2. 動画を使ったマーケティングが必須の時代

6.2.1.3. 今後ニーズが高くなる動画は「訴求力」のある動画。

6.2.2. 発信とセールスを掛け合わせた質の高い動画には綿密な台本が必須。

6.2.3. 実際の事例紹介

6.2.3.1. 投資系YouTubeチャンネル

6.2.3.1.1. 質の高い台本を使用した場合

6.2.3.1.2. 質の低い台本を使用した場合

6.2.3.2. コンテンツ販売

6.2.3.2.1. ローンチに動画を使用

6.2.3.2.2. ローンチに文章のみ使用

6.3. 動画ライティングの種類

6.3.1. YouTube動画

6.3.2. ショート動画

6.3.2.1. TikTok

6.3.2.2. YouTube shorts

6.3.2.3. Reels

6.3.3. セールス用動画

6.3.4. 広告用動画

7. 動画ライティングの共通基礎

7.1. 正しい日本語

7.1.1. 接続詞

7.1.1.1. 注意点

7.1.1.1.1. 正しく使用する

7.1.1.1.2. 適切な量を守る

7.1.1.2. 種類

7.1.1.2.1. その他

7.1.1.2.2. 言い換える

7.1.1.2.3. 逆説する

7.1.1.2.4. 対比する

7.1.1.2.5. 結論を導く

7.1.1.2.6. 添加する

7.1.1.2.7. 補足する

7.1.1.2.8. 選択を促す

7.1.2. 助詞

7.1.2.1. てにをは

7.1.2.1.1. 正しく使用する

7.1.3. 指示語

7.1.3.1. こそあど

7.1.3.1.1. 基本的に使用しない

7.2. 正しい自己添削

7.2.1. 一文は短く

7.2.1.1. できるだけ50文字以内に収める

7.2.2. 同じ文末表現を続けない

7.2.3. トンマナやレギュレーションを守る

7.2.4. 主語を省略しない

7.2.5. 一度書いた台本は音読する

8. 動画構成フォーマット

8.1. 大枠構造

8.1.1. PASONA

8.1.1.1. Problem

8.1.1.2. Agitation

8.1.1.3. Solution

8.1.1.4. Narrowing Down

8.1.1.5. Action

8.1.2. 新PASONA

8.1.2.1. Problem

8.1.2.2. Affinity

8.1.2.3. Solution

8.1.2.4. Offer

8.1.2.5. Narrowing Down

8.1.2.6. Action

8.1.3. IKPOLET

8.1.3.1. Interest

8.1.3.2. Knowledge

8.1.3.3. Purpose

8.1.3.4. Outline

8.1.3.5. Link

8.1.3.6. Embodiment, Example, Evidence

8.1.3.7. Transfer

8.1.4. AIDMA

8.1.4.1. Attention

8.1.4.2. Interest

8.1.4.3. Desire

8.1.4.4. Memory

8.1.4.5. Action

8.1.5. PASTOR

8.1.5.1. Person、Problem、Pain

8.1.5.2. Amplify、Aspiration

8.1.5.3. Story、Solution、System

8.1.5.4. Testimony、Transformation

8.1.5.5. Offer

8.1.5.6. Response

8.2. 中小枠構造

8.2.1. PREP

8.2.1.1. Point

8.2.1.2. Reason

8.2.1.3. Example

8.2.1.4. Point

9. 感情曲線

9.1. 成功型

9.2. 逆転型

9.3. 感動型

9.4. 悲劇型

9.5. 絶望型

9.6. お笑い型

10. 動画ライティングでよく使用される用語

10.1. コールドリーディング

10.1.1. バーナム効果

10.2. 禁止による抑圧

10.2.1. カリギュラ効果

10.3. CTA

10.3.1. 行動喚起

10.4. 実績

10.4.1. 権威性の法則

10.5. メリット

10.5.1. 機能的価値

10.6. デメリット

10.6.1. 機能的損害

10.6.1.1. 二面提示

10.7. ベネフィット

10.7.1. 顧客利益

10.7.1.1. FAB

10.8. 逆ベネフィット

10.8.1. 顧客損失

10.8.1.1. 損失回避の法則

10.9. 第三者の意見

10.9.1. ウィンザー効果

10.10. 限定感・特別感の演出

10.10.1. スノッブ効果

10.11. パーソナライズ

10.11.1. カクテルパーティー効果

10.12. 視聴維持率継続

10.12.1. 滑り台効果

11. 動画ライティングの基本的な流れ

11.1. リサーチ

11.1.1. ターゲット理解

11.1.1.1. なぜ必要

11.1.2. 商材理解

11.1.2.1. なぜ必要

11.2. プロット

11.2.1. なぜ必要

11.3. 台本作成

12. YouTube動画ライティング

12.1. 大前提:アドセンスメインとセールスメインのYouTubeは全く異なる

12.1.1. 今回はセールスメイン

12.2. YouTubeの特徴

12.2.1. できること

12.2.1.1. 集客 × 教育×(販売)

12.2.1.1.1. 今後shopifyとの連携によりYouTube内でセールスフローが完結(しそう)

12.2.2. 過処分時間を奪う最大のSNS

12.2.3. アルゴリズム

12.2.3.1. 非常に難解

12.2.3.2. 視聴者ニーズが満たされる長い動画が優遇

12.2.3.3. 明確なターゲット選定とニーズを満たす台本が必要

12.2.3.4. 評価は減点方式

12.2.4. 製作コスト

12.2.4.1. 高い

12.2.5. セールススタンス

12.2.5.1. エンタメの中のさりげない売り

12.2.5.1.1. ゴリゴリ売ると逃げられる

12.2.5.1.2. 大義名分とちょっとエゴ

12.3. YouTube特有のノウハウ

12.3.1. 台本は3つの目的に分ける

12.3.1.1. 新規向け

12.3.1.1.1. 前提知識をそろえる必要がある

12.3.1.1.2. 専門用語は使用しない

12.3.1.2. 新規準備

12.3.1.3. ファン向け

12.3.1.3.1. サンクコスト

12.3.1.3.2. 仮想敵の創造

12.3.2. ファン化

12.3.2.1. 善悪のないニッチな共感

12.3.2.2. ギャップ

12.3.2.2.1. 期待値の調整

12.3.2.2.2. ミステリアスの保有

12.3.2.2.3. 欠点

12.4. リサーチ

12.4.1. 切り口集

12.4.2. 具体的なリサーチ先

12.5. プロット

12.5.1. 独自で作成したYouTube用の型

12.5.1.1. 欲求→比較検討

12.5.1.1.1. +の限定的な機会

12.5.1.1.2. 現実の問題対峙(過去or現在)

12.5.1.1.3. 理想の未来

12.5.1.1.4. 解決方法の共有

12.5.1.1.5. リソース(時間やお金)投下の重要性

12.5.1.1.6. 再現性の担保

12.5.1.1.7. 選択肢の提案

12.5.1.1.8. 行動の訴求

12.5.2. その他よく使われてる動画構成フォーマット

12.5.2.1. IKPOLET

12.5.2.2. 新PASONA

12.5.2.3. PASTOR

12.6. 台本作成

12.6.1. 程よいオノマトペを使用

13. 裏話

13.1. 秘密の共有