ネットショップ集客

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
ネットショップ集客 により Mind Map: ネットショップ集客

1. SNS

1.1. Twitter

1.1.1. 【メリット】

1.1.1.1. ユーザー同士が繋がりやすい

1.1.1.2. 拡散力が半端ない

1.1.1.3. ツールの自動化ができる

1.1.2. 【デメリット】

1.1.2.1. アカウント凍結されやすい

1.1.2.1.1. 宣伝ツイートに気をつける

1.1.2.1.2. ツール使用も注意が必要

1.1.2.1.3. フォロー、アンフォローの数に気をつける

1.2. Facebook

1.2.1. 【メリット】

1.2.1.1. 相互的なコミュニケーションが取りやすい

1.2.1.2. 告知・投稿がしやすい

1.2.1.3. ライブ機能の充実性

1.2.1.4. 長時間、表示されやすい

1.2.1.5. 不特定多数の拡散性が低いので、コアな情報・限定性のある情報を発信しやすい

1.2.1.6. 炎上しにくい

1.2.1.7. ポジティブな反応を見込みやすい

1.2.2. 【デメリット】

1.2.2.1. 継続的な発信が必要

1.2.2.2. 知らない人同士で繋がりにくい

1.2.2.3. カスタマイズしにくい

1.3. Instagram

1.3.1. メリット

1.3.1.1. Google・Yahoo並みの検索機能

1.3.1.2. 写真・動画の特性を活かせる(ウィンドウショッピングばりの)

1.3.1.3. ハッシュタグの絞り込みにより、自分が繋がりたいユーザーと繋がりやすい

1.3.1.4. 『Instagramフィード』の機能により、タイムラインに広告出稿できる

1.3.1.5. コミュニケーションが取りやすい

1.3.1.6. 自動ツールでフォロワーを増やすこともできる

1.3.2. デメリット

1.3.2.1. 拡散機能が弱い

1.3.2.1.1. リツイート機能・プロフィール以外の箇所にリンクを置けないため

1.3.2.2. 投稿性に一貫性を持たないと、ファンが増えにくい

1.4. アメブロ

1.4.1. メリット

1.4.1.1. WordPressなどによりも簡単に始められる

1.4.1.2. ユーザーが検索エンジンから見つけやすい

1.4.1.3. 「読者登録機能」「ペタ」によるアクセス流入がしやすい

1.4.1.4. 見知らぬ人とも繋がりやすい

1.4.2. デメリット

1.4.2.1. ビジネス過ぎると削除リスクが高い

1.4.2.2. 更新状況が確認しにくい

1.4.2.3. アクセス解析が正しい数値を得られない

1.4.2.4. 記事数をかなり増やさないと、継続した読者を増やしにくい

1.5. YouTube

1.5.1. メリット

1.5.1.1. 国内・国外問わず、ユーザー数が圧倒的に多い

1.5.1.2. Google・Yahooの検索エンジンから動画を見つけやすい・検索ヒットしやすい

1.5.1.3. YouTube自体の検索機能が優れている

1.5.1.4. 24時間、自分の代わりに集客をしてくれる

1.5.1.5. オリジナル動画であれば、一度作ると消されにくく、残りやすい

1.5.1.6. 動画という情報量の多さから、ユーザー、視聴者を惹きつけやすい

1.5.1.7. コメントや評価付けなど、SNS的な要素も充実

1.5.1.8. サムネイルをちゃんと工夫すると、関連動画からのアクセスも見込みやすい

1.5.1.9. ブログやHP・その他のSNSにアクセスを流入させやすい

1.5.2. デメリット

1.5.2.1. 即効性はあまり見込めない

1.5.2.2. 著作権侵害に気をつけないといけない

1.5.2.3. YouTube広告を使うと、ユーザーが離れやすい

1.5.2.4. ターゲット、属性に合わせたキーワード選択、配信内容を考えないと、ファンが増えにくい

1.5.2.5. 炎上しやすい

1.5.2.6. 最初は動画のアップ数がものをいうため、根気が必要

1.6. LINE

1.6.1. メリット

1.6.1.1. 個人との結び付きが強い

1.6.1.2. [email protected]を使う場合、到達率が100%

1.6.1.3. すぐに読んでもらいやすい

1.6.1.4. [email protected]の登録のしやすさ

1.6.2. デメリット

1.6.2.1. 通知OFFにされやすい

1.6.2.2. ブロックされやすい

1.6.2.3. [email protected]の場合、年齢認証が必要

1.6.2.3.1. ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアでないと正常に認証できない

1.6.2.4. 永久的に使える保証がない

1.6.2.5. 自社商品「以外」の商品のリンクを配信できない(規約違反)

1.7. mixi

1.8. Skype

1.9. WeChat

1.10. カカオトーク

1.11. WhatsApp

1.12. GREE

2. 広告

2.1. Facebook広告

2.2. Twitter広告

2.3. リスティング広告

3. リアル型

3.1. 展示会(イベント出展)

3.1.1. メリット

3.1.1.1. 一度にたくさんの見込み客と接点を持てる

3.1.1.2. コアな見込み客と繋がりやすい・コミュニケーションの機会がある

3.1.1.3. 出展した事に対して大きなステータスを得られる

3.1.1.4. ライバル企業の動向が把握しやすい

3.1.2. デメリット

3.1.2.1. 準備が山ほど多い

3.1.2.2. 一個人の出展が難しい

3.1.2.3. コストが最低でも数十万単位かかる

3.1.2.4. ブースのスペースが限られている

3.2. 口コミ

3.2.1. メリット

3.2.1.1. 口伝えなので宣伝費用がかからない

3.2.1.2. 良い口コミ内容であれば、拡散力がなかなか強い

3.2.1.3. オフライン独特のリアルな安心感がある

3.2.1.4. 口コミサイトに掲載される場合、顧客に信用を与えやすい

3.2.2. デメリット

3.2.2.1. 悪い噂が立つと、オンライン同様一気に広まる

3.2.2.2. 自分でコントロールできない事が多い

3.2.2.3. 事実無根の内容が広まる可能性がある

3.2.2.4. 顧客の主観が強くなるため、正しい情報で拡散されにくい

3.2.2.5. 最終的な判断は受け手次第

3.3. 実店舗

3.3.1. メリット

3.3.1.1. 立地条件の良い場所であれば、認知されやすい

3.3.1.2. 信用・安心感が得られやすい

3.3.1.3. 顧客に直接交渉・営業ができる

3.3.2. デメリット

3.3.2.1. 受け身・待ちの状態になりやすい

3.3.2.2. 固定費がめちゃくちゃ高い

3.3.2.3. 遠方からの来客希望者が現れにくい

3.3.2.4. 店舗を構えるだけでは強力な集客に繋がらない

4. SEO・検索エンジン

4.1. WordPress

4.1.1. メリット

4.1.1.1. SEOに有利

4.1.1.2. テンプレートが豊富

4.1.1.3. サイト管理をしやすい

4.1.2. デメリット

4.1.2.1. 自分でサーバーを用意する必要がある

4.1.2.2. サーバー代のコストが年間1万円ほどかかる

4.1.2.3. セキュリティ面でやや課題がある

4.2. WIX

4.2.1. メリット

4.2.1.1. ブログ感覚でサイトが作れる

4.2.1.2. 高品質なデザインテンプレートが多い

4.2.1.3. 様々な機能が豊富で簡単に使える

4.2.1.4. 無料とは思えない高品質なクオリティ

4.2.2. デメリット

4.2.2.1. WIXに搭載されている以外の機能が使えない

4.2.2.2. 表示速度がやや遅い

4.2.2.3. スマホ版での表示がやや難点

4.2.2.4. 有料版にしないとWIXの広告が出てしまう

4.2.2.5. バックアップ機能がないため、WIXがサービスを止めるとサイト自体もも消えてしまう