電動歯ブラシ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
電動歯ブラシ により Mind Map: 電動歯ブラシ

1. 鳥の目

1.1. 国内市場規模

1.1.1. オーラル関連市場

1.1.1.1. 4100億円ほど

1.1.1.1.1. 歯磨き

1.1.1.1.2. 洗口剤

1.1.1.2. 電動歯ブラシ市場規模

1.1.1.2.1. 260億円

1.1.1.3. 口腔ケア用品

1.1.1.3.1. 洗口剤が好調

1.1.1.4. 口腔ケア用具、機器

1.1.1.4.1. デンタルフロスや歯間ブラシのユーザー開拓が進展

1.1.1.5. 口腔ケア食品

1.1.1.5.1. 中清涼菓子市場が伸長する一方でオーラルケアガム市場の縮小続く

1.1.1.6. 医薬品・医薬部外品

1.1.1.6.1. 散剤の鎮咳去痰剤「龍角散ダイレクト」が好調

1.1.2. 電動歯ブラシ市場シェア

1.1.2.1. パナソニック(ドルツ) 16.9%

1.1.2.1.1. パナソニック(ドルツ)

1.1.2.2. フィリップス(ソニッケアー) 18.6%

1.1.2.3. ブラウン(オーラルB) 27.3%

1.1.2.4. オムロンヘルスケア(メディクリーン) 8.2%

1.1.2.5. サンスター(GUM) 4.4%

1.1.2.6. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000387.000007597.html

1.1.3. 日本における電動歯ブラシの浸透率は10%台

1.2. 国外市場規模

1.2.1. 47億ドル

1.2.2. シェア

1.2.2.1. コルゲート 20% P&G 20% フィリップス 17%

1.2.2.1.1. コルゲート・パーモリーブ

1.2.2.1.2. P&G

1.2.2.1.3. フィリップス

2. 虫の目

2.1. QUIP(アメリカ歯科ベンチャー)

2.1.1. Better oral care, made simple https://thebridge.jp/2019/01/quip-raises-40-million-to-expand-its-subscription-dental-care-products-and-services-pickupnews-2

2.1.1.1. 定期購入型のデンタル関連スタートアップ「Quip」が株式と借入によって4000万ドルの調達に成功している。昨年11月27日に報じられたもので、AirbnbやUberの初期投資家でもあるSherpa Capitalがリードを務めた。

2.1.2. 特徴

2.1.2.1. 歯医者との連携

2.1.3. ビジネスモデル

2.1.3.1. d2cサブスク

2.1.3.1.1. 3カ月毎の定期購入コース

2.1.3.2. Dental Connect

2.1.3.2.1. 全米数千の歯医者のネットワークを持つ

2.1.3.2.2. ユーザーに定期的な歯科検診を促進

2.1.3.2.3. ユーザーは歯科検診をすることでクーポン券がもらえる

2.1.3.2.4. 歯医者は顧客獲得の可能性、そしてQuipはエンゲージメント向上を見込める

2.1.3.3. オフラインでも事業展開

2.1.3.3.1. 小売大手のTargetと提携し、リアル店舗にて商品の陳列スタート

2.2. ペルソナ脳内マップ

3. 魚の目

3.1. 歴史(起源)

3.1.1. 世界

3.1.1.1. 1961年、障害者の器具としてアメリカで開発され、その後一般を対象に製品化された。

3.1.2. 日本

3.1.2.1. 日本では1990年代より普及が始まり、2000年以降口腔ケア意識の高まりを受けて普及率が急進した。出荷台数は2009年までは220万台前後で推移していたが、2010年はパナソニックの「ポケットドルツ」が150万台売れるヒットとなった事もあり、350万台に、2011年は400万台の予想になるなど市場規模は近年急拡大している

3.1.2.2. パナソニックの歴史

3.1.2.2.1. 日本と欧米では、文化も習慣も骨格も違う。もちろん歯並びも例外ではない。

3.2. トレンド

3.2.1. 最先端の電動歯ブラシ

3.2.1.1. P&G オーラルB iO

3.2.1.1.1. リニアモーターカーの原理を電動歯ブラシに

3.2.1.1.2. オーラルBアプリ」との連携し,歯ブラシ本体とOral-Bアプリをシームレスに連携することで、磨きムラや磨き残しをビジュアルで表現し、正しいオーラルケアに導く機能

3.2.1.2. P&G ジーニアスX

3.2.1.2.1. AIで磨き残しを改善

3.2.1.2.2. 第三者機関「コクラン・コラボレーション」(本部:英国)が、数ある電動歯ブラシの中で「歯垢除去」と「歯肉炎の減少」において、手磨きよりも高い効果があると評価

3.2.2. 日本における電動歯ブラシの浸透率は10%台

3.2.2.1. 諸外国では40%超の国もある中、まだまだ日本は低い。

3.2.2.2. コロナ禍の短期的な視点で見ても、健康・衛生対策としてのオーラルケアはますます重要になる。

3.2.2.3. 正しく効果的なオーラルケアができ、高い歯垢除去力の電動歯ブラシは重要性を増していく。