八月特別事業 <川見>

Plan your projects and define important tasks and actions

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
八月特別事業 <川見> により Mind Map: 八月特別事業 <川見>

1. 飲食店

1.1. ウィンウィンになれる仕組みづくり

1.1.1. 事業としては、ココしか稼げるところがない

1.2. 外国人でも食せる食材

1.2.1. ハラル

1.2.2. 焼鳥

1.3. 札幌に特化した食材や提供品のテーマを作っては

2. ライトアップ事業

2.1. 札幌市中央土木センター

2.2. 池下電設

2.3. 北海道警察

2.4. 消防署

2.5. 札幌市夜景ナビゲーター MICE推進部

2.6. 日本新三大夜景都市

2.6.1. 2018年が更新のタイミング

2.6.2. 長崎市、札幌市、神戸市、函館市の順

2.6.3. 夜景観光コンベンション・ビューロー

2.7. 日本三大イルミネーション

2.7.1. 夜景観光コンベンション・ビューロー

2.8. 幌平橋のライトアップ

2.8.1. 川のライトアップ レーザー光線やプロジェクションマッピング

2.8.1.1. 来場者にも参加してもらう ケータイのライトを点灯させて、演出

2.9. 河川敷内でのライトアップ 光のトンネル等

3. 河川敷を利用した事業

3.1. 札幌河川事務所

3.1.1. ミズベリング

3.2. 札幌市みどりの管理課

3.3. 札幌市緑化協会

3.3.1. さけ科学館

3.4. 地区センター・町内会

3.4.1. テント等の物品の提供を求める

4. 地域間連携・他団体連携

4.1. 開催時期のすり合わせ

4.1.1. 札幌JC(8月18日~19日)

4.2. 一次広報の連携

4.2.1. 札幌JC審議通過予定(5月下旬)

4.3. YEG

4.3.1. ライトアップ事業で一致

4.4. 千歳JC

4.4.1. 河川の利用促進で一致

4.4.2. ジャズで雰囲気を演出している

4.5. 人的交流

4.5.1. 他団体の事業に対してマンパワーを出し合う

5. 多世代協働のまちづくり

5.1. 超高齢社会におけるまちづくり

5.1.1. 人生100年時代

5.1.2. 健康年齢の引き上げ

5.1.2.1. 社会保障費の減額

5.2. 幼稚園、小学校、中学校、高校、高齢者施設

5.3. 市民ボランティアの依頼

5.4. 防災

5.4.1. 河川氾濫時の防災対策

5.4.2. 消防や自衛隊による防災訓練

5.4.2.1. それぞれの演奏隊にも依頼できないか

5.5. 福祉

5.5.1. スペシャルオリンピックス

5.5.2. チャリティーラン

5.5.3. パラリンピック

5.6. 女性の役割

5.6.1. 札幌市は53%が女性 全国平均は51%

6. 政動社変のまちづくり

6.1. 札幌市

6.1.1. 札幌市の構造

6.1.1.1. 協力を得やすい課の選定

6.1.2. 札幌市議会のスケジュール

6.1.3. 札幌市交付金

6.2. 北海道

6.2.1. 北海道の構造

6.2.1.1. 協力を得やすい課の選定

6.2.2. 北海道議会のスケジュール

6.2.3. 北海道交付金

6.3. 政策提言

6.3.1. 当該年度に提言し、法案を通すにはどのようのことが必要なのか

6.3.2. 署名の力は絶大だが、196万都市では、どの程度の数字が求められるのか

7. 資金調達

7.1. クラウドファンディング

7.1.1. 寄付型と成果報酬型の併用を検討

7.1.2. 複数サイトを同時進行で利用してもよいか確認

7.1.3. ライトアップ事業での募集が集めやすいのではないか

7.2. 協賛金

7.2.1. メンバー企業からの徴収をやめる(会費の二重徴収と同義である)

7.2.2. どの程度協賛者にメリットがでるのかを検討

7.2.3. 協賛者集めの仕組みづくり

7.3. 交付金

7.3.1. 地域づくり総合交付金(北海道)

7.3.2. その他交付金についての調査研究

7.3.2.1. 日本財団

7.3.2.2. まちづくり地球市民財団

8. 幌平橋周辺

8.1. 中央区

8.1.1. 豊水地区

8.1.1.1. 豊水小学校がなくなったことにより地域からPTAがなくなった

8.1.1.2. 住宅地域と商業地域がハッキリ分かれている

8.1.2. 山鼻地区

8.1.2.1. 住民は多い

8.2. 豊平区

8.2.1. 中の島地区

8.2.1.1. 高齢化が著しい

8.2.2. 平岸地区

8.2.2.1. 商店街が地区をリードしている

9. 広報

9.1. メディアへの露出

9.2. 観光協会とのタイアップ

9.3. YEJ、千歳JCとのタイアップ

9.4. 近隣住民への周知

9.4.1. 道新デリバティブの利用

9.4.2. 町内会や地区センターを利用した周知 回覧等

9.5. ふりっぱーやエコチルの個人や家庭へ届きやすい媒体の利用

9.6. じゃらん等の媒体に取り上げてもらえないか

10. 新たなひとの流れを生み出す事業

10.1. 観光的な視点から、 観光客(外人を含む)を豊平川へ導く

10.1.1. アジア圏の来道者のニーズを 把握する必要がある

10.2. 地域間のひとの流れを生み出す

10.2.1. 河川が区や地区の境目となっている

10.2.1.1. 河川を交流する憩いの場とすることで、 地域を越えた交流がもたらされる

11. 特区申請

11.1. 申請は地方自治体が行うため、自治体に大きなメリットを生むものでなければならない

12. 北海道命名150年

12.1. 川見と関連付けできないか

12.1.1. 自然

12.1.2. 文化

12.1.3. スポーツ

12.1.4. ゆるキャラ

12.1.5. アイヌ

13. 日本テレビ24時間テレビとのタイアップ