大木の土台

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
大木の土台 により Mind Map: 大木の土台

1. テーマ

1.1. 年間10億円を稼ぐオンライン広告代理店を作る

1.1.1. 合計で100億円いくくらいコピーを書いて稼いだ

1.1.2. 14年間学んだことを全部このA級レベルではなす

2. 5つのフォーカス

2.1. あなた

2.2. お客さん

2.3. コピーライティング

2.4. チーム

2.5. システム

2.6. 多くの人はどこかに偏っている

2.7. A級レベルでは5つのことをバランスよく融合して話していく

2.7.1. ズームインした日々の日常に落とし込んだ習慣の話

2.7.2. ズームアウトした使命、方向性の話

3. 成功の秘訣

3.1. 成功できる人と成功できない人の違いは行動力

3.1.1. 何か新しい情報を聞いた瞬間からそれを実際にアクションとして行動するまでの時間

3.1.2. 行動力が一番凄い人は聞いて1秒後にやる人

3.1.3. さらに定義に追加:利にかなってると分かったら継続できるか

3.1.4. 慎重に考えプランを立てすぎると前に進まない

3.2. 9割の人はいつまでも成功できない、10%しか成功できない

4. 理解

4.1. 理解というスキルで5つの要素を統合できる=成功できる

4.2. 人間は自分だけではなく他人を理解する特殊能力がある

4.3. ビジネスの問題、ほぼ5つのフォーカスポイントで何かが理解できてない

5. 居心地の悪い場所

5.1. あなたを居心地の悪い場所に押し出すことが仙人さんの仕事

5.2. 成功するためには居心地の悪い場所にいくことを受け入れる

5.3. 居心地の悪い場所で進化、成長、成功できる

5.4. 偉業を成し遂げた人は居心地の悪い場所を乗り越える

6. 運

6.1. 成功する人と成功しない人の違いは幸運に気付けるか

6.1.1. 幸運に気づいて手放さずに100%行かせるかが鍵

6.1.2. 努力は10%、成功の9割は「運」による

6.1.3. 道は平等に与えられている

7. ポテンシャル

7.1. これからはポテンシャルを開花するビジネスモデル

7.1.1. VR、ドローン、医療に着目

7.2. 世の中は可能性に満ち溢れている

7.2.1. 才能が開花されていく土壌ができている

7.3. 今までのビジネスモデルは問題解決が型

7.3.1. 例:病気だから治してもらう

8. 土台

8.1. 成功をブロックするシステムが本能的に刻み込まれている

8.1.1. 成功者はまともではない、成功のコツは本能の逆を楽しむこと

8.1.2. 感情、直感、感覚、思考、全ての面で自動的に失敗するようになっている

8.1.3. 意識的にブロックを外さないと成功できない

8.2. 成功に到達するまでの道がある

8.2.1. 7割の人がたどり着けないのは成功の道が意外な道、茨の道、本能の逆だから

8.2.2. 自動的に意外な道、茨の道、本能の逆を行けば成功する

8.3. 全ての成功の秘訣は「土台」にある。表層には見えない部分

8.3.1. A級レベルの7割は大木になるための根っこを話す

9. 価値そして利益

9.1. 全ての価値、利益は土台から発生する

9.2. ビジネスを行っていく上で全ての土台の1つになる概念

9.3. 不換紙幣は本当の価値、利益ではない

9.3.1. 本当の価値は五感で認識できないもの

9.3.1.1. 例:レターを読まずにA級レベルに参加してくれたお客さんの価値観

9.3.2. 愛情と同じように目に見えないが確かにある

10. 成功の邪魔

10.1. 成功の邪魔は2つある

10.1.1. 感情の予測

10.1.1.1. 多くの人は感情を予測して失敗する

10.1.1.1.1. 感情は予測できない、TPOで変わる

10.1.1.2. 仙人さんはいつも嫌な気持ちがするときに成功してきた

10.1.1.2.1. 例:学校やめて、みんなに反対、非難された

10.1.2. 正当化

10.1.2.1. 成功のパターンは「成功直前が一番辛い」ことをしる

10.1.2.1.1. 辛いときに正当化して諦めるから失敗する

10.1.2.1.2. これを認識し、正当化しない、潔く負けを認め次に進む

11. マルチタスク

11.1. 自分にとっての才能、休養に気づく必要がある

11.1.1. 仕事は理解と才能に気づく

11.1.2. 休養も人それぞれ違うので自分にとっての休養を探す

11.2. マルチタスクで成功できない

11.3. ビジネスマンのアクティビティは2つに分離できる

11.3.1. (1)自分の才能を使って価値を提供する時間

11.3.2. (2)完全にリラックスして休養する時間

11.3.2.1. 中途半端な仕事、休憩を取らない

11.4. 自分がやっていることを書き出して5%に絞って繰り返しやる

11.4.1. 成功のための無意識に毎日自動的にシングルフォーカスする

11.4.2. 無駄のない1日の「システム」を作る必要がある

12. 最大のミステイク

12.1. うまくいくことを続けないこと

12.1.1. 多くの人は運が良くてうまく行き始めた際に手放して新しいことにチャレンジする

12.1.2. 幸運に気が付いてそこから全てを絞り出す

13. 宿題

13.1. J.Clubに参加する

13.2. 5%フォーカスで1日のスケジュールを組む

13.3. 書き出した中で特に重要な5%に絞る

13.4. 朝起きてから寝るまでにやることを全部書き出して「才能を発揮ししている時間」と「休養を取ろうとしている時間」に分離する

14. 創造、そして発見のバランスをとる

14.1. 多くの人はどちらかに偏っている

14.2. 計画は変わる「計画50%発見50%」のバランスをとる