10億円達成までの軌跡

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
10億円達成までの軌跡 により Mind Map: 10億円達成までの軌跡

1. 鍵を変え、常識を変え、世界を変えていく NO OFFICE PACK, NO OFFICE!

1.1. KR1 受注単価をAve150,000円へ

1.1.1. オフィスパックの値上げ

1.1.1.1. 竹下さんが新価格表作る

1.1.1.1.1. 福澤さんに承認を得る

1.1.2. NFCカードの販売

1.1.2.1. 1枚500円

1.1.2.1.1. 門川さんに在庫確認

1.1.2.1.2. SFDCの納品オブジェクトに追加する。

1.1.3. ワンタイムチケットの形骸化への対策と金額プランの策定

1.1.3.1. 代表承認を得る

1.1.3.1.1. ワンタイムチケット使い放題プラン

1.1.3.1.2. そもそもOTK廃止する。

1.1.3.1.3. 課題を洗い出す

1.1.4. 製品がお客様起因で壊れた時にいくら請求するか決める。

1.1.4.1. 原価の確認

1.1.4.2. ハード・リーガルと相談 w/もろさん

1.1.5. 予備電池の販売

1.1.5.1. オフィスパック1式辺り16本で売る

1.1.5.1.1. 4000円を上乗せ

1.1.5.1.2. 値引き交渉の材料にする。

1.1.5.2. 充電池の調査。市場に存在する?

1.1.5.2.1. Panasonicの製品がベスト

1.1.6. バッテリーケアの販売

1.1.6.1. 開発にバッテリーの正確な取得ができる時期感を確認

1.1.6.2. 新倉庫の稼働時期を確認

1.1.6.3. +7980円のサービス

1.1.6.3.1. 2回の交換を想定

1.1.6.3.2. 電池切れ前に自動で送付されるのがみそ

1.1.7. 保険プランを作る

1.1.7.1. 故障・破損プラン

1.1.7.2. 盗難・紛失プラン

1.1.8. アタッチメントパックの値上げ

1.1.8.1. 1000円が原価らしい

1.1.8.2. Miwa LA/DAには、売らない

1.1.8.2.1. 代わりにアタッチメントパックが必要なユーザーには、2000円請求する。

1.1.9. Maclear ring をISで代理販売する

1.1.9.1. 単価高いので需要ないかも

1.1.9.1.1. 経営者が1つ買うことはあるのでは?

1.1.10. レセプションを販売

1.1.10.1. LP資料の作成

1.1.11. 設置代行サービスの開始

1.1.11.1. 東京限定

1.1.12. 特殊ホルダの販売

1.1.12.1. 1個5000円

1.1.13. 社内向けに新製品/新機能の提案

1.1.13.1. コンビニの自動ドア用のbitlockの開発

1.1.13.2. 電子錠タイプ

1.1.13.2.1. 美和ロック

1.1.13.3. PMFに情報を反映させる。

1.1.14. 3カ月利用10,000円→そのままご契約75,000円

1.2. KR2 リードに対する成約率→30%へ

1.2.1. リードを4倍にする。

1.2.1.1. ToBの予算作成

1.2.2. ToB ECサイトの構築

1.2.2.1. もろさんが出している案のブラッシュアップ

1.2.2.1.1. 導入事例

1.2.2.1.2. Wi-Fiコネクタの絵図の可視性の向上

1.2.3. マーケットリサーチをし、正しいお客様に売る

1.2.3.1. 仮説

1.2.3.1.1. 1、法律・税務事務所に需要があるのではないか?

1.2.3.1.2. 2、大学に需要があるのではないか?

1.2.4. 既存リードのリサイクルをする

1.2.4.1. メール送る

1.2.4.1.1. 導入事例の掲載

1.2.4.1.2. 最新のニュースを掲載

1.2.4.2. クーポン発行する

1.2.4.2.1. 予備の電池16個が無料でついてくる。

1.2.4.3. 値上げ前の最終告知で刈り取る

1.2.4.3.1. メール文案の作成

1.2.5. 未受注の80%のフェーズを見える化

1.2.5.1. 商談不成立理由の設計

1.2.5.1.1. 目的

1.2.5.1.2. 仮説

1.2.5.1.3. 現項目

1.3. KR3 大規模オフィスの初受注と型(パッケージ)化の始動

1.3.1. 外部パートナー候補の洗い出しと選定

1.3.1.1. 勤怠は、アマノ?ジョブカン?

1.3.1.2. オフィス移転だけでなく、セキュリティルームへの設置や オフィス入り口のセキュリティ強化のための設置 というキッカケを提案できるパートナーも探す。

1.3.1.3. オカムラ

1.3.1.4. JSC

1.3.1.5. HIS

1.3.1.6. ココネ

1.3.2. コワーキングドメインの製品化

2. 業務改善

2.1. クリエイティブサーベイの導入

2.1.1. 安達さんとWBS作成

2.1.1.1. 叩き完成

2.1.1.1.1. SFDCへの連携待ち

2.2. SFDCのメンテナンス

2.2.1. 台数合意予定日を見積もり有効期限日に変更

2.2.2. 商談の再設計

2.2.2.1. フェーズの見た目はそのまま

2.2.2.2. サクセスマネジメント見直し

2.2.2.2.1. 必須入力項目の削減

2.2.3. 滞留商談のレポート to メール

2.2.4. 見積もり有効期限(完了予定日)のレポート to メール

2.2.5. マーケの意見を反映

2.2.5.1. 顧客の属性情報を選択形式で蓄積

2.2.6. OCSの意見を反映

2.2.6.1. 営業段階で感じたお客様の定性的な情報

2.2.7. LPからの流入に対し、auto-replyが無い。

2.3. 見積もり作成の効率化

2.3.1. 不要なチェック事項をなくす。

2.3.2. チェック項目を見やすくする。

2.4. サムターン設置可否の自動化

2.4.1. クエスト化する方針

2.4.1.1. きくっちーのお尻を叩く

2.4.1.2. 課題を言語化し、パスする。

2.5. KPIの改善

2.5.1. 毎日改善していけるKPIの項目を決める。

2.5.1.1. 活動量の質に差がありすぎる。 現在のSFDCの設計上、 電話とメールの数しか集計できない。

2.5.1.2. 目標値を主体的にコントロールできない。

2.5.1.3. 商談化するタイミングの定義がないので、 個々の判断に依存している。

2.5.1.3.1. 定義「先方に弊社製品への興味がある人が少なくとも1人いる。」

2.6. 標準資料の作成

2.6.1. LP

2.6.2. 管理システム

2.6.2.1. ・資料のシナリオ(それでどういうひとをどういうステータスに変えたいか) ・意図がわかるキャプチャやアイコン、シンボルの配置

2.7. 利用規約の改善

2.7.1. シーサーの事例を昇華させる

2.7.2. ワンチケの動きも並行する。

2.8. 納期短縮、発送5のつく日のしばりをなくす。

2.9. メンバー一人一人の役割を考える。

2.9.1. 竹下さん

2.9.2. 長友さん

2.9.3. 原田さん

2.9.4. 岡本さん

2.9.5. 川越さん

2.9.6. 両角さん

2.9.7. 山田さん

2.9.8. 新加入:谷口さん

3. 採用計画

3.1. 合同会社説明会の進捗追う

3.1.1. lost

3.2. リファラル Qで5人

4. マネジメント層の強化

4.1. マネジメント王に俺はなる!

4.1.1. 1年後の目標