髙谷元悠の分析

Solve your problems or get new ideas with basic brainstorming

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
髙谷元悠の分析 by Mind Map: 髙谷元悠の分析

1. Goals

1.1. 感覚を刺激する

2. Plan

2.1. Rules

2.1.1. 道徳には反しない

2.1.2. 根拠に合理性がある

2.1.3. できるかできないかの判断は必要

2.1.4. 道筋を必ず置く

2.1.5. 必要なことであればやる前提の思考を動かす

2.2. Capture Ideas

2.2.1. ネットから情報を収集し、問題から回答を想起する

2.2.2. 人との話の中で答えを探す

2.2.3. 日々の何気ない習慣の中で答えを見つける

2.2.4. 思いついたことをバンクしていき、思いつき同士を組み合わせてシナジる。

2.3. Prioritize Ideas

2.3.1. そのアイデアが、社会とかいう枠の中で変化を巻き起こすこと

2.3.2. そのアイデアの実現までの過程が創造的であること

2.3.3. そのアイデアが社会とかいう枠組みから承認を受けること

3. Problem

3.1. お金がそんなにない

3.1.1. 感覚を刺激する行動にはお金がひつおような場合があるが、そこまでお金がないので制約条件になっている

3.2. スキルがまだ足りない

3.2.1. やりたいことにはスキルが必要な場合が多いが、スキルがなくできないことが多くあり制約条件になっている

3.3. 経験が足りない

3.3.1. 経験がないと発想がなかったり、信頼がなかったりで機会が生まれないことがあり制約条件になってしまう可能性あり

3.4. 人脈が足りない

3.4.1. 人との関わり自体が感覚刺激であるが、それが少ない。加えて人との関わりの中で機械はもたらされることが多いが少ないと機会wp失う可能性あり

4. Ideas

4.1. 自分リソース

4.1.1. 会計・財務・ファイナンス

4.1.2. IT、WEB、SNS、SEO、クラウド

4.2. 外部リソース

4.2.1. 教育

4.2.2. 資金

4.2.3. 商品

5. Prioritize Ideas

5.1. Define Action Points

5.1.1. そこに制約条件を打破するリターンがあり、時間もそこまでかからないこと

5.1.2. 感覚的に刺激を受ける機会がそこにあること

5.1.3. 変革的で、面白くて、物理的に可能なこと

5.1.4. 合理性があって、時間軸ベースで道筋が立てられていること