【就活・転職】「自己分析」のやり方に迷ったら、これだけ買え!オススメな本3選

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
【就活・転職】「自己分析」のやり方に迷ったら、これだけ買え!オススメな本3選 により Mind Map: 【就活・転職】「自己分析」のやり方に迷ったら、これだけ買え!オススメな本3選

1. リード文

1.1. 「就活や転職の自己分析って、結局何から始めたらいいの?」 「いざ、エントリーしようと思っても、自分の価値観がわからず、決めきれない」 という疑問をお持ちではありませんか?社会人5年目までに調査した「就活中にやってよかたこと」に関する調査でも企業分析に続き、自己分析が約30%を占めています。 この記事では、そんな「自己分析」に悩む方に、3つの本だけで、自己分析をスムーズに終える方法を伝えします。 読者も、自己分析ができておらず、就活、内定、内定辞退と「人生の迷子」を繰り返しました。のちに分かった”最短ルート”をご紹介します。

1.1.1. この記事では、そんな「自己分析」に悩む方に、3つの本だけで、自己分析をスムーズに終える方法を伝えします。

1.2. 社会人5年目までに調査した「就活中にやってよかたこと」に関する調査でも企業分析に続き、自己分析が約30%を占めています。

1.2.1. アンケートリンク

1.3. 読者も、自己分析ができておらず、就活、内定、内定辞退と「人生の迷子」を繰り返しました。のちに分かった”最短ルート”をご紹介します。

1.4. 【権威性】ちなみに、原体験ドリブン公認ファシリテーター・メモの魔力公認ノート・すとれングスファインダー受験済

2. オススメ1:メモの魔力

2.1. GOODPOINT! 付属の質問1000問に取り組むと、幅広い質問に対応でき、価値観を明確化することができる。

2.1.1. SHOWROOM株式会社の社長前田裕二さんによって書かれた本です。今や「スッキリ!」のコメンテーターでもお馴染みですね。 メモの魔力は1000の質問に対して、ファクト(事実)→抽象化→転用の形式に沿ってメモをすることで、自分の価値観を深く知ることができます。 特に、1人で黙々と考えること、書くことが好きな人、日記をよく書いていた人にオススメです。 本を読んでやり方のノウハウを身につけた後に、実さに自分を知る1000問の質問にトライしてみてください。また、このフレームワークは、 就職後の企画を練るときや情報収集の力としても役立ちます。メモが一生使える「武器」になること間違いなし!

2.1.2. 参考:1000問URL:こちらから今すぐ始めることもできます。

3. オススメ2:原体験ドリブン

3.1. 過去の実体験を元に、「なぜ」の質問を繰り返すため、 面接で具体性の高いエピソードを語れる。

3.1.1. 「1000問はちょっと・・・」「メモはどうしても手が止まってしまう・・・」「ファクトが全然思いつかない」 そんなあなたには、たっ5つの質問から「なぜ」で深掘りを繰り返す「原体験ドリブン」がオススメです。 この本も、ワーク形式になており、「今していること」「時間を忘れてできること」などの簡単な5つの質問を使って過去の自分を深掘流ことができます。 例えば、今、なんとなくデザインに関わる仕事がしたいとします。それに対して、 「なぜ、デザインに興味が持ったのか?」と深堀り、出てきた答えに対してまた、「それは、なぜか?」「いつごろかの話なのか?」を年代に分け考えます。 どれも、自分自身に関わるエピソードなので、具体性がUPし、純粋なファクトを掘り起こすことができるので、 面接時の「なぜ?」の対策にもバッチリです。 ちなみに、どうしても1人で考えるのが苦手なあなたは、話しながら行う「ペアワーク」も収録されているので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

4. オススメ3:ストレングスファインダー

4.1. ウェブテストを受けるだけで、自分の「強み」を客観的なデータを通して言語化することができる。

4.1.1. ストレングスファインダーは、2021年4月現在で全世界2500万人が利用している、「強み」の開発ツールです。 普段何気なくやっているが気づけていないあなたの「潜在的な才能」を客観的なデータを元に知ることができます。 書籍についているシリアルコードを入力し、約180問のウェブテストに回答するだけで、34の資質の中から自分のだけの「強み」のレポートをGETできます。 (書籍版は上位5位まで、以下は別途課金が必要です。) このレポートには、あなたの考え方や特徴が細かく記載されているので、そこから「そういえば、こんなことあったかも」なんて気づきを得ることができます。自分の弱点ではなく、強みに着目することで、自分の良さをさらに生かした自己分析ができることでしょう。

5. 最後に

5.1. いかがでしたでしょうか? 「自己分析」の1歩目はどこから始めても構いません。これだと思ったものから手を取り、自分が納得した道への自己実現ができることを願っています。 参考のリンクなども最大限活用してみてくださいね。 最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。