コロナ対策0428

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
コロナ対策0428 により Mind Map: コロナ対策0428

1. 0501

1.1. 仮にDr一人体制

1.1.1. 一日見れるのは15人か

1.1.1.1. 損益分岐点は200万?

1.1.1.1.1. ギリギリ超えるか

1.2. 仮にDr1人 助手一人

1.2.1. 20人見れる

1.2.1.1. 収入が300くらいで

1.2.1.1.1. 費用が250かな

1.3. 仮に閉院

1.3.1. 買い手が見つかればとんとん

1.3.1.1. なければ5000万の借金がのこる

1.4. 仮に現状維持

1.4.1. 患者は3割減るはず

2. 住んでいる世界が変わりました

2.1. 歯科医院には公衆衛生に寄与する義務がある

2.2. もうコロナウイルスはすぐそこにいる

3. 清水歯科がクラスターにならないために

3.1. 私たちが今やっていることすべてが不要不急なことはないが不急な場合はある

3.2. 縮小診療

3.2.1. 4月14日より実施

3.2.1.1. 期間は2週間を予定

3.2.1.1.1. コロナウイルスの潜伏期間は約2週間

3.2.1.1.2. 濃厚接触者のPCR検査がひと通り終わるはずの期間

3.2.1.1.3. 新たなクラスターが発生するなどで延長する可能性は大いにある

3.2.1.1.4. 縮小診療延長は随時判断

3.2.1.2. 国と歯科医師会からは自粛要請は出ていません

3.2.1.3. 国曰く自分で考えろとのことで

3.2.2. 予約制限 出勤は DH2 DA1 パートさんは休んでもらいます

3.2.2.1. 急患対応と印象した補綴物の完成 義歯なら完成と調整まで

3.2.2.2. 現在入っている予約は今日電話して2週間開けてもらう

3.2.2.3. タービンを使う機会を最小限に

3.2.3. 診療内容の制限

3.2.3.1. 飛沫が飛ぶようなことを極力避ける

3.2.3.2. 縮小診療中に処置すること

3.2.3.2.1. 印象してしまった補綴物のセット

3.2.3.2.2. 痛い人の投薬 やむを得ない咬合調整 抜髄 感染根幹処置

3.2.3.2.3. 脱離した人の仮封

3.2.3.2.4. 痛い人の義歯調整

3.2.3.3. 電話対応

3.2.3.3.1. 新患のひとは本当に応急処置しかしないことを十分に説明の上

3.2.3.3.2. 現状の予約はセット以外ほぼ延期

3.2.3.3.3. 変更依頼の電話で痛みがあるか何か不都合はないか聞いてください

3.2.4. 2週間分 28日までのシフトを明日までに作る

3.2.5. 来週以降は時短も考慮します

3.3. 休業期間中

3.3.1. 給与

3.3.1.1. 今回の縮小診療は自主的なもの

3.3.1.2. 休んだ期間の給与が下がることはありません

3.3.1.2.1. 政府の雇用調整助成金により9割保証される

3.3.1.2.2. 賞与に関しては検討中

3.3.2. 休業中に休んでいる従業員が行うこと

3.3.2.1. 外出は基本的に禁止

3.3.2.1.1. 院長は専門学校の授業休みますし散髪屋も延期します

3.3.2.1.2. STAY HOME(命令形)

3.3.2.1.3. 縮小診療の意味を考えて

3.3.2.1.4. 医療従事者の一員として一般職より予防に努めるべき

3.3.2.1.5. 手洗いうがい 3密をさける

3.3.2.1.6. 外食は禁止

3.3.2.2. なんらかの課題を出しますが本日時点では未定です

4. コロナ後の世界

4.1. いつこの難局がおわるのか誰にもわからない

4.1.1. 人類はこの難局を克服できる

4.1.2. むしろリモートワークとか遠隔授業とか一気に進むはず

4.2. 清水歯科の経済活動としては一歩後退

4.2.1. 医院収入は5分の1程度になる

4.2.1.1. 何年もかけて取り戻せばいい

4.2.1.2. 6か月つづけば廃業も考えます

4.2.2. クラスターが出た場合は存在意義を失う

4.2.3. 退職を考える方はご相談ください

4.3. スタッフの皆さんのご協力を賜りたいと思います

5. 松江市では7人の感染が確認されている

5.1. 伊勢宮でクラスター発生 濃厚接触者調査中 500人の問い合わせあり

5.2. 今松江市には無症状の陽性患者が100人単位で存在していると考えたほうが良い

5.3. 高知の歯科衛生士感染の件

5.3.1. 歯科治療で感染を完全に防ぐことは不可能であることが証明された

5.3.2. スタンダードプリコーションで感染を防げると無邪気に信じていた

5.4. 未確認だが埼玉 神奈川でも同様の事例があるようです

5.5. マスク グローブ 防護服の在庫不足による感染対策不全

5.5.1. もし通常通り診療するならN95マスクと防護衣が必要

5.5.2. とくにマスクはつい最近まで9月までの在庫があったはず

5.5.2.1. マスクの在庫のカウントを間違えたか誰かが持って帰ったか

5.5.2.2. 休業中に考えなきゃいけない

6. with covit-19

6.1. いつか感染するつもりで行動する

6.1.1. 院内感染予防

6.1.1.1. 飛沫感染

6.1.1.1.1. PPE

6.1.1.2. 接触感染

6.1.1.2.1. 基本拭く

6.1.1.2.2. 受付でまず手指を消毒

6.1.1.2.3. サランラップを触るところに貼る

6.1.1.3. 空気感染

6.1.1.3.1. 換気

6.1.2. 日常的に3密を避ける

6.1.2.1. 不要不急の外出は禁止です

6.1.2.1.1. STAY HOME!

7. 実際陽性患者が来たとき

7.1. たとえば陽性の患者が来院したばあい

7.1.1. 数日後に保健所または患者自身から歯科に電話連絡がある

7.1.1.1. 保健所に指示を仰ぐ

7.1.1.1.1. 濃厚接触者となった人は2週間休む

7.1.1.1.2. 数日間の閉院

7.1.1.1.3. 予約の変更

7.1.1.2. 保健所もまだ対応が定まってない様子

7.1.1.2.1. 適切に対応すれば濃厚接触者にあたらないはずだが実際は保健所との相談になる

7.2. 濃厚接触者

7.2.1. 「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」の感染可能期間に接触した者のうち、次の範囲に該当する者 である。 • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者 • 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者 • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者 • その他: 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患 者(確定例)」と 15 分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者 の感染性を総合的に判断する)。

7.2.1.1. 家族が濃厚接触者の場合はどうなるか

7.2.1.1.1. 該当者のみ休業

8. 松江市

8.1. 感染源が追及できる状態

8.1.1. 濃厚感染者がであるいてはいないはず

8.1.1.1. 診療再開のめど

9. https://mm.tt/1467014878?t=AeLCMx2YZd