全体のペースについてくれない 生徒のサポート

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
全体のペースについてくれない 生徒のサポート by Mind Map: 全体のペースについてくれない 生徒のサポート

1. 生徒の種類

1.1. 意識が高い

1.1.1. 目的・目標

1.1.1.1. 学びが終わり次第、貢献する

1.1.2. 講師・コンテンツと強い信頼関係がある

1.2. 意識が低い

1.2.1. 悩みが複雑

1.2.2. 講師・コンテンツのレベルが低い

1.2.2.1. コンテンツ力

1.2.2.2. 準備不足

1.2.2.3. チームがいまいち

2. おちこぼれた生徒の特徴

2.1. 全体のペースに付いていけないと認識している

2.1.1. 焦り

2.1.2. 自信喪失

2.2. ニーズ

2.2.1. 顕在ニーズ

2.2.1.1. 個別でサポートして欲しい

2.2.1.2. 逃げ出したい

2.2.2. 無意識のニーズ

2.2.2.1. 恥をかきたくない

2.2.2.2. 自信を取り戻したい

2.2.2.3. できるようになりたい

3. サポートの成否

3.1. 成功

3.1.1. 講師・生徒間の信頼関係構築

3.1.2. 現状できていることを伝える

3.1.2.1. 自信をキープする

3.1.3. 何が課題と認識しているか生徒に確認する

3.2. 失敗

3.2.1. 前置きなく、何ができていないかダメ出しをする

3.2.1.1. 講師の思考

3.2.1.1.1. 怒り

3.2.2. 生徒の思考

3.2.2.1. 益々自信喪失

3.2.2.1.1. 講師への怒り

3.2.2.1.2. 講師への不信

3.2.2.2. 理解されていない

3.2.2.2.1. 混乱

3.2.2.2.2. 後悔

3.2.2.2.3. 怒り

3.2.3. アドバイスする

3.2.3.1. 信頼関係が崩れているので、空回りする

3.3. 失敗パターンを避けるには?

3.3.1. 教える力を学ぶ

3.3.1.1. 承認のレベル

3.3.1.1.1. 生徒の現状に共感

3.3.1.1.2. 生徒のゴールに共感

3.3.1.2. 人は学びたいと思ったことしか学べない

3.3.1.3. 学びたくさせる力

3.3.1.3.1. 今学びたい

3.3.1.3.2. この先生から学びたい

3.3.1.3.3. こうなりたい!

3.3.1.4. 状態管理

3.3.1.4.1. 自分の状態管理

3.3.1.4.2. 生徒の状態管理

3.3.2. 周りのスタッフがフォローする

3.3.2.1. 責任者

3.3.2.2. 相性の良い講師が担当を変わる

3.3.3. どこまで自分(先生)が導けるかゴール設定に柔軟性を持たせる

3.3.3.1. ゴール設定を押し付けない

3.3.4. 生徒の現在の状態を知る

3.3.4.1. 状態

3.3.4.1.1. 落ち込んでいる

3.3.4.1.2. 集中できていない

3.3.4.1.3. 勇気が出ている

3.3.4.1.4. 喜びを感じている

3.3.4.2. 質問したい

3.3.4.3. チェックして欲しい

3.3.4.4. 説明を聞きたい