登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
汗っかきを治したい により Mind Map: 汗っかきを治したい

1. 現状

1.1. とにかく汗っかきで身体中から汗をかいてしまう

1.1.1. 汗をかくパーツ

1.1.1.1. 背中

1.1.1.2. お腹

1.1.1.3. 手のひら

1.1.1.4. 足の裏

1.1.1.5. 脇

1.1.1.6. 顔

1.2. 汗に関する印象

1.2.1. ワキガ

1.2.1.1. 臭い

1.2.1.2. 気持ち悪い

1.2.1.3. 近寄りたくない

1.2.1.4. ハゲ・デブに並ぶイメージの悪い象徴

1.2.2. 汗じみ

1.2.2.1. 恥ずかしい

1.2.2.2. 汗かき

1.2.3. スポーツでたくさん汗をかくことは健康にいい

1.2.3.1. ヨガをはじめとするスポーツは大人気

1.2.3.1.1. なぜか汗をかくスポーツはいいのに私生活の中で汗をかくことは羞恥の対象になっている。

1.3. そもそも汗ってどんな役割があるんだっけ?

1.3.1. 不要になったゴミ(老廃物)を、からだの外に排出する

1.3.2. 体温を調節する

1.3.2.1. いわば汗は皮膚の表面での"打ち水"として機能

1.4. どんなときに汗をかいてしまうのか

1.4.1. 緊張(精神性発刊)

1.4.1.1. 緊張する場

1.4.1.1.1. 初デート

1.4.1.1.2. 告白

1.4.1.1.3. 発表やスピーチ

1.4.1.1.4. 大事な試験や会議

1.4.1.2. ストレスを感じた時

1.4.1.2.1. 仕事中

1.4.2. 環境

1.4.2.1. 体を動かした時

1.4.2.1.1. 体を動かす時かく汗は特に問題に感じていない

1.4.2.1.2. 手のひらがぬれて滑ったりすると困る

1.4.2.2. 暑い環境

1.4.2.2.1. 夏場は外に出るとタオルが手放せなくくらい汗をかいてしまう

1.4.2.2.2. 暑いと体温が上がって汗が尋常じゃないくらいでる

1.4.2.2.3. 汗止まらない

1.5. 汗をかくことによって起こる問題・悩み

1.5.1. 汗を各パーツ

1.5.1.1. 背中

1.5.1.1.1. 服が濡れる

1.5.1.2. お腹

1.5.1.2.1. 服が濡れる

1.5.1.3. 手のひら

1.5.1.3.1. 手が繋げない

1.5.1.3.2. 握手ができない

1.5.1.3.3. 紙が湿気る

1.5.1.4. 足の裏

1.5.1.4.1. 靴下がびちゃびちゃになる

1.5.1.5. 脇

1.5.1.5.1. 服が濡れる

1.5.1.5.2. 脇は目立つから特に恥ずかしい

1.5.1.5.3. ワキガ

1.5.1.6. 顔

1.5.1.6.1. 印象があまり良くない

1.5.1.6.2. 汗が滴るとふく必要がある

2. 理想

2.1. 汗をかくことは悪いことではないし、汗をかかないと逆に不健康になりそうだから、自分が止めたいときに汗が止まるようにしたい。

2.1.1. 手術とかで汗の出る汗腺を切ったりすることもできるみたいだけど、それはなんか違う

2.1.1.1. 手術に対して何かしらの抵抗がある、

2.1.2. 汗が邪魔でやらないといけないことに集中できない

2.2. 汗を気にせずにやりたいことや集中したいことの邪魔をされずにやりたい

2.2.1. ここ一番の時に汗に邪魔されるのはもういやだ。

2.3. デートの時に汗(手汗)を全く気にせず手が繋ぎたい

2.3.1. 手を繋いだ時に相手に不快な思いをさせたくない。

2.3.2. ここぞという時に、手汗を理由に手を繋げない自分に幻滅したくない

2.3.2.1. 自分のここぞという時に、汗を自分の意思である一定時間だけ止めれたら良いのに

2.3.2.1.1. もはやそれができるなら他の時間に大量に汗をかいても何も問題ない。

2.3.2.1.2. 止まらない汗=心の余裕をなくす

2.3.2.1.3. それに似た感じの下痢止めの薬があった気がする

2.3.2.1.4. これが可能になることよってできること

2.3.3. デートの時に自分の体臭を気にしながらデートに行くのはもういやだ

2.4. 緊張しても、大事な場面では汗ひとつかかずクールでいたい

2.4.1. クールに発表してても、脇汗ぐっしょり、内心びちゃびちゃな服がバレないかに怯えたくない。

3. 解決策:

3.1. ここぞという時に脇汗・ワキガ・手汗・足汗を気にしないで良いように、汗を一定時間止めてくれる錠剤

3.2. 美容整形外科に行く

3.2.1. 手術で汗腺を焼く

3.2.1.1. 費用約25万

3.2.1.1.1. 高い...

3.2.1.2. 効果が期待されます。に25万払うのは気が引ける。一生気にしないでいいですよなら購入する。

3.2.1.3. 手術までの行程がめんどくさい。

3.2.1.3.1. 説明聞いたり、病院に足運んだりするって考えるとやりたくない

3.2.1.3.2. 手術後の痛みや副作用がこわい

3.2.1.4. 手術で、焼いたりすると、顔や別の部位から汗が出てしまうことがあるみたい。

3.2.2. 汗腺を手術でとる

3.2.2.1. 脇とかを切開する。

3.2.2.1.1. 傷跡残るのはいやだ。

3.2.3. 汗腺を溶かす

3.2.3.1. 費用40万

3.2.3.1.1. 流石に40は高い。

3.2.3.1.2. リスクがそこそこあるみたい。

3.2.3.2. 効果が期待されます。に40万払うのは気が引ける。一生気にしないでいいですよなら購入する。

3.2.4. 注射で汗の分泌を抑えられる

3.2.4.1. 3~4ヶ月間の間注射した部分からの発汗を抑えることができる。

3.2.4.1.1. 美容整形外科に行かないでも簡単に汗っかきを直せたらいいのにな

3.2.4.2. 正直体に注射は怖い。

3.2.4.3. 施術時間は5分と短い

3.2.4.3.1. 行くのはめんどくさい。

3.2.4.4. 一回14940円

3.2.4.4.1. 3,4ヶ月抑えられるならまあ、そこまで高くはない。

3.2.5. 問題は、手術まで通院したりするのがめんどくさいのと、お金が結構かかる、メス入れたり注射針入れたり正直どんな危険があるのかわからないから怖い。

3.2.5.1. 通院や手術みたいに後にダメージが響かず、めんどくさいの無しで汗腺を絞ることができたらなあ

3.2.5.1.1. 手術や注射ほど手間もお金もかけないで、自分の好きな時に汗腺を安全に絞って汗を止めることができたらなあ

3.3. 外的処置を行う

3.3.1. イオン導入

3.3.1.1. 汗の分泌腺を狭める

3.3.1.1.1. 2~3日しか持たない。

3.3.2. ミョウバン水を使用する

3.3.2.1. 手汗を止めるにはほとんど効果がない

3.3.2.1.1. 汗の匂いを消す力がある。

3.3.3. ツボ押し

3.3.3.1. 瞬時に手汗を抑えてくれるツボが人にはある。

3.3.3.1.1. ただ長時間抑えることは難しそう。できて5~10分

3.3.4. 制汗剤

3.3.4.1. 制汗剤じゃ匂いは、たくさん使わないとワキガを隠せないし、汗っかきの人には全然聞かない(汗が止めれない)

3.4. 供給

3.4.1. 商品名

3.4.1.1. 瞬間汗ストッパ

3.4.2. コンセプト

3.4.2.1. 1錠飲むだけで、身体中の発汗を半日抑えてくれる汗っかきお助けサプリメント

3.4.3. キャッチコピー

3.4.3.1. いざという時に一錠飲んで瞬間汗ストップ!汗はもうあなたを邪魔しない

3.4.4. ここぞという時に脇汗・ワキガ・手汗・足汗を気にしないで良いように、汗を一定時間止めてくれる錠剤