レター:NEXT ALIVE 大人のための、 次のステージの生き方へ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
レター:NEXT ALIVE 大人のための、 次のステージの生き方へ により Mind Map: レター:NEXT ALIVE  大人のための、 次のステージの生き方へ

1. Promiss:約束

1.1. 講座に参加していただいた半年後には、 必ず人生とあなた自身が変わることを、 『お約束』します。

1.1.1. NEXT ALIVEが始まります。

2. Qualify:ターゲティング

2.1. 1:今の現状に満足していない人

2.1.1. 11:生きることを追求したい人

2.1.1.1. 21:もうこれ以上、自分を苦しめることを 「辞める決断」ができた人

2.1.1.1.1. 31:次元を上げて、 生きることを見ていきたい人

2.2. 2:自分の可能性を信じている、 信じたい人

2.2.1. 12:逃げることから、立ち向かうことへと、 進化を促したい人

2.2.1.1. 22:今の環境で生きることが、 自分には似合っていないことに、 気がついてしまった人

2.2.1.1.1. 32:自分のオリジナルな生き方を、 本気で実現したい人

2.3. 3:人生を劇的に変化させたいけど、 方法がわからない人

2.3.1. 13:宇宙の真理に興味がある人

2.3.1.1. 23:『生きる意味』を、頭と身体で、 体験したい人

2.3.1.1.1. 33:自分を信じる力を発揮して、 自分の驚くべき能力を開花させたい人

2.4. 4:心の違和感に気づいていて、 何とかしたいと思っている人

2.4.1. 14:1度きりの人生をとことんまで、 楽しみたい大馬鹿者

2.4.1.1. 24:今のステージの制限を、 突破したい人

2.4.1.1.1. 34:責任と愛を持って、 人生と向き合いたい人

2.5. 5:捨てられない想いを持っていて、 その想いの欲求が強くなっている人

2.5.1. 15:自己愛に目覚めた人

2.5.1.1. 25:今までを全て飲み込んでしまい、 今までのすべてを、『力』に変えてしまいたい人

2.5.1.1.1. 35:他人の命の可能性を、 本気で広げていきたい人

2.6. 6:自由を手に入れて、本当の自分を 生きてみたい人

2.6.1. 16:今までを受けいれて、 次のステージへと進もうとしている人

2.6.1.1. 26:すべてを肯定して、 前を向いて全力で生きたい人

2.7. 7:『生きる実感』を感じたい人

2.7.1. 17:あきらめの悪い人

2.7.1.1. 27:どこまでも自分の命を追求したい人

2.8. 8:人生に使命を持ちたい人

2.8.1. 18:人の役に立ち、感謝や愛を、 人生の中で多く体験したい人

2.8.1.1. 28:魂と縁起の関係性を学び、 人生を創造していきたい人

2.9. 9:この世界を探求したい人

2.9.1. 19:自立して、影響力を持ちたい人

2.9.1.1. 29:純粋に毎日を『最高の状態で生きること』を、 自分に許す覚悟ができた人

2.10. 10:お金に支配された生き方から、 抜け出したい人

2.10.1. 20:1年365日かけて、生まれた惑星を、 自由気ままに冒険したい人

2.10.1.1. 30:覚醒を体験したい人

3. Understand:理解・共感・同じ体験・仮想敵

3.1. 1:身体と精神の両方が100%満たされていない 「あなたを生きれていない状況」 ・ぼくは今でも、現状には満足できていなく、 『最高の自分』を生きれていません。 ・それは、『最高の自分の生き方』という 「理想」があるからです

3.1.1. 11:毎日、エネルギーが枯渇するまで、 燃えつくすような全力な日々を生きたい。 ・もう自分に嘘をつくことができず、 自分を覚醒させて、持っている力を開放して、 『自分を思いっきり生きたい』

3.1.1.1. 21:自分を傷つけること= ・自分を信じないこと ・本当はさせなくてもいい我慢を、 自分にさせること (行動や意識を変えれば、 それを自分にさせる必要はない) ・それまでの自分を許すことをしないで、 自分の「足りなさ」ばかりに目を向けて、 自分をきちんと見てあげないこと。 ・人生に苦労を引き寄せる「思考」(無意識)や、 「行動」(自制しないこと)を、 未来をみないで、とってしまうこと それは、そういった社会の環境の中にいたから、 仕方のないこと

3.1.1.1.1. 31:今の暮らしでは、自分を満たすことが できないことを、 はっきりと理解した。 ・それは、きちんと自分と向き合って、 自分のことを理解したということ。 自分が成長した証。 そして、成長したからこそ、 次のステージへ進むことを 望んでいる自分に気がついている ということ。

3.2. 2:この環境で生きるべき人間ではないことを、 知っている(次へ進むことに気がついてしまっている) ・ここで人生が終わってしまうことに対して、 その『現実』を自分に許すことができない

3.2.1. 12:純粋につまらなさよりも、 楽しさややりがいを感じたい。 ・不満や不足で自分を満たすことよりも、 幸福や喜びで自分を満たしたい。

3.2.1.1. 22:本来、人にはそれぞれの『力』がある。 だけど、その『力』を開放することが、 できにくい構造の社会になっている。 ・お金の問題 ・能力を発揮しやすい社会の構造ではない問題 ・適応障害 ・既存の価値とは違う価値を提供できてしまうから 『既存の世界』ではなく、「新しい世界」を、 創造して生きる感覚をすでに身につけているから

3.2.1.1.1. 32:純度100%の自分を生きる ・自分か、自分以外か。 ・自分の好きは、自分にしか理解できない。 ・どうしても捨てきれない好奇心や冒険心を、 あきらめることを「しない」 ・生きる精度を高めていくだけ

3.3. 3:人生が劇的に変わらないことには、 原因がある。 『収入と働き方と構造の トライアングルの関係性』 (1つ前の時代の構造) ・肉体労働や時間を切り売りする働き方では、 苦労や我慢を多く体験する過去を、 生きてきました。

3.3.1. 13:ただ目の前の出来事だけが、 生きる世界ではなくて、 『裏側の世界』や『見えない世界』のことに、 純粋な興味があり、追求したい。 (時間とお金と仕事がそれに結びつけば、 生きることが、それにつながる) ex:学者・研究者

3.3.1.1. 23:『存在』としての理解を、 本能的にも、しだしている 覚醒や、アセンションを起こしている (次へ進もうとしている) ・今まで体験してきた世界は、ある意味 もう十分に楽しんだからこそ、 存在として『次のステージ』へと、 進もうとしている

3.3.1.1.1. 33:自分にしかできないことが、 この世界に生きる人には、すべてに、 その力や能力がある。 そして、それは、「当たり前」のことであり、 だけど、大事なことは、その力をしっかりと 『開放すること』 ・ぼくはBさんではなくて、 Aさんに影響を与えることができるけど、 あなたはAさんではなくて、Bさんに、 影響力を与えることができる そうやって、だれかがだれかの役に立てて、 そして、だれかがだれかの存在を、 常に待っている。 だからこそ、力を持っていることが、 大事なことになるのではなくて、 力を開放することこそが、 もっとも大事なことになる。 ・既存の社会の中では、自分の天職や、 能力を発揮しにくい人も多い

3.4. 4:本当はもっとしたい生き方がある。 命の本質を思い出しかけているだけ。 ・1度は夢や希望を持つことをあきらめ、 普通に生きることを選ぼうとしたけど、 自分に嘘をつくことはできなかった。

3.4.1. 14:くだらないことに時間を使うことが アホらしく、 自分の好きなように命を使いたい。 ・大事にするものを、しっかりと大事にしたい

3.4.1.1. 24:痛みや弱さ、甘えを克服できる器に気がつき、 そして、実際に自分はそれを克服できるからこそ、 そういった力を、自分以外の人ために使い欲求が、 わき出ている。 自分という器をあふれ出しそうなぐらいに、 愛を生み出すことができている

3.4.1.1.1. 34:地に足をつけて、生きることをしたい 『自分を生きること』 それは、 自分で「自分の可能性」を広げてあげて、 自分をどこまでも開放してあげること ・それができにくい環境の中で 生きることを辞めて、 例え、未知の世界であっても、 自分の可能性を広げれる世界で 生きることを始めること。 それだけが、宇宙の中でも 地球という惑星に 生まれ落ちてきて、 あなたという肉体と精神を授かって、 生きているということの、 『命の意味』になる。

3.5. 5:死と向き合い始めている。 真剣に自分を生きようとし始めている 「自己愛の目覚め」 ・「気づき」すべては、 自分が体験しなければならないことを、 気づいた。 どれだけ苦労しても、楽しいことでも、 必ずその時の自分が体験しなければ、 「ならない」 だからこそ、我慢や苦労ではなくて、 楽しさや喜びを体験させてあげたいだけ

3.5.1. 15:これ以上、自分を苦しめる選択を、 無自覚に、無責任にすることが、 一体どれほど自分を傷つけることになるのかを知り、 もうそのパターンは未来には必要ないことを 理解し、 これからは、その真逆の自分を幸福にするための、 自覚を持った、責任を持った選択をすることを、 『生きること』に取り入れていく人

3.5.1.1. 25:過去の否定を終えて、 過去と未来を結びつけ、 その中心点にある『現在』に、 立つことができ、 だからこそ、 「これから」を真剣に見ることができ、 でも、どうしたらいいかわからない状況。 ・前に進むための具体的なプランを、 知りたい。 ・自分の内側の問題は解決できたので、 外側で現実的な変化を起こしたい欲求が、 高まってきている

3.5.1.1.1. 35:自分を本気で満たそうと思えば、 自分のことだけに取り組んでいても、 「満たされない部分」がある。 それは、相手や、世界との関係性の中で、 自分は存在しているからであり、 その不足は、相手や関係性の中で、 自分を存在させていかないと、 絶対に満たされないものになる。 むしろ、本当に自分を満たそうと思えば、 相手の役に立つことを必死にすることで、 自然と自分が満たされることを知る。 ・既存の世界では、直接的に、 相手の役に立つことが、 見えにくい構造になっているからこそ、 相手のことを考えずに、自分の利益のことを 考えてしまい、結果として、 自分を満たすことも、相手を満たすことも、 両方ができなくなってしまう。

3.6. 6:命は本来、自由そのもの。 ただし、それを制限するものが、 ぼくたちの生きている人間社会の ルールとなっている。 ルールがあるということは、 自由を手にするためには、 『方法がある』ということ。 ・既存の職業やライフスタイルには、 どうしても興味がなく、 自分にとって既存の社会は、 『生きにくかった』

3.6.1. 16:今まで経験していきた過去が、 全て1つに「つながり」ようやく、 自分の中で人生のスタート台に立てた。 ・貢献とつながりと、影響力を伸ばして、 大きな世界と関わって生きていきたいと、 目覚めることができた

3.6.1.1. 26:変化を望む気持ちが、抑えられなくなっている 「素直な在り方」を取り戻しているだけ。 自分本来のありのままの純粋さを、優先することの 大事さや、それこそが、 『生きること』だということに、 気がついていたり、思い出してきている ・そういった価値観や思想を持つことが、 ダメなことではないが、そういった教育や社会の中で 自分を押さえつけて生きていることに、 どこか疑問を持ち、どこか違和感を持ち、 その価値観で生きることに対して、 何か抑えきれないものが生まれてしまっている。

3.7. 7:小さい頃は、もっと1日が濃厚で、 全力に生きていた。 心を、遊びや目の前のことに必死に奪われて、 時間を忘れて生きていた。 ・いつしか作業的に、流れる時間を、 ただ消化していくように生きてしまっている

3.7.1. 17:中途半端にどっちつかずで、 苦労や我慢ばかりを体験しているけど、 なかなか勇気と覚悟を決めて、 前に進むことだけに飛び込めず、 でも、あきらめることができずに、 でも、変わりたいと望んでいることを、 知っている。 ・臨界点に達している状態 ・自分の背中を押す一声で、 人生のすべてが変わりだす。

3.7.1.1. 27:『生きること』の目的が、 はっきりと変わった。 お金を稼ぐ「仕事の奴隷」として 生きることではなくて、 お金の概念をとっぱらった世界で、 自分の生きることを追求したい、 『本当の生きること』に気がつき、 意識が覚醒してしまった。 ・それこそが、最も自然な「姿」 ・でも、生きることはこうですという ロールモデルを、幼い頃から 言われ続けたり、見続けてきた。

3.8. 8:ノルマをこなす生き方に、 ぽっかりと空いている不足感を持っていることを 気がついてしまい、 自分を生きている実感を感じれない ・人間として当たり前の『生への執着』

3.8.1. 18:自己満足の種類が変わってきたことに、 気がつき始めた人 ・ただただ煩悩や私利私欲を満たすことに 飽きていて、 人とのつながりの中で満たされる欲求や、 人の役に立つ「関わりの中で」自己が、 満足することの方が、圧倒的に幸福で在る (在れる)ことに、気がついた。(思い出した)

3.8.1.1. 28:表面の世界に現れていることを、 その背景にある裏側の世界から見て、 人生を生きることに役立たせたい。 ・人の人生を変えるために、 真理の力を使いたい ・表面の世界だけを、多くの人が 生きすぎているからこそ、 「大局」を見ずに、私利私欲のために 生きてしまう。 ・全体意識に興味があり、 そういった世界の中で自分の力を、 フルに発揮したい

3.9. 9:純粋な好奇心 ・日常の目の前の世界だけでなく、 広い世界を純粋に見たい、知りたい、 可能性を広げたい

3.9.1. 19:自立して精神的にも、物理的にも 『自由に生きること』が自分の人生であることに 気がついた。 ・自分の力を証明したい それができないような「制限の構造の中」で 生きているからこそ、人々の創造性が 閉ざされている

3.9.1.1. 29:普通や一般的な幸せではなくて、 自分にとっての最高で、人生を生きたいと、 強く望むことを自分に許すことができた人。 『究極の自己愛』 ・何かの制限を受けいれて、何かの拘束を 受けいれて、何かの我慢を受けいれることを、 「当たり前」にすることを辞めて、 その「当たり前の基準」を、 真逆に変えてしまうことで、 始めていく人生を生きることを、 『自分に許した人』 ・命の本質と向き合いにくい世界を、 ぼくたちは生きている。 ・煩悩やストレス、衝動を発散するように、 生きることをしてしまっている。 でも、それにはその理由がある。 そうやって、人の持っている能力や力を 発散できない社会構造になっているからこそ、 人は多様な生き物なので、その環境の中で ストレスを感じてしまう。 でも、生きることには、その環境しかないと 思い込んでいるので、悪循環の暮らしを 続けてしまう。 それは、『最高に生きること』を、 自分に許すことができない構造の中で、 生きることになってしまう。

3.10. 10:お金の奴隷として、 あらゆるものを制限されてしまう 「生き方」に飽きてしまった。 ・昔はそれでも良かった。でも、今は、 お金を生み出すことにも、 自分の命のエネルギーをかけて、 生きがいを持ちたいし、 自己価値と交換したお金の生み出し方を したい。 ・ただ、生きるためのお金を稼ぐことに、 どこか自己価値を下げていることに、 気がつき始めている。 ・お金にしばられずに、自由に人生を 生きたい。

3.10.1. 20:命の純粋な欲求に逆らいたくない ・大事なものを、自分の以外の人や概念 (常識とか通念)ではなくて、 『自分で決めること』に、『生きる』があることに、 気がついて、周りや社会は関係なく、 『自分を生きること』に価値を見出した。 どれだけ生きにくい世の中であっても、 『自分を自由に生きること』は、 自分で選択できること。 どれだけ「生きにくい」世の中であっても。

3.10.1.1. 30:自分の中心に『種』をいれたい人 そして、その種を成長させる過程で、 この宇宙の真理と出会い、 自分の『存在』の価値に気がついていく。 『自分ために生きること』と、 『世界とつながって生きること』 この両方のバランスが一致した時に、 地球という時間軸の中での、 『覚醒』を体験することができる。 ・既存の社会の中で生きていても、 それを体験できる人は限られている。 なぜなら、人は、多様だから。 価値観や感受性、わきでる想いや、 生まれ持った才能がまったく異なるのに、 既存の世界は、狭すぎる。 あなたを受けいれることが、 「できないこと」に問題がある。

4. Education:教育・理想の未来・解決策の提示

4.1. 1:「理想を叶える生き方」を送るためには、 『方法』がある。 ・時間 ・場所 ・お金 これらの自由を『同時に生み出す』働き方で、 人生を始めるから、 「理想の生き方」を手にいれることが できることになる。

4.1.1. 6:生き方を制限するものは、 『複数』ある。 ・物理的なもの(お金・時間) ・精神的(心)なもの 自分を自分で理解すること = 『自分を許すこと』になる。 「自分という情報」を発信して、 この世界と深く関わっていくことで、 すべてのブロックが消えていく。 ・お金のブロック ・心のブロック ・人間関係のブロック(仲間) ・自己制限のブロック (自分自身へのブロック)

4.1.1.1. 11:あなたの肉体と精神が自由になれば、 濃厚な時間の体験ができるようになる。 ・趣味に没頭すること ・興味を追求すること ・好きなだけ好きなことをする あなたの肉体と精神を自由にするためには、 あなたの『分身』に働かせればいい。 ・分身は、自分で生み出した情報資産 ・人に任せれば不安に思うことでも、 全て自分のコピーロボットが働いていれば、 精神的な不安は消える。 ・それは同時に肉体的な自由をも生み出す

4.1.1.1.1. 16:「あなたがすでに持っているもの」を、 この世界に表現、拡大していく活動を始める。 ・あなたを開放する。 人生を自由にすると同時に、 あなた自身も自由に開放されていく、 そんな「生き方」を始めていく。 ・過去の清算ができる ・過去を乗り越えることができる ・未来と過去をつなげることができる ・すべてがつながった「今」を、 もっともパワフルに生きることができる ・意志が明確化されれば、「今」という瞬間に 最大限のエネルギーが宿り、 もっとも自分のパフォーマンスを発揮させて、 未来を創造できるようになる。

4.2. 2:あなたが現実を変えることができない訳 ・構造の問題点

4.2.1. 7:『生きる時間』濃度を高めることが、 『生への実感』を生む。 1日の中での時間濃度 ・仕事(やりがい、命や想いをかけているか?) or ノルマ的にこなしているか? ・人間関係(互いの成長のために 真剣に関わりあっているか? or 希薄化した中での関係性か? 与えられた場所の中での人間関係か?) ・自分に使う時間(未来を創造するために 自己と向き合い、 世界と向き合いながら生きる時間か? or 目の前に流れてくる時間を、 ただ消費しているだけの時間を 生きているのか?) 『存在として』の、満足度が変わる

4.2.1.1. 12:「作業的に生きる人生」 「機械的に生きる人生」 「ローテーションを繰り返す人生」 「生かされるだけの人生」と感じるのであれば、 それは、次のステージへ進むことを、 『自分自身』が望んでいるというサイン。 自分の力を開放して、 自分が役に立って、 自分を挑戦させたくて、 自分がもっと「関わりたい」と、 心の中で叫んでいるということ。 「自分を発信」して、他社とつながることで、 相手の役に立つことができる。 「縁と個」の時代だからこそ、 必ず誰かに届けれるものがある。 それを、発信すれば、相手も、あなたも 人生が変わるが、 それをしなければ、相手も、あなたも、 人生が変わらない。

4.2.1.1.1. 17:人生を進めるための【儀式】を通る。 どこかのタイミングであなたは、必ず 通ることになる。 今のあなたでは、満足できなくなっていて、 でも、それは「足りない」からではなくて、 『満たされたから』 ある一種の臨界点に達したので、 次のステージへと進もうとしている。 『挑戦』と『貢献』の世界へ。 あなた自身を試す(能力開花)ことと、 あなたを多くの人に役立たせたい欲求。

4.3. 3:『収入と働き方と構造の トライアングルの関係性』 (1つ前の時代の構造)

4.3.1. 8:あなたにとって、不向きな、 本気にならなくても生きていける そんな環境で生きているから。 ・日々を作業化してしまうことには、 『原因』がある。 ・そのリズムから抜け出さない限りは、 永遠にそのリズムで暮らすことになる。 ・時間を切り売りする「生き方」を、 やめること。

4.3.1.1. 13:「好きなこと」を仕事にする生き方がある。 もう、「あきらめる」必要もなく、 したくない仕事をする必要もない。 自分の「好き」を追求して、 『自分を生きること』を始めればいい。 それを、『自分に許してあげる』 「生きること」に、豊かさを受け取ることを、 自分に許してあげる時期に来ている。

4.3.1.1.1. 18:自分1人の満足ではなくて、 「人との関わり」の中で生まれる満足の方が、 圧倒的に大きな幸福を得ることができる。 自分自身を満たし、相手も満たし、 そんな循環の中に身を置くと、 自然と、人生が好循環の流れに入っていく。 「あなた」を使って、相手に価値を届ける活動が、 あなたの人生を変えるキーポイントになる。

4.4. 4:素直に、想いのままに生きれないことには、 『問題がある』から。 ・素直な想いで生きることを諦めてしまう 『現実』から抜け出すためには、 本当の気持ちに素直になるだけ。 『お金の問題』を解決できる現実で、 生きることを始めていくだけのこと。

4.4.1. 9:制限された構造の中で生きることを、 「選んでしまう」と、制限された中で、 人生が作られていく。 ・今までの既存の世界 あなたが『苦労しなくても選べた』選択肢 ・新しい時代の「生き方」がある。 YoutuberやInstagramerは、なぜ? 自由を手にいれているのか? 「収入の違い」=「構造の違い」 収入を生み出す=自己受容の必要性を知る。 『承認欲求』を満たす。 好循環が生まれる。 この承認欲求を満たすことが、 『人間の満足度』を感じる 底辺にはある。

4.4.1.1. 14:『命の質』を高めて、 『本気で生きること』を始める。 この世界に何をしに来たのか? それを、強く感じ始めているからこそ、 「つまらない」「生きていない」日常に、 物足りなさを感じている。 全力で命をかけて、情熱をぶつけて、 生きる「生き方」がある。 「挑戦」 あなたの力を開放することを、 あなた自身が望んでいる。 あふれる「生命力」(エネルギー)の、 『注ぎどころ』を用意してあげる。 「情報(自分)発信」に打ち込む。

4.4.1.1.1. 19:お金と時間と場所の「3つ自由」が、 あなたの人生を『自由』にする。 それらをまとめて生み出すためには、 あなた自らが働くことを辞め、 あなたの「分身」に働かせる働き方へと、 移行していく必要がある。 インターネット空間に、どんどんと「あなた」を 転送して、その転送したあなたの分身に、 365日24時間休みなく働いてもらう。 そうすることで、精神的にも、物理的にも、 あなたは人生の自由を手に入れることができる。 『情報資産』を蓄えていく。

4.5. 5:自己愛を満たしていくためには、 本当に自分を満たす必要がある。 ・満たすための環境を、自分に 用意してあげればいいだけ。 ・コツコツと情報資産を積み上げていって、 生きる環境を変えていけばいい。 ・それは、未来永劫の『資産』になる。 ・老後まで朽ちることのない『資産』

4.5.1. 10:旧時代的な構造の中で働くことに、 もはや何の魅力も感じなくなった。 ・昔はそれで良かった、でも、今は、 時代が変わった。 ・時代が変わるということは、人の心や、 思考、感性、価値観もすべてが、 変わったということ。 ・昔は良かったことには、時代背景があるように、 今、良いものにも、移り変わる時代背景が、 存在する。 ・『自由になる方法』がある。 サイバー空間を使った、 『情報資産と徳積み』 感謝とお金を生み出す『資産』を 蓄えることを仕事にする。

4.5.1.1. 15:これからを幸福に生きるために、 「過去」とは違う道へと進む。 「意識変革」はもちろんのことだけど、 圧倒的に、『現実世界』を変えることに、 『力』を入れること。 ・ビジネス(お金を生み出す) 本気で『人生』を変えるために、 「今まで」とは大きく未来を変えていくために、 「物理世界での創造行為」を始めていく。

4.5.1.1.1. 20:好きなように生きたければ、 好きなように生きるための環境や、 状況を、自分自身に用意してあげれば いいだけです。 どこで暮らそうが、どんな働き方をしようが、 どんな生活をしようが、すべては、 『あなたの自由』 それを拒んでいるのは、社会ではなくて、 あなた自身がやるのか?やらないのか? もし、やるのなら、いくらでも方法はある。 もし、やらないのなら、今まで通りの人生 を生きていこう。

5. Stimulate:興奮・ブレッド・商品説明

5.1. NEXT ALIVEのコンテンツ

5.1.1. 1:なぜ、○○を人生に取り入れるだけで、 物理的にも精神的にも、 『自由』が生まれるのか? 【あなたの未来】が自由になるための、 全体像を解説していきます。 人生が、まったく新しく変わります。

5.1.1.1. 6:【魂のステージ】を上げて、 『あなたという存在』を、 この世界に認知させていきます。 「あなたを、求められる」 「あなたが、人の役に立つ」 そうやって、他人の承認を得ながら、 あなたとこの世界との「関わり」を 強めていき、 【魂のステージを上げていく】 そんな人生の好循環を起こしていきます。

5.1.1.1.1. 11:【自分の存在価値】を思い出して 頂きます。 相手の人生の成長をお手伝いし、 相手の人生の中で貴重な存在となり、 相手の背中を押してあげる。 『本来のあなた』に近づいていき、 自分の使命や、本来の自己価値を、 思い出していくための体験を、 少しずつ実感していって頂きます。

5.1.2. 2:あなたの人生から、『制限』や、 『拘束』『我慢』を取り除く方法を、 紹介します。 『情報空間』という、 人類の「第2の生活空間」を、 意図的に活用して、 人生のステージを上げてしまいます。 既存の世界では絶対に不可能な生き方を、 改めに初めて頂きます。

5.1.2.1. 7:【あなたを生きること】だけが、 いよいよ始まります。 「あなたの理念」を広めていき、 「あなたの夢」を実現していき、 「あなたがワクワクして」毎日を生き、 あなたを世界に輝かす方法を、 実践していきます。

5.1.2.1.1. 12:なぜ1個人が、情報発信をするだけで、 年収○億を生み出したり、 月収○千万円を生み出せるのか? 「資本主義から脱却すること」で、 「あなただけの経済圏」を創り、 世間の不景気とは関係なく、 独自のお金の流れを、 創造していきます。

5.1.3. 3:人生を『最高のもの』にしてくれる、 本当の【仲間】が見つかります。 「あなたを発信すること」で、 人生で『出会う』人間関係の質を、 高めることができます。 「理念」「夢」「生き方」「思想」に 共感、共鳴する、 熱い志を共にする仲間が見つかります。 そして、その逆に、 人生に『不必要』な人間関係を生まないための、 「結界」も、同時に作ることになります。

5.1.3.1. 8:お金について、すべてを知ってください。 『新しいお金の生み出し方』で、 収入の『桁』を変えていく方法を、 お伝えしていきます。

5.1.3.1.1. 13:現在におけるサバイバル能力を、 『開花する』 『価値交換』ができれば、 いつ、どんな状況でも、 『お金を生み出すこと』ができます。 それは、現在におけるサバイバル能力を、 『開花すること』です。 大きくて、大層なことをするわけではなく、 ただ、自分のできることを伸ばしながら、 困っている人に価値を提供していくことで、 『社会貢献』ができ、 お金に困ることがなくなります。 その「能力」だけを、身につけて頂きます。

5.1.4. 4:『次元を超えた生きる』が、始まります。 「新しい生き方」を可能にするための、 「新しい働き方」を構築していきます。 することは、ただ、「あなた」を、 ○○化するだけです。 日々、一生懸命に自己と向き合うことで、 あなたは「省エネ」で、 時間や、お金を生み出すことができます。

5.1.4.1. 9:自動で【徳を積む】生き方が、 始まります。 人の「求めているもの」を、 あなたが提供していくことで、 人生に『徳を積み』 あなたの人生に感謝と愛が、 自然と広がっていく方法を、 体験して頂きます。

5.1.4.1.1. 14:【本来の姿】に、戻って頂きます。 あなたの人生に、 『覚悟』『責任』『決心』を生みだし、 あなた自身を成長させる体験を通して、 『あなたの未来』を、 「本来のあなたのビジョン」で、 描いていくことを始めていきます。 ビジネス活動を通じて、 『本来のあなた』を、 思い出してもらいます。 あなたの可能性を伸ばしていきます。

5.1.5. 5:あなたの肉体が自由になる手順を紹介します。 「あなたの分身」を大量に生産し、 その分身が24時間365日永遠に動き続ける、 そんな【情報資産】を手に入れてもらいます。 あなたの変わりに働く「あなたの分身」は、 あなたがその数を決めることができます。 『収入の桁』が変わる秘密が、 ここにあります。

5.1.5.1. 10:特別なことは、一切しません。 することは、1つだけです。 ○○化することで、人生が、 動き出します。 すでに「あなたの持っているもの」を、 ○○化するだけで、 お金と時間と自由と幸福を、 手にいれることができます。

5.1.5.1.1. 15:『お金に愛される人生』を、 歩んでいってもらいます。 「お金のブロック」を解除し、 「お金と正しい関係」を、 構築してもらい、 お金に愛される体験を、 始めていきます。

6. Transition:変化した未来=オファーを受ける

6.1. NEXT ALIVE 参加後の流れ

6.1.1. 今回のNEXT ALIVEの考え方を 身につければ、 生活をしながらでも、街を歩いていても、 どこかのお店に入っても、 「こうすれば資産を生み出せる」 ということが分かり、 それがそのままコンテンツとなり、 あなたの未来への投資となる生き方が 始まります。 資産を無限に未来へ送り続けるので、 未来まで安定して、 盤石の人生の土台を築いていくことが、 できます。

6.1.1.1. そして、どんな「生き方」でも、 どんな「ライフスタイル」でも、 自由に選ぶことができるようになります。 なぜなら、積み上げた『情報資産』が、 あなたの変わりになって、 永遠に働き続けてくれるからです。

6.1.1.1.1. これからの人生の「生き方」