アダム・スミス

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
アダム・スミス により Mind Map: アダム・スミス

1. 書籍

1.1. 道徳感情論

1.1.1. 社会秩序が感情を基盤として形成される

1.1.2. 目的:社会秩序生み出す人間の本質を解き明かすことを目的

1.1.3. どのようにして:

1.1.3.1. 共感

1.1.3.1.1. 他人に関心に持つということ

1.2. 国富論

2. 時代背景

2.1. 重商主義の支配

2.2. 民間による産業ぼ勃興

3. 思想

3.1. 経済的自由主義的な側面

3.1.1. 前提(重商主義批判)

3.1.1.1. 国富=生産物

3.1.1.2. 労働価値説

3.1.1.2.1. 商品の価値が労働によって図られる

3.1.2. 分業論

3.1.2.1. 分業は生産力の向上

3.1.2.1.1. ピンの工場の例

3.1.2.1.2. 市場規模

3.1.2.2. 生産力が向上すれば国民所得が向上

3.1.3. 蓄積の法則

3.1.3.1. 資本家が工場や機会設備に投資してさらに生産性を高める

3.1.3.2. 労働需要の高まり

3.1.4. 人口の法則

3.1.4.1. 人口が増えれば、市場規模が大きくなり分業が進展

3.1.4.2. 価格理論

3.1.4.2.1. 市場価格

3.1.4.2.2. 自然価格

3.1.5. 神の見えざる手

3.1.5.1. 理性中心的思想への批判

3.1.5.1.1. ホッブス:自然状態と社会契約説

3.1.5.1.2. ストア派

3.1.5.2. 自然的自由の制度

3.1.5.2.1. 人々が利己的に商売をしても、自由な市場の中で自生的な秩序とより多くの国富をもたらすことになる

3.2. 規制的な側面

3.2.1. 共感

3.2.1.1. 立場の交換

3.2.1.2. 公平な観察者

3.2.2. 徳

3.2.2.1. 安全保障

3.2.2.1.1. 人との交流の中で「徳」を身に着ける

4. 問題意識

4.1. 重商主義批判

4.1.1. 規制的な態度が市場の健全な発展を妨害してる

4.2. 重農主義批判

4.2.1. 都市の商工業者の軽視への批判