ビジネスモデルプロデュース契約 提案書作成資料

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
ビジネスモデルプロデュース契約 提案書作成資料 by Mind Map: ビジネスモデルプロデュース契約 提案書作成資料

1. 9つの要素に分ける

1.1. ①ターゲットコピー 誰に対して?

1.1.1. いつも行動レベルまで落とし込めずに成果が出なくて悩んでいる方へ

1.2. ②キャッチコピー どんな未来を約束しますか?

1.2.1. 確実に形にしていき成果を出せるサポートを用意しています。

1.3. ③共感&教育

1.3.1. 共感&教育その1

1.3.1.1. こんな悩みを持ってますよね?

1.3.1.1.1. いつもその場ではやる気になっているが 自社に落とし込めずに悩んでいる

1.3.1.2. その悩みの原因は◯◯なんですよ (この人は分かってくれると思わせる)

1.3.1.2.1. 人間は意志の弱いイキモノなのです。

1.3.1.3. 解決方法はこうすれば良いんですよ

1.3.1.3.1. 強制的に行動しなければいけない環境を用意します。

1.3.2. 共感&教育その2

1.3.2.1. こんな悩みを持ってますよね?

1.3.2.1.1. 人のことはすごくわかるのに自分の事はわからない

1.3.2.2. その悩みの原因は◯◯なんですよ (この人は分かってくれると思わせる)

1.3.2.2.1. 95%以上の経営者が人の事はわかるが自分の事はわからないのです。

1.3.2.3. 解決方法はこうすれば良いんですよ

1.3.2.3.1. そのために客観的にビジネスを見続けるプロデューサーが存在します。

1.3.2.3.2. 感情移入せずにシンプルに仕組みだけを考え、経営者の頭の中身を仕組み化していきます。

1.3.3. 共感&教育その3

1.3.3.1. こんな悩みを持ってますよね?

1.3.3.1.1. 行動しようと決めたけど頼れるパートナーがいない

1.3.3.1.2. HPやチラシなども外注しても成果が出ない

1.3.3.2. その悩みの原因は◯◯なんですよ (この人は分かってくれると思わせる)

1.3.3.2.1. ビジネスの事をわかっていない制作会社や広告代理店が多すぎるのです。

1.3.3.3. 解決方法はこうすれば良いんですよ

1.3.3.3.1. ビジネスモデル構築プロデューサーの周りには 行動させることのできるHPやチラシを作る専門会社が一緒に運営していきます。

1.4. ⑤ボディコピー なぜこのような証拠を作ることができるのか? 誰もが納得する理由を説明

1.4.1. ③の事例型を書いた時になぜそんなに能力があるのかも解説する

1.4.2. ビジネスモデル構築プロデュースの組織に入っている

1.4.2.1. 専門家に相談できる

1.4.2.2. 池田の

1.4.2.3. 事例や情報が増え続けているので 参考事例がある

1.4.2.4. 新しいノート

1.4.3. 数多くのビジネスモデルを見てきている、現在もそれは増え続けている

1.4.4. 創始者の池田美清に直接質問することでより明確に形にできる

1.5. ⑥オファー 商品説明(商品の詳細・内容)

1.5.1. 経営者・社員・関係者全員で一つの目標に向かって突き進んでいきます!

1.5.2. そのためにプロデューサーができる事

1.5.2.1. 1、ビジネスモデルを全員で完成させる

1.5.2.1.1. 毎月1回の会議で欠けているところ 気がついたところを埋めていく

1.5.2.1.2. わからない部分や気が付かない部分が 他のプロデューサーや專門家に聞いてアドバイスをもらってくる

1.5.2.2. 2,アクションプランを作る

1.5.2.2.1. 現実的にできる範囲で無理のないアクションプランを作る

1.5.2.3. 3,行動するしかない環境を作る

1.5.2.3.1. 毎週、実践報告をしてもらう

1.5.2.3.2. 社員→経営者にむけて

1.5.2.3.3. 経営者→プロデューサーに向けて

1.5.2.3.4. 報告書の内容

1.5.2.4. 4,成果が出るまで行動し続ける

1.5.2.5. 5,成果が出たら次の目標を立てて行動し続ける

1.6. ⑦リスク対策 断る理由を無くす Q&Aなども有効

1.6.1. 来て欲しくない人・理由も書きだす

1.6.2. こういう人は契約することができません

1.6.2.1. 行動しない人

1.6.2.2. 既存客にアンケートやヒアリングできない人

1.6.3. 契約はお互い無理のない範囲で契約を行います

1.6.3.1. 固定費

1.6.3.1.1. 覚悟の金額です

1.6.3.1.2. こちらも経営者と話し合って作業量も考慮して決めてください

1.6.3.1.3. 平均

1.6.3.2. 成果報酬

1.6.3.2.1. 支払っても無理のない範囲で設定してください

1.6.3.2.2. 企業としても無理がなく、プロデューサーもモチベーションが上がるレベルを打ち合わせで決めていきます。

1.6.3.2.3. 平均

1.6.4. 契約後は

1.6.4.1. 毎月のスカイプ会議の日程決定

1.6.4.2. チャットワークを

1.7. ⑧行動喚起 最初の行動を促す

1.7.1. 契約をする場合は以下のフォームの部分に記入してください。

1.7.1.1. 会社名

1.7.1.2. 役職

1.7.1.3. 名前

1.7.1.4. 電話

1.7.1.5. FAX

1.7.1.6. 住所

1.7.2. その後、契約書を巻いてください

1.8. ⑨お問い合せ

2. ビジネスモデル上の目的を明確にする

2.1. ワーク→個別相談の後