誠屋LINEチーム

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
誠屋LINEチーム により Mind Map: 誠屋LINEチーム

1. 運用開始作業が終わったら すぐにとりかかる

1.1. リッチメッセージ

1.1.1. トーク画面の下部に表示される画像のメニュー

1.1.1.1. 自分が登録していて送られてくる お店などのLINEをみて参考にする

1.1.2. 画像は1〜6分割が可能で、常時見せたい情報を固定化することができる

1.1.3. 1メッセージ内に6つまでのリンクを設定できる

1.1.3.1. 情報がまとまってわかりやすい

1.2. ショップカード

1.2.1. スタンプ、ポイントについて

1.2.1.1. 店舗に置いてあるQRコードをお客様のLINEで読み取ると付与

1.2.1.1.1. システムなどの導入は必要なし

1.2.1.2. ポイントカードの電子版

1.2.1.3. リピーター獲得

1.2.1.3.1. 特典までのポイント数は1〜50まで選べる

1.2.1.3.2. 有効期限を設定できる

1.2.1.4. 管理画面内で開封された数や利用された数を把握できる

1.2.2. ショップカードを作成

1.2.3. ポイント付与QRコードの作成

1.2.4. 特典チケットの作成・設定

1.2.4.1. スタンプやポイントがたまると使えるチケット

1.3. タイムラインに投稿

1.3.1. テキストや画像などを使った記事を投稿

1.3.1.1. 「いいね」「コメント」「シェア」がもらえる

1.3.1.2. 何回投稿しても無料で利用できる

1.3.2. ネタ

1.3.2.1. 家庭での洗濯豆知識

1.3.2.2. Instagramにネタを提供してもらう

2. 制作上気をつけること

2.1. お客様ファースト

2.1.1. お友達追加したくなるような内容

2.1.1.1. おもしろく、ためになる

2.1.1.2. お得

2.1.1.3. 誰かに教えたくなるような内容

2.1.1.3.1. タイムライン投稿

2.1.1.4. 「このアカウントとお友だちでいれば良いことがある」と思ってもらう

2.1.2. お客様が利用するのに面倒なのはNG

2.1.3. ブロックされないように

2.2. デザインを統一感のあるものに

2.2.1. どんなテイストでいくか最初に決める

2.2.1.1. 色味を合わせる

2.2.1.2. フォントを統一させる

2.2.1.2.1. 明朝よりはゴシック

2.2.1.2.2. POPでもいい

2.2.2. 余白を活かしたデザイン

2.2.2.1. 内容をぎゅうぎゅうに詰め込まない

2.3. ターゲット層を明確に

2.3.1. SNSを利用していて クリーニングを利用している世代

2.3.1.1. 新規客の獲得

2.3.1.2. 20〜50代

2.3.1.2.1. 主婦

2.3.1.2.2. スーツを着て働いている人

3. メンバー

3.1. 仲マネージャー(リーダー)

3.2. 長谷川(宮前平店)

3.3. 川原(上作店・下作店・宮崎店)

3.4. 向(鷺沼小台店)

4. 会社へお願い

4.1. 「LINEはじめました」をアピールする 店舗装飾用グッズを買ってください

4.1.1. 公式のものを置く方が信頼される

4.1.1.1. お友達追加の公式グッズだけでいいです

4.1.2. 有償ノベルティ

4.1.2.1. 三角POP

4.1.2.1.1. 400円(税別)/1枚

4.1.2.2. ステッカー

4.1.2.2.1. 150円(税別)/1枚

4.1.2.3. ラミネートパネル(A4サイズ)

4.1.2.3.1. 800円(税別)/1枚

4.1.2.4. ラミネートパネル(A5サイズ)

4.1.2.4.1. 500円(税別)/1枚

5. メモ

5.1. 投稿時間、頻度を決める際の3つのポイント

5.1.1. ユーザーの生活リズムに合わせる

5.1.1.1. 仕事が一段落した時間

5.1.1.1.1. 主婦ターゲットは家事が一段落する午後や夕食後

5.1.1.1.2. 社会人ターゲットは通勤時間や就業後19時以降

5.1.2. コンテンツと曜日の相性を考慮する

5.1.2.1. クリーニング屋だったら何曜日がいいかリサーチ

5.1.3. メッセージ配信の頻度は多すぎないように

5.1.3.1. 誠屋は月2回くらいがいいのでは

5.1.3.1.1. 毎月◯日にメッセージを配信

5.1.3.1.2. 臨時にメッセージ配信

6. 2021年6月30日第1回SNS会議

6.1. 第一回SNSチームMTG 2021_6_30改

6.1.1. チームとしての最初の目的とゴール

6.1.1.1. 目的

6.1.1.1.1. 誠屋のSNSツールの認知度を高め、集客につなげる

6.1.1.2. ゴール

6.1.1.2.1. スタッフ全員がSNSの位置付けを理解し、お客様に合ったツールを提案できる

6.1.2. SNSを使用する目的

6.1.2.1. 既存客の囲い込み

6.1.2.2. リピート率アップ

6.1.2.3. 他店との差別化

6.1.2.4. 新規顧客獲得の為のツール

6.1.2.5. 広報活動ツール

6.1.2.6. 新サービスのご案内により既存客への刺激

6.1.2.7. SNSツールだけで行う新サービスにより新規客層の掘り起こし

6.1.3. これからとりかかるSNSツール

6.1.3.1. Instagram

6.1.3.1.1. 誠屋の情報配信

6.1.3.1.2. メンバー

6.1.3.1.3. 役割分担

6.1.3.2. LINE

6.1.3.2.1. 誠屋のダイレクトメール配信

6.1.3.2.2. 電子会員カード

6.1.3.2.3. お客様とのコミュニケーションツール

6.1.3.2.4. 役割分担

6.1.3.2.5. メンバー

6.1.3.3. InstagramとLINEの連携させる

6.1.3.3.1. リンクを貼る

6.1.4. まとめ

6.1.4.1. Instagramチーム、LINEチーム共に目的とゴールを軸に考動しましょう。 活動内容については、数値目標をあげて掲げて取り組みましょう!

6.1.4.2. SNSツールを使用しての企画は初めてなので、 PDCAを繰り返し行い、常に改善させていきましょう!

6.1.4.2.1. PDCAとは

6.1.4.3. SNSツールはあくまで本業(クリーニング業)のサポートツールです。 上手に使用することで経費削減、売上アップ、客数アップにつながります。

6.2. M210630インスタ会議議事録

6.2.1. グランドルール

6.2.1.1. 一人一言ポジティブに発言

6.2.2. 目的

6.2.2.1. 誠屋のSNSの認知度を高めて集客につなげる

6.2.3. ゴール

6.2.3.1. 全員がSNSの位置付けを理解、お客様に提案できるように

6.2.4. 議題

6.2.4.1. 出席者自己紹介

6.2.4.1.1. 澁谷本部長、仲M、佐藤M、関、齋藤、川原、向、長谷川、小路、大泉、伊藤、青山先生

6.2.4.2. 「誠屋 ✕ SNS」資料の内容確認

6.2.4.2.1. iPadをレジとして使う「スマレジ」を導入予定

6.2.4.3. メンバーを「Instagram」と「LINE」にグループわけ

6.2.4.3.1. 効率化を考えてまずはチームごとに進行する

6.2.4.3.2. Instagram

6.2.4.3.3. LINE

6.2.4.3.4. InstagramとLINEの連携させる

6.2.4.3.5. 情報共有、アイデアの出し合い、相談、作業の手伝いなどはチーム関係なく

6.2.4.4. 作業が負担にならないように

6.2.4.4.1. 役割分担

6.2.4.4.2. 作業時間、打ち合わせは本業の勤務中に

6.2.4.5. 打ち合わせのやりとり

6.2.4.5.1. 個人携帯でやるのか

6.2.4.5.2. 「Instagram」と「LINE」のグループLINEを使う

6.2.4.5.3. 毎月10・20・30日に1時間など、意見交換する時間をつくっては

6.2.4.6. 最初のゴール日程

6.2.4.6.1. Instagram

6.2.4.6.2. LINE

7. 配信スケジュール

8. わたしのアイデア

8.1. 会員カードにLINEお友だち追加のシールをはる

8.1.1. 各店舗ごとのQRコード

8.1.2. お友だち追加するともっとお得に!

8.1.3. ご来店されたお客様の会員カードにシールをはる

8.2. お預り票にLINEお友だち追加のシールをはる

9. 連絡事項

9.1. 本部長へ 2021-07-14

9.2. LINE公式アカウントマニュアルを5部印刷してください。 A4両面印刷でお願いします。リンク→

9.2.1. 仲マネージャー、川原、長谷川、向、予備1部

9.2.2. 2021-07-14

9.2.2.1. 本部長へお願い

9.2.2.1.1. マネージャー経由で事務所に依頼

9.3. 川原さんについて

9.3.1. 火曜日に仲マネージャーと話をして、向がLINE事業を引っぱっていくことになりました。

9.3.1.1. しばらくは向がリーダー的な役割をしますが、一緒に川原さんに動いていただいて、次のリーダーになってもらいたいと考えます。

9.3.2. 社員として、1つの事業を任せられる存在、仕事に自信をつけてもらいたいです。

9.3.2.1. 皆で支えていく感じで。

9.3.2.1.1. いま、川原さんにはそばにいてあげる存在が必要です。

9.3.2.1.2. 不安で自信がないと思うのです。

9.3.2.1.3. そばで認めてあげることで、これからもっと成長していけます。

9.3.2.2. 本部長が「川原さんはうちに必要だ」とお選びになりました。

9.3.2.2.1. パートナーさんではなく、会社として大きな投資をする社員としてです。

9.3.2.2.2. これからの誠屋をつくっていく人材だと思ったから採用したのですよね。

9.3.2.2.3. 入社して1ヶ月経ったいま、とても大事な時期です。

9.3.2.3. 個人差はあるので時間はかかるかもしれませんが、川原さんの成長していくのを支えてあげたいのです。

9.3.3. 川原さんにLINE事業全般を一緒に行い、仕事を私と一緒に行い覚えてもらいます

9.3.3.1. しばらく毎週鷺沼小台店へ通ってもらいたいです。

9.3.3.1.1. 私がシフトが入っている時間

9.3.3.1.2. 月曜日の午後15:00〜19:00

9.3.3.1.3. 火曜日の午後15:00〜19:00

9.3.3.2. 今の勤務シフトだと、LINEに関わる時間がないようです

9.3.3.2.1. 仕事とプライベートを分けるためにも、勤務時間中にLINE業務にかける時間が必要です。

9.3.3.2.2. まだ仕事に不慣れなので本業は集中していただき、別に時間をとってあげた方がいいと思います。

9.3.3.3. 川原さんが工場勤務を希望していると聞きました。

9.3.3.3.1. 本人の希望ですし、会社も了解したのかもしれませんが、いまならシフトを少し変更できるのではないでしょうか。

9.3.3.4. 工場の仕事を覚えることも社員として大事なことだとは思いますが、こちらにもお時間をいただけませんか。

9.4. クリーニングの誠屋LINE公式アカウントを1つにしませんか

10. このマインドマップの使い方

10.1. 内容は随時更新します

10.2. メモの先が閉じている場合は右下の◎をクリック

10.3. リンクはこのマーク→

10.3.1. クリックするとリンク先へ飛びます

11. 店舗スタッフ用LINE接客マニュアル

12. とりあえずはいらない 要検討事項

12.1. AI応答メッセージ

12.1.1. お客様からのメッセージに自動で返信

12.1.2. 必要な情報はプロフィールにある

12.2. チャット機能

12.2.1. トーク機能を通じて、友だちになっているユーザー一人ひとりとコミュニケーションが取れる

12.2.2. 負担が大きそう

13. 誠屋LINEでやること

13.1. プロフィールを設定

13.1.1. 店舗の基本情報

13.1.1.1. 営業時間

13.1.1.2. 電話番号

13.1.1.3. 料金表

13.1.2. 店舗の写真

13.1.2.1. お店の外観

13.1.3. ロゴマーク

13.1.3.1. 誠屋クリーニングのロゴ

13.1.3.1.1. 各店共通

13.2. あいさつメッセージ

13.2.1. 友だち追加したときに自動で配信

13.2.1.1. お友達追加特典クーポンがついてくる

13.2.2. 掲載内容

13.2.2.1. ごあいさつ、お礼

13.2.2.2. 店舗の紹介

13.2.2.3. 今後配信する情報について

13.2.2.4. プッシュ通知をOFFにする方法

13.2.2.4.1. 今後、どのような情報がどの程度の頻度で配信されるのかご案内

13.2.2.4.2. ユーザーが配信の頻度が高いと感じた時にプッシュ通知をOFFにするための方法をご案内

13.2.2.5. 結びのひと言

13.2.3. 1つの吹き出しに最大500文字までなので、2~3吹き出し以内に収める

13.3. クーポンを作成

13.3.1. お友達追加特典クーポン

13.3.1.1. 友だち追加したときに自動で配信

13.3.2. シークレットセールクーポン

13.3.2.1. 毎月のメッセージに自動配信

13.3.2.2. いくつか作っておいて毎月変える

13.3.3. クーポンの種類

13.3.3.1. 割引

13.3.3.2. 無料

13.3.3.3. プレゼント

13.3.3.4. キャッシュバック

13.3.4. クーポンを開封された数、クーポンを使用された数を、管理画面で確認できる

13.3.4.1. 開封された数が少ない

13.3.4.1.1. メッセージの内容を見直す

13.3.4.2. 使用された数が少ない

13.3.4.2.1. クーポンの内容を見直す

13.4. 毎月第3金曜日にメッセージを配信

13.4.1. シークレットセール情報

13.4.1.1. 1回のメッセージ配信で、同時に最大3吹き出しまで送ることができる

13.4.1.2. 読んだら楽しくなる、ワクワクする

13.4.2. セールクーポン

13.5. 店舗スタッフ用LINE接客マニュアル