AIP運営

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
AIP運営 により Mind Map: AIP運営

1. 競合

1.1. 日本NLP協会

1.1.1. 運営

1.1.1.1. 株式会社ジーニアス・ブレイン

1.1.2. NLPジャパン・ラーニングセンター

1.1.3. 全米NLP協会

1.1.3.1. 公認スクール

1.1.4. 強み

1.1.4.1. メルマガ

1.1.4.1.1. まぐまぐ

1.1.4.1.2. 自社配信

1.1.4.2. 3つの資格獲得

1.1.4.2.1. 全米NLP協会

1.1.4.2.2. 日本NLP協会

1.1.4.2.3. カナダ Success Strategies社

1.1.4.3. マスタートレナー取得可能

1.1.4.4. NLP協会

1.1.4.4.1. 設立

1.1.4.5. 海外有名トレーナー

1.1.4.5.1. 提携

1.1.4.6. フォローアップ制度

1.1.4.6.1. 充実

1.1.4.7. トレーナー資格

1.1.4.7.1. サポート

1.1.4.8. トレーナー選考基準

1.1.4.8.1. 設定

1.2. NLPラーニング

1.2.1. 運営

1.2.1.1. 株式会社 NLPラーニング

1.2.1.1.1. 山崎啓支

1.2.2. 所属

1.2.2.1. 米国NLP協会

1.2.3. 切り口

1.2.3.1. 技術

1.2.3.1.1. 公式

1.2.3.2. 知識

1.2.3.2.1. 公式

1.2.3.3. 知恵

1.2.3.3.1. 応用力

1.2.3.4. つまり

1.2.3.4.1. NLPの本質

1.2.3.4.2. 人間の本質

1.2.3.4.3. 理解できるプログラム

1.2.3.5. 参考URL

1.2.3.5.1. NLPラーニングの存在理念 | 山崎啓支のNLPラーニング

1.3. 日本NLPアカデミー

1.3.1. 運営

1.3.1.1. 日本コミュニケーショントレーナー協会

1.3.2. 所属

1.3.2.1. 米国NLP協会

1.3.3. 強み

1.3.3.1. 全国6万社が加盟する中央労働災害防止協会でコミュニケーション研修担当

1.3.3.2. 独立行政法人教職員支援機構で全国の小・中、高等学校の教員向けコーチング研修担当

1.3.3.3. 労働基準監督官(国家公務員)合同研修でメンタルトレーニング・コミュニケーション技術担当

1.3.4. 特徴

1.3.4.1. 「オーダーメイド」×「体験学習」×「Being」

1.3.4.2. 毎年3000名

1.3.4.2.1. 1日コース

1.3.4.3. 振替講座

1.3.4.3.1. 無料

1.3.4.3.2. 1年半以内

1.3.4.4. 追加費用無し

2. NLPの分類

2.1. NLP共同創始者系

2.1.1. リチャード・バンドラー米国NLP協会

2.2. NLP共同開発者系

2.2.1. クリスティーナ・ホール米国NLP協会

2.2.2. ロバート・ディルツNLP

2.3. マスタートレーナー系

2.3.1. タッド・ジェームスNLP全米NLP協会

3. AIP

3.1. 米国統合心理学協会AIP認定

3.1.1. 強み

3.1.1.1. 対象

3.1.1.1.1. 企業

3.1.1.1.2. 病院

3.1.1.1.3. 政府機関

3.1.1.2. 更新され続ける

3.1.1.2.1. 学会

3.1.1.3. 海外スピーカー

3.1.1.3.1. ロバート・キヨサキ

4. 運営

4.1. 対象

4.1.1. 法人

4.1.1.1. 人事部

4.1.1.2. 研修

4.1.1.3. 大槻

4.1.1.3.1. 営業

4.2. 集客

4.2.1. オウンドメディア

4.2.1.1. 記事作成者

4.2.1.1.1. トレナー

4.2.1.2. 投稿

4.2.1.2.1. 画像選定

4.2.1.3. コンテンツ管理システム

4.2.1.3.1. 構築済み

4.2.2. Youtube

4.2.2.1. コンテンツ

4.2.2.1.1. トレーナー

4.2.2.1.2. 1日

4.2.2.2. 制作代行

4.2.2.2.1. 編集

4.2.3. FBグループ

4.2.3.1. トレーナー

4.2.4. プレスリリース

4.2.4.1. テレビ

4.2.5. 出版

4.3. セミナー

4.3.1. リアル

4.3.2. オンライン

5. モデリング対象

5.1. 海外

5.1.1. コンテンツ

5.1.1.1. 日本に持ってきて

5.1.1.1.1. 成功したのは?

5.1.1.1.2. 失敗