自動生成 MyBatisGenerator

(作成途上)Mybatisgeneratorの実装時に参考にさせて頂いたサイト集

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
自動生成 MyBatisGenerator により Mind Map: 自動生成 MyBatisGenerator

1. 手順

1.1. プロジェクト作成

1.1.1. Springスターター 作成

1.1.1.1. MybatisFramework

1.1.1.2. SpringWeb

1.1.1.3. lombok

1.1.1.4. MySQL

1.1.1.5. Thymeleaf

1.2. Controller作る

1.2.1. SpringBootのアノテーションが付いているクラスがあるパッケージ と同一orサブパッケージ上に無いと読み取らない様子

1.3. VIEW作る

1.3.1. th:でThymeleafの機能作る

1.4. 一度SpringBootを起動させる(localhost8080/が表出されるかチェック)

1.5. スキーマ、テーブルを用意する

1.6. Mybatisgeneratorを準備

1.6.1. EclipseMarketPlace

1.6.2. Mavenで依存関係を追加する

1.7. generatorConfig.xmlを生成

1.7.1. プロパティは公式に詳しい

1.7.1.1. 手書きで打つとイージーミス増えるので注意

1.7.2. 参考サイトも同じく

1.7.3. 困った/コネクタの場所(クラスパス)

1.7.3.1. クラスパスの設定

1.7.3.2. なれてないと書き方が難しい、 公式やきちんと説明のあるサイトを推奨

1.8. Mybatisgeneratorの実行

1.8.1. 実行→実行構成

1.8.1.1. 成功

1.9. 生成されたファイルの確認

1.9.1. 必要とされるもの らしい、要検証

1.9.1.1. 使用するエンティティとSQLを記載したMappr.xml

1.9.1.2. MapperのJavaインタフェース

1.9.1.3. テーブル、またはビューのエンティティクラス

1.9.2. 場所大事

1.10. 生成ファイルの修正

1.10.1. @Mapper付与

1.10.1.1. MapperのJavaインタフェース(デフォルトはついてない)

1.10.2. @ToString付与

1.10.2.1. テーブルのエンティティクラス

1.11. コントローラーの修正

1.11.1. DBの結果を持ってくるように調整

1.12. Viewの修正

1.12.1. コントローラーに合わせて調整

1.13. SpringBoot起動→結果確認

1.13.1. フォルダ構成

2. 参考にしたURL

2.1. MyBatis – MyBatis 3 | 設定

2.2. MyBatisを使ってみよう | キャスレーコンサルティング株式会社

2.3. MyBatis Generator の使用方法 | リーサコンサルティング株式会社

2.4. MyBatis Generatorを使ってMapperクラスやXMLファイルを自動生成する | Baby Steps

2.5. [Java]MyBatisを使ってみた(3.0.2) - honeplusのメモ帳

2.6. Spring Boot + MySQL + MyBatis + MyBatis Generator 1 | 雑廉堂の雑記帳

2.7. Spring Boot + MySQL + MyBatis + MyBatis Generator 2 | 雑廉堂の雑記帳

2.8. Spring Boot 入門 - 公式ドキュメントの日本語訳

2.9. 1.公式/手動で作成するならプロパティ等が全て書いてあるのでやはり強い 2.メインで参考にした(説明が詳細、きちんと手順あり) 3.generatorConfigを作成する際に参考にした(パラメータの意味が記載) 4.5参考程度(自作するなら必要なものリストとして) 6.7そのまま手順ベースでMybatisgeneratorまで実装できる 8なんだかんだで公式を読んだことがなかった、きちんと読めば理解度上がる

3. 楽

3.1. データベースにテーブルでビューを作成

3.2. データベースのテーブルと対になる POJO クラスを作成

3.2.1. POJO/Plain Old Java Object

3.2.1.1. リンク

3.2.1.1.1. POJO とは - Qiita

3.2.1.1.2. POJO‚ƂÍ - IT—pŒꎫ“T IT辞典。

3.2.1.2. 依存性も何も無い単なるJavaObjectのこと

3.2.2. EJB

3.2.2.1. リンク

3.2.2.1.1. EJB‚ƂÍ - IT—pŒꎫ“T

3.2.2.2. 意味

3.2.2.2.1. Java言語の企業システム向け拡張仕様Java EE(Enterprise Edition)の一部

3.2.2.2.2. サーバ上で動作するアプリケーションをソフトウェア部品(コンポーネント)を組み合わせて開発・実行できるようにするもの。

3.2.2.3. 種類

3.2.2.3.1. Session Bean (セッションBean)

3.2.2.3.2. Message-Driven Bean (メッセージ駆動Bean/MDB)

3.2.2.3.3. Entity Bean (エンティティBean)

3.2.2.4. 歴史

3.2.2.4.1. 設定が複雑で普及しなかった

3.2.2.4.2. 2007年

3.2.2.4.3. 2009年

3.3. データベースアクセス用のインターフェースクラスを作成

3.3.1. @mapperがついてるやつ?

3.4. インターフェースクラスに対応したマッパーXML を作成

3.4.1. xmlファイル

4. ざっと纏めてありますが、 基本、8番の参考サイトの手順通りです。詳細はそちらで。 私もいつかこういう記事が書けたらなと思える内容でした。