ビットコイン

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
ビットコイン により Mind Map: ビットコイン

1. 国家破綻

1.1. 自国通貨の暴落

1.1.1. 貯金しても資産が残せない

2. 2020/10/23 ビットコイン買いの理由

2.1. 1三角保ち合いを上にブレイクアウト

2.1.1. 価格の上昇と、下落の値幅が徐々に狭まっていき最終的にどちらか一方に大きく動く事を示唆するチャートパターン

2.2. 2半減期

2.2.1. マイニング

2.2.1.1. 日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちにビットコインの新規発行をし報酬を与えること

2.2.1.1.1. 半減期後はビットコインの値上がりがあると予想されている

2.3. 3政府による現金給付と個人投資家の参入

2.3.1. 国から追加の景気支援策があった

2.4. 4ヘッジファンドや年金基金による買い

2.4.1. ←価格が値上がりする可能性がある

2.4.1.1. これまでポートフォリオにビットコインを投資していなかった投資家が、どんどん組み入れてくる可能性があると予想できる

2.5. 5マネーサプライの膨張

2.5.1. 通貨供給

2.5.1.1. アメリカ1兆ドル、EU7500億ユーロ のマネーサプライ

2.5.1.1.1. 巨額のマネーが市場に流出するため、資産価格が相対的に上がりやすい

2.6. 6ビットコインの市場規模は小さい

2.6.1. 債券市場の規模は86兆5000億ドル、株式市場n規模は67兆5000億ドル

2.6.1.1. ビットコイン市場は1120億ドルしかない為に、世界中の投資家たちが、1%振り分けするだけでも、ビットコイン市場に与える影響は大きいと言える

2.6.1.1.1. 大きなバケツの水を小さなコップに入れて溢れ出すイメージになるということ

3. ヘッドアンドショルダー

3.1. ヘッドアンドショルダーは、トレンド転換を示すパターンとして重宝されますが、このパターンには、天井を示すパターンと底を打つパターンの2つがあり、天井を打つパターンのことをヘッドアンドショルダートップ(三尊)と呼びます。 3回の高値(天井)をつけて、その3回とも売り方に押し戻されるチャートが形成された時、真ん中(高値2)を「頭(ヘッド)」、左右(高値1、高値3)を「肩(ショルダー)」と見立て、「ヘッド・アンド・ショルダー」と呼びます。 通常は、ダブルトップでほぼ同じ形で2回高値を形成し天井をつけるパターンが多いのですが、ヘッドアンドショルダーはトリプルトップともいわれ、さらにもう1回高値をつけることでより確率の高いトレードポイントになる

3.2. 日本では、釈迦三尊像に見えることから「三尊天井」とも呼ばれます。ちなみに、数霊の世界では、「三」という数字には、強力な「繁栄・達成・成功」という意味とともに、「カタストロフィー現象」を引き起こすという意味を持ちます。

4. ネックライン

4.1. 釈迦の頭、ネックラインから頭(ヘッド)の天井分の長さだけ値下がりする可能性が高い(底打ち)

5. 発行上限数2100万枚

5.1. ビットコインが速攻でマイニング(採掘)されてしまうと、供給量が増えてビットコインの価格が大暴落しかねない

5.2. 供給量が増えないようにマイニング報酬を定期的に半減させ抑制するようにしている

6. PAYPAL(ペイパル)

6.1. 暗号通貨参入

6.1.1. Facebookリブラ協会の創設メンバーだった

6.1.1.1. 米政府の強力な抵抗があり、リブラ協会を脱退

6.1.1.1.1. ビットゴーを含む仮想通貨関連会社の買収にむけて交渉開始をしている