無人化 (ゴール)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
無人化 (ゴール) により Mind Map: 無人化 (ゴール)

1. 体制

1.1. チーム

1.1.1. サイト運営課

1.1.1.1. 徳永

1.1.1.2. 福井

1.1.2. プリプレス

1.1.2.1. 佐伯

1.1.2.2. 北澤

1.1.2.3. 菊崎

1.1.2.4. 左奈田

1.1.2.5. 榎本

1.1.3. ugo

1.1.3.1. 川嶋

1.1.3.2. 向谷地

1.1.3.3. 岡本

1.1.3.4. 中里

1.1.3.5. 下斗米

1.1.3.6. 軒

1.1.4. 情報システム課

1.1.4.1. 加藤

1.1.4.2. 川井

1.1.5. ADP

1.1.5.1. 坂井

1.1.5.2. 中村

1.1.6. 営業部

1.1.6.1. 吉澤

1.1.7. プリマリール

1.1.7.1. 深水

1.1.7.2. 渡邉

1.2. 役割

2. 販売

2.1. 代理店

2.2. ライセンス

2.3. サーバー

2.3.1. オンプレ

2.3.2. クラウド

2.4. レンタル

2.5. 保守

2.6. 規約

2.7. 価格体系

2.8. ターゲット

2.8.1. 法人

2.8.1.1. 印刷会社

2.8.1.1.1. 代理店

2.8.1.1.2. 一般企業

2.8.2. コンシューマー

2.8.2.1. 個人

2.8.2.2. デザイナー

2.9. 他社が欲しい機能

2.9.1. 基幹との連動

3. ゴール達成までには

3.1. 目的

3.1.1. 全体の生産性を高めて利益性を高めたい

3.1.2. サイトのアピールポイントにしたい

3.1.3. 従来かかっているコストを削減したい(アプリ・固定費など)

3.2. 目標

3.3. ビジョン

3.3.1. 自分達が楽になる!便利だ!と思える仕組みを作る

3.3.2. 発展性がある未来を見据えた仕組みづくり

3.4. ミッション

3.5. 夢

4. コンセプト

4.1. 価値

4.1.1. データチェック速度

4.1.2. 人件費

4.1.3. 新たな業務の創出

4.1.4. 競合との差別化(独自性)

4.1.5. C(コンシューマ)のユーザー獲得

4.2. お客様

4.2.1. 便利

4.2.2. いつもと同じ仕上がり

4.2.3. 希望のチェック箇所

4.2.4. ユーザーメリット

4.2.4.1. 値段

4.2.4.2. 速度

4.2.4.3. 補正

4.2.4.4. 付加価値

4.2.4.4.1. 仕上がりのイメージ

4.2.4.4.2. ノセ(オーバープリント)

4.3. ゼロベース

4.3.1. 開発方法

4.3.1.1. フルスクラッチ

4.3.1.2. パッケージ

4.3.1.2.1. 候補

4.3.2. 機能

4.3.2.1. 構造

4.3.2.1.1. プラグイン

4.3.2.1.2. サイト

4.3.2.1.3. スクリプト

4.3.2.1.4. エンジン

4.3.2.2. AI

4.3.2.2.1. 何が出来る

4.3.2.2.2. 求める精度

4.3.2.2.3. 人の強み

4.3.2.2.4. これできるの?

4.3.3. データチェック

4.3.3.1. 基準・しきい値

4.3.4. 仕様

4.3.4.1. アドビデータをそのまま

4.3.4.2. オフィス

4.3.4.2.1. そのまま

4.3.4.2.2. PDF

4.3.5. 面付けシステム

4.3.5.1. 連携

4.3.5.1.1. 案件情報

4.3.5.1.2. 優先度

4.3.5.1.3. 絵柄面積率

4.3.6. シンプル化

4.3.6.1. 条件

4.3.6.1.1. 統一

5. 範囲

5.1. WEB

5.1.1. ugo

5.1.1.1. 通常

5.1.1.2. API

5.1.2. イロドリ

5.1.2.1. 通常

5.1.2.2. API

5.1.3. VOS

5.1.3.1. 通常

5.1.3.2. API

5.2. 営業案件

5.2.1. ugo

5.2.1.1. APカンパニー

5.2.2. イロドリ

5.2.3. VOS

5.2.4. 営業部

5.3. アスクル

5.3.1. チラシ

5.3.2. デジタル名刺

6. スケジュール

6.1. 定例ミーティング

6.1.1. 要件定義

6.1.1.1. 開発方針

6.1.1.1.1. 稟議

7. その他(メモ)

7.1. 高齢化に伴う人員の確保難

7.2. データに纏わる電話対応

7.3. クリエイティブな内容

7.4. 仕上り位置はどこか?

7.5. 仕上がり(加工後の見え方)は正しいか?

7.6. 分類

7.6.1. 機械

7.6.2. 人

7.6.2.1. 色を見る

7.6.3. 両方

7.7. まずは

7.7.1. 窓口分ける

7.7.2. データチェックの時短

7.7.3. 分割

7.7.3.1. エンジン

7.7.3.2. モジュール

7.8. ベンダー

7.8.1. 会社

7.8.2. 将来性

7.8.2.1. 保守面

7.9. 連動性

7.9.1. 用紙見本

7.10. 帆風らしさ

7.10.1. 手を煩わせない

7.11. カンプ

7.11.1. 印刷データと合体

7.11.2. InDesignServer

7.12. 置き換え作業

7.12.1. 人間が行っている作業洗い出し

7.12.1.1. 案件選定

7.12.1.2. 入稿データダウンロード

7.12.1.3. データチェック

7.12.1.4. メール送信

7.13. データチェックとは

7.13.1. 生産性の低い業務(あらを探す仕事)

7.13.2. 人間は、生産性の高い業務を行う

7.14. RPA

7.14.1. 活用方法

7.14.2. 検証

7.15. 5G

7.15.1. 関連性

7.15.2. 活用方法

7.16. 封筒案件

7.16.1. トリミング

7.16.2. 色置き換え

7.17. メール作成

7.18. マイページでレスポンスが完結

7.19. データのソムリエ

7.20. 自動面付けへの展開

7.20.1. 面付けの玉

7.21. 人間のブレ

7.21.1. 指摘事項など

7.22. データチェックの価値

7.22.1. スペシャリスト

7.22.2. デザイン

7.22.3. 付加価値

7.23. たとえ話

7.23.1. 電車の切符切り

7.23.2. Suicaの様な世界を作れるんだ

7.24. ペルソナ

7.24.1. 社長

7.24.2. メンバー

7.24.3. パートナー or 内製

7.25. 脱Trueflow

7.26. ジャスト・イン・通し枚数(通し枚数を絞ったキャンペーン)

8. 人の価値

8.1. データの作成方法の案内

8.1.1. メール

8.1.2. 電話

8.1.3. 訪問

8.2. ご利用ガイドへのフィードバック

8.2.1. 文章

8.2.2. 動画

8.3. 人の手でないと出来ない付加価値

8.3.1. 補正作業

9. 懸念

9.1. フロントとの連携

9.1.1. サービスを維持・向上

9.2. 配送先

9.2.1. データとのひも付き

10. 無人化のその後

11. ・目的  -人の付加価値を高めるため、機械で作業できることを置き換える ・目標  -受注部門の業務無人化  -データチェックの業務の無人化  -生産性の低い業務の無人化  -生産性の高い業務へシフト  -リソースの有効活用

11.1. ・短期戦略(オペレータの稼働が無くなる)  効率化が進んでいく

11.1.1. 無人化として

11.1.1.1. 自動データチェック

11.1.1.1.1. Where(どこ)3社共通(Vanfu、ugo、Primarire) Who(だれ), Web受注の案件 When(いつ), ●ヶ月で実装したい What(何),データのDLから検版まで Why(なぜ)

11.1.1.2. 面付システム

11.1.1.3. カスタマーとの連携

11.1.2. メンバーの取り組みとして

11.1.2.1. データソムリエ

11.2. 中期的戦略(客が便利だとおもう)  顧客満足度MAX

11.2.1. 無人化として

11.2.1.1. 販売戦略

11.2.1.2. 加盟店の増加

11.2.1.3. 業務提携

11.2.1.3.1. 新しいツールの開発

11.2.2. メンバーの取り組みとして

11.2.2.1. 人しかできないコト

11.2.2.1.1. データソムリエ

11.2.2.1.2. システムの管理者

11.2.2.1.3. デザイナー、制作業務のプロ

11.3. 長期的戦略 (外部展開できる状態)  -社内利用 < 社外展開  -作業 < 人しかできないコト