登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
20180218 により Mind Map: 20180218

1. 仕組み面

1.1. フォロー体制?

1.1.1. 牧/佐藤 ヤンボーからの毎日のフォロー等、想定し始めたものの、 実質1対1でありサポートが薄いと感じており孤独な戦いのようで不安

1.1.2. 事前にしっかりした説明がなかった。 そのため対応方法がわからず、手探りで孤独・不安/不信感

1.2. 国境の壁?

1.2.1. 中国側の会話が最低限に徹していて、コミュニケーション問題を 解消できるのかが不安。この言語の壁を越えてまで仕事をやっていけるイメージがわかない。意思疎通に不安

1.2.2. 中国の方を日本からコントロールしていくことに対して、日本人の常識が通用しないのでストレスや不安

1.3. 物販の戦略?

1.3.1. 物販の方向性が定まらない中で雇用し、どの仕事をどう計画するか等が まだ手探りなのに、自分から仕事を作って委託をして行かなければいけないことに不安

1.4. 発想転換?

1.4.1. 直感としてザオトンをこのまま苦労して不安を継続させることよりも、 別の方法として日本人の外注にシフトするほうが現実と思い始め、方向転換が視野に入り始めた

2. 資金面

2.1. メインの売上→キャッシュ状況が伸びないなどにより、資金減少に関して感度が高まっている。 見えない人材投資に固定費をかけて行って、この先大丈夫なのかアドバイスもなく不安

2.2. 家庭内で家計全体として資金繰り、計画などが影響しており、 マインドとしてチャレンジできる資金状況にはなくなった

2.3. 資金は計画的に準備できているものの、2か月取り組んでみて、 思うように迅速に物事が進まないことによりマインドが覚めてしまった等。 長期目線で投資効果を図っていくスタイルは厳しいという考えに行きついている等

3. ザオトン プランに 不安 (想定項目)

4. 佐藤 意見

4.1. 仕組み面に 主因がある場合

4.1.1. 課題を共有し、不安が解消されるかを期限を決めて取り組む

4.1.2. パートナーさんのダメな部分を逐一運営側でチェック/改善指示(期間限定で)

4.1.3. 孤立しないよう、定期的Zoomなどで手厚くサポートする (6か月間は定例ミーティングを個別およびグループでどちらも開催と動画録画をお約束するなど)

4.1.4. 他人の方法や課題部分をメンバー内でも共有してもらい 自分だけが悩んでいるのではない、と実感いただき不安を取り除く

4.1.5. 物販戦略について、事例を交えて具体的にシェア、アドバイス

4.1.6. 佐藤方式を目指す場合、 ヤフオクやYahooショッピングなど段階的に、仕組み面の参加にモニターテストで参加してもらう =佐藤が無償サポートし多モール(最低でもヤフオク、ラクマ Yahooショッピング)を計画的に展開開始。 出荷等の対応作業が増える部分をスタッフで雇用する価値が著しく上昇するという点を説明し、投資計画、理由として認識していただく

4.2. 戦略面の不透明感 に主因がある場合

4.2.1. 雑貨で稼ぎたい=どんな商材ならイケる、という商材グループを10種に絞り、 敵が簡単に参入できないニッチ商品だけに集中(選定の判断にも10種限定で関与) →月商100増加にあたって、1種あたり20SKU(バリなし)20種=200SKUが必須と位置づける。 このSKU投入を達成させるためのマンパワーとし、パートナーが不可欠である部分を強調

4.2.2. 佐藤方式(多SKU)でいくなら、牧さんを CCポジションと位置付け、雑貨選別の相談などに 佐藤からも積極的に(期限を決めて、半年間などで) まず関与していく

4.2.2.1. 1名限定なので協力は可能

4.2.2.2. 仕組みの提供はあくまでモニター (お金はいただかないが、やってみるまで 詳細は見えない点を了承いただける前提)

4.2.2.3. ずっと先までケアできない(独り立ちいただくプランである)点は協調必要

4.3. 資金やコスト部分 に主因がある?

4.3.1. 具体的な資金状況や計画、課題を把握、整理いただくことで、 (融資の可能性有無も含め)人材投資を継続か、終了かの判断が必要

4.3.2. バングラでは39000円でそこそこ うまく行き初めていた。 →なぜザオトンでは倍額なのに同様以下の仕事 しかまだ進まないのという焦り?  コストの負担心理が高く、損した感じが強くなっている。

4.3.2.1. 最終選択としては、バングラの新人を紹介する方向は可能 (ただし在宅勤務者でしかも未経験からになり 制御がもっと難しくなる。給料が安いから、という理由だけではお勧めできない) むしろ中国パートナーが軌道にのってからの”補完傭員”としてバングラを計画に入れるのが理想

4.3.2.2. そうは言っても、経費がどうしても、という環境なのであれば、ダメ元了承の上での、紹介雇用はできる。 13000タカ=18000円/月(13か月目以降は15%昇給保証必要)

4.3.3. 資金に大きな懸念があるというわけではないが、コストパフォーマンス を得るに至らないのでは?という発想になっている場合→ 考え方はそれぞれあって良いと思う。大切なのは自分の直感を信じて自分で決断すること。 まだ時期早々だったという柴田さんしかり。  今できることが他にも山済みにあり、それが人材活用と並行すると限界に達してしまうなら、 ベストなタイミングが今ではなかった、ということも当然あるから。

4.4. 提示できるアクション/方針

4.4.1. 牧さん↔高澤さんにて情報/方向性がおおむね見えてきたら、牧さん→佐藤にて対応する 役割・範囲を再度決定したのち、佐藤もフォローに加わらせていただく等 を実施か

4.4.2. 期限を3/25等により明確に定めたうえで、新しい人材のリトライに納得いただき1か月間にて諸問題の改善を目指す 等