登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
クラファン_EXA により Mind Map: クラファン_EXA

1. ルート

1.1. マスメディア

1.1.1. プレスリリース

1.1.2. テレビ

1.1.3. ラジオ

1.2. SNS

1.2.1. 応援コメントを集めて紹介していく

1.2.2. Twitter

1.2.3. フェイスブック

1.2.4. インスタグラム

1.2.5. Youtube

1.3. 直接依頼

1.3.1. メッセージ

1.3.2. 電話

1.3.3. 対面

1.4. 間接依頼

1.4.1. グループへの投稿

1.4.2. アナウンス

1.5. WEB

1.5.1. READY FOR

1.5.2. 取材記事掲載

1.5.3. 広告

2. ターゲット

2.1. 関係者の知り合い

2.2. 保護者層

2.3. 経営者

2.4. 教育者

2.5. IT関係者

2.6. スポンサー周り

2.6.1. 断られたところに少しお願い

2.6.2. 応援コメントをもらって拡散

3. 支援する理由

3.1. インセンティブがある

3.1.1. リターン

3.1.1.1. シェアしてくれたらステッカープレゼント

3.1.1.2. リターンのリクエストを受ける

3.1.2. 承認されたい

3.1.2.1. 運営からお礼を送りまくる

3.1.2.2. SNSでコメントしまくる

3.1.3. 賞賛されたい

3.1.3.1. 支援してくれた人を勝手に褒める

3.2. 熱量が大きい

3.2.1. 運営がアツい

3.2.1.1. 支援してくれるまでメッセージを送り続ける

3.2.1.2. 成功しなかったら罰ゲーム

3.2.1.2.1. 坊主になる

3.2.1.2.2. 達成金額で何かする、腹筋とか

3.2.2. 子供がアツい

3.2.2.1. エクサキッズに対する意気込みを聞く

3.2.2.2. 子供の作品をシェア

3.2.3. 応援してる人がアツい

3.2.3.1. なんで応援したのかインタビュー

3.2.3.2. 応援コメント公募

3.2.4. 支援者がアツい

3.2.4.1. 支援者にはSNSでのシェアを促す

3.3. 社会的意義

3.3.1. プログラミング教育スタート

3.3.1.1. 学校の先生にインタビュー

3.3.1.2. 記事のシェア

3.3.1.3. 最終準備の年であることをアピール

3.3.2. IT教育の遅れ

3.3.2.1. 海外の事例

3.3.2.2. ITに力を入れてきた国の伸び

3.3.3. 国際競争力

3.3.3.1. GDP伸びなど

3.3.3.2. 世界の企業

3.3.3.3. エストニアの事例

3.3.3.4. サイバーセキュリティ関係

3.3.3.5. 中国の伸び

3.3.4. 子供が輝くために

3.3.4.1. 甲子園が無い

3.3.4.2. オリンピックが無い

3.3.4.3. 身近なスター不在

3.3.4.4. ライバルを作る

3.3.4.5. 周りの友達、大人が認める

3.3.4.5.1. ITを学んでるとかっこいい

3.3.4.5.2. 学校で表彰される

3.3.4.6. 個性が輝く

3.3.4.6.1. 発達障害

3.3.4.6.2. 引きこもり

3.3.4.6.3. 不登校

3.3.4.7. 好きが力になる

3.3.4.7.1. オタク

3.3.5. 夢を叶える

3.3.5.1. ステージでプレゼンをする

3.3.5.2. ライバルに勝つ

3.3.5.3. 原体験になる

3.3.6. 教育の質の向上

3.3.6.1. 学校の先生の招待

3.3.6.1.1. プログラミング教育義務化へのヒントに

3.3.6.1.2. IT教育に興味を持ってもらう

3.3.6.2. 各教室の意見交換

3.3.6.2.1. 共同で盛り上げる

3.3.6.3. IT教育者ネットワーク

3.3.6.3.1. それぞれの強みを持ち寄る

3.3.6.4. アップデートされていないシステムの欠陥

3.3.6.4.1. 学校のアップデート

3.3.6.4.2. 既存の価値観のアップデート

3.4. 個人的意義

3.4.1. 関係者の知り合い

3.4.1.1. 〇〇がそこまで言うなら

3.4.1.2. 〇〇を応援したい

3.4.2. 自分の子供のために

3.4.2.1. 人ごとじゃなくて自分の子供の未来のために

3.4.2.1.1. 事例をイメージさせる

3.4.3. 楽しそうだから

3.4.3.1. 関係者が楽しそう

3.4.3.1.1. SNSで発信

3.4.3.1.2. 笑顔

3.4.3.2. 未来にワクワクする

3.4.3.2.1. 語る

3.4.3.3. 子供達の笑顔

3.4.3.3.1. 去年の様子

3.4.4. 業界のために

3.4.4.1. 教育とは

3.4.4.1.1. アップデート

3.4.4.2. 金儲けだけの業者への牽制

3.4.4.2.1. 横で繋がる強さ

3.5. お祭りだから

3.5.1. なんか盛り上がってるから

3.5.1.1. いっぱい見る

3.5.1.2. お墨付き

3.5.2. 除け者にされたくない

3.5.2.1. みんながしてるなら自分もする

3.5.2.2. 個別に連絡する時に〇〇も支援してますよ、と言う

3.5.3. 一緒に楽しみたい

3.5.3.1. 活動報告をしっかり送る

3.5.4. すごそうだから

3.5.4.1. 権威性の担保

3.5.4.1.1. マスメディア

3.5.4.1.2. 推薦コメント

3.5.4.2. クリエイティブのクオリティ

3.5.4.3. いろんな応援

3.5.4.4. ハッタリかます