YouTubeチャンネルの売上が低い

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
YouTubeチャンネルの売上が低い により Mind Map: YouTubeチャンネルの売上が低い

1. アポ数が少ない

1.1. リード数が少ない

1.1.1. FSO既存顧客リードが少ない

1.1.1.1. アタック数が少ない

1.1.1.1.1. 既存顧客の母数が少ない

1.1.1.1.2. 提案可能な既存顧客が少ない

1.1.1.2. アタック効率が低い

1.1.1.2.1. アタックすべきタイミングが悪い

1.1.1.2.2. アタックする提案が弱い

1.1.1.2.3. 決裁者まで辿りつけていない

1.1.1.2.4. YouTubeの関係部署へアタックできていない

1.1.2. 新規顧客リードが少ない

1.1.2.1. 新規チャネルが少ない

1.1.2.1.1. セミナーを行えていない

1.1.2.1.2. ナーチャリング施策が弱い

1.1.2.1.3. メルマガ配信できていない

1.1.2.2. 既存チャネルからのリードが少ない

1.1.2.2.1. ムビラボサイト

1.1.2.2.2. FSOサイト

1.1.2.2.3. 紹介

1.1.2.2.4. FM

1.1.2.2.5. 名刺活用が弱い

1.2. アポ率が低い

1.2.1. 既存顧客は上記の通り

1.2.2. 新規顧客アポ率が低い

1.2.2.1. 打ち合わせ前の対応が足りていない

1.2.2.1.1. リード獲得時の提案ができていない

1.2.2.2. 打ち合わせ中の対応が足りていない

1.2.2.3. 打ち合わせ後の対応が足りていない

1.2.2.4. 受注後の対応が足りていない

1.2.2.4.1. 発注書締結時点での提案ができていない

1.2.2.5. 納品後の対応が足りていない

1.2.2.6. 入金後の対応が足りない

2. 受注率が低い

2.1. 提案力が低い

2.1.1. 高い費用対効果を出せる提案ができていない

2.1.2. クライアントのニーズをわかっていない

2.2. 商材力が低い

2.2.1. 費用が高い

2.2.1.1. 競合と比べて高い

2.2.1.2. フリーランスと比べて高い

2.2.1.3. 内製と比べて高い

2.2.2. サービス品質が低い

2.2.2.1. コンテンツ企画が弱い

2.2.2.1.1. ユーザーの求めているコンテンツが理解できていない

2.2.2.1.2. クライアントの目的の理解ができていない

2.2.2.1.3. クライアントの求めている動画内容を理解できていない

2.2.2.1.4. 参考動画に偏りすぎて、オリジナルの企画ができていない(=プロデュース能力が低い)

2.2.2.2. 動画のクオリティが低い

2.2.2.3. VSEO対策が弱い

2.2.2.4. チャンネル登録者数を伸ばすロジックが弱い

2.2.2.5. 出演者へのサポートが弱い

2.2.2.5.1. 台本を用意できていない

2.2.2.5.2. 台本なしの場合のサポートが弱い

2.2.3. サービスの強みがない

2.2.3.1. 格安・大量動画制作という強みがフックになれていない

2.2.3.2. マーケットのニーズを理解していない

3. 受注効率が低い

3.1. 受注までの理想的な導線がない

3.1.1. 1提案までの準備が多い

3.1.1.1. 参考動画のリストアップが多い

3.1.1.2. 参考チャンネルのリストアップが多い

3.1.1.3. ポジショニングマップの作成が重い

3.1.2. 1受注までのアポ数が多い

3.1.2.1. すり合わせ内容が多い

3.2. ホットリードとコールドリードの区別ができていない

3.3. 狙いたい提案で獲得できていない

3.3.1. 市場のニーズを理解できていない

4. リピート率が低い

4.1. 受注後のサービス品質が低い

4.1.1. 費用対効果が合わない

4.1.2. 顧客対応満足度が低い

4.2. リピート率の定義がない

4.3. 解約率がわからない