金曜ウダーナ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
金曜ウダーナ により Mind Map: 金曜ウダーナ

1. 金曜夜およそ8時から web会議室ZOOM お問い合わせください

1.1. 当日までこのマップは 変化し編集されていきます

2. 1.カルマの概観   2018年5月18日

2.1. 人は忘れる生き物

2.1.1. 今後、重複する話は、強調項目

2.2. 「カルマ」と聞いてどう言う印象を持ちますか?

2.3. 仏教の中のおかしなズレ方の話すこし

2.4. クリシュナムルティの話(生い立ち、その後)

2.5. 持続的に思うことの本質性と大事さの話すこし

2.5.1. 生態系のような神道

2.6. 悪因悪菓は本当は間違い(+カースト制の話?)

2.6.1. カルマはイデアにちかい

2.6.2. すべてを超えようとした釈尊

3. 2.オプティマイズド・カルマ    2018年5月25日

3.1. 生まれ変わり、「空」

3.2. 経典群の中の般若心経

3.3. 三法印(仏教と仏教以外をハッキリと分ける指標)

3.4. カルマ論で最も筋の通る世界観(私論)

4. 前2回の復習+ブレインダンプ 2018年7月6日

4.1. 頭の中の風景

4.2. 潜在意識、雑念、カルマ、業想念などなど

4.3. 潜在意識とのかかわり、古代の人々

4.4. 仏教の方向性と意識の調整

5. 神道風景

5.1. 神道の原型・原像

5.1.1. 古代の形

5.2. 他の宗教との特徴的な違い

5.2.1. 信仰と宗教

5.3. 古事記と古史古伝

5.4. 古神道クラスターの危うさ

6. 5.修行者や求道者の前にあるワナ 2018年6月15日

6.1. 古来から言われている事

6.1.1. 魔境

6.1.2. 大乗起信論

6.1.2.1. 若干の解説

6.1.2.2. 修行の注意点から抜粋

6.1.3. 禅語で言われている事

6.2. 心理学的な話は別日別項に移動させました

7. 神道と生活、人生

8. 言霊の話

8.1. 世の言霊解釈、言霊理解の偏狭さや間違い

8.1.1. 魂が宿ることの意味

8.1.2. こと挙げの重要性

8.2. 間違った言霊理解の数々

8.2.1. 言霊は意味論でも訓詁学でもない

8.2.2. 言霊は呪文ではない

8.3. 音や言葉や呪文を超えた言霊について

8.3.1. ムスビ

8.3.2. タカアマハラ

8.3.3. 祝詞、ミコト、ことあげ

9. 3.仏教の全体像1 2018年6月1日

9.1. 釈迦の生涯

9.1.1. GoogleEarthでたどる釈迦の人生

9.2. 仏教の伝道

9.2.1. GoogleEarthでたどる仏教の伝播

9.2.1.1. 長安という都市の重要性

9.2.1.2. 三蔵法師(西遊記)

9.3. 歴史の変遷と、伝承の経路、偉人の出現

9.3.1. 人によって思想が発展した

9.3.2. 人物の推し進めた思想と、その後

10. 【今回と次回】 波動のはなし 2018年7月20日

10.1. 霊的・精神的な波動の理解のための基礎

10.2. 事実上、「波動」は単なるレッテルになり果てている

10.3. 波動の特徴を理解し、それによって波動現象を把握する

10.4. 様々な波動性現象や状況の理解の深化への道

10.5. 西洋神秘主義の源泉からの示唆

11. デプス理論:概論

11.1. 心理的傾向、精神世界的幻影、修行修養過程、 信仰の展望、成功哲学とその誤謬、人生と日々の習慣、 時間論と性格などの特徴、言語と世界観の関係、 などを統一して論じられるフィールドとして 検討している「デプス論」の概論

11.2. 予備知識があっても膨大な話になるので、 話というより3Dグラフィックスで 例示することになる、はず。 3DCGでなければ理解してもらえない俯瞰像

12. 世界宗教概論

12.1. 異質な変容と巨大化

12.1.1. 大衆化

12.1.2. 顕教と密教(エゾテリズム)

13. 大規模3DCGモデル 比叡山850m、8km 御所700m1300m

14. 保留、据え置き

14.1. 思考と認識

14.1.1. 注目すべき哲学者、幾人か

14.1.2. 思想の出現による世界の変容

14.1.2.1. 世界の見え方

14.1.2.2. パラダイムシフト

14.2. 時間論

14.2.1. 時間の構造

14.2.1.1. 過去、現在、未来

14.2.1.2. 直線と円環、周期

14.2.1.3. 現在、永遠、瞬間

14.2.2. 精神と時間

14.2.2.1. 流行のチクセントミハイ論

14.2.2.2. 人間の時間意識

14.2.2.3. 脳と時間

14.2.2.3.1. かすめ取られる自我

14.2.2.3.2. 習慣化と人生

14.3. 西洋神秘主義の源流

14.3.1. ピタゴラス学派

14.3.2. キバリオン

14.3.2.1. カバラ・ユダヤ

14.3.3. ヘブライとヘレニズムの混成によるキリスト教

14.4. 映画の話

14.4.1. 特に注目すべきSF映画いくつか

14.4.2. そこから得られる世界像や認識

14.5. その他の取りやめ項目

14.5.1. 論理や思考の原理原則と限界

14.5.1.1. 思考の三つの原理

14.5.1.2. 古典論理学からの新しい展開

15. タカアマハラの話

16. むこう側とこちら側

17. 4.仏教全体像2、(偉人達と思想) 2018年6月8日

17.1. 多様化した仏教

17.1.1. 歴史を振り返って(GoogleEarth)

17.1.2. 仏教であることの証【復習】三宝印

17.2. 日本の各宗派の考え方

17.2.1. 時代や状況、宗祖の考えで方向づけられる

17.2.2. 天台智顗の功罪

17.2.3. 日本仏教を宗派ごとの読経経文から解析する

18. 読経、真言、祝詞のはなし 2018年7月13日

18.1. 声

18.1.1. 心理学、脳科学の側面

18.2. 読経と念仏

18.3. 空海:声字実相義

18.4. 祝詞の立ち位置

19. 6.「科学的」について 2018年6月22日

19.1. 叡智・理知・知恵、真理・法則

19.2. 客観はあり得るのか

19.2.1. 感覚、認識、理解

19.2.2. 神の視座

19.3. 「科学的」って、どういうこと

19.3.1. 「条件」という環境

19.3.2. データの解釈:結果や結論だけでは 信じるに値しない

19.3.2.1. 科学的知見の見方、解釈、判断

19.3.2.1.1. 確率変動と正規分布

19.3.2.2. 統計

19.3.2.3. 相関性

19.3.3. 「科学的」と言いはばからない愚かな言説(~法則)

19.3.3.1. 「法則」と言う権威的修飾語

20. 7.心理学、認識、世界観 2018年6月29日

20.1. 心理学からの多くの示唆

20.1.1. 認知の歪み

20.1.2. 様々な防衛規制

20.1.3. 求道や人生の障害となる種々の心理的屈折

20.2. 認識論からの示唆

20.2.1. シンクロニシティとコンステレーション

20.2.2. バタフライ効果

20.2.3. J.J.ギブソン

20.2.4. ユクスキュル

21. 取りやめた内容:移動