【リサーチの極意】

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
【リサーチの極意】 により Mind Map: 【リサーチの極意】

1. リサーチ方法4選

1.1. 1.キーワード・リサーチ

1.1.1. 一番基本となるリサーチ方法。 商品名、メーカー名、商品状態 を入力し、検索する。 使用するキーワードは、日常から拾う 癖をつける。

1.1.1.1. キーワードストック

1.2. 2.セラー・リサーチ

1.2.1. ヤフオク上のセラーIDをツールに入力し、 セラーが出品している商品からリサーチする方法 1つ差額のある商品を出品しているセラーは、他にも安く出品している可能性が高く、 初心者の方でもリサーチしやすい方法

1.2.1.1. セラーリサーチ

1.2.1.1.1. セラー集めは再出品しながらやると効率が良いです。

1.3. 3.カテゴリ・リサーチ

1.3.1. キーワードを入力せず、 大まかなカテゴリから価格帯を絞ってリサーチする方法 メリットとしてはキーワードを使わなくていい、 デメリットとしては、細かいリサーチができないことですが、 商品は見つかりやすいです。

1.3.1.1. カテゴリ・リサーチ動画

1.4. 4.ランキング・リサーチ

1.4.1. Amazonのランキングを使ったリサーチ方法 ヤフオクではAmazonのランキングが低い商品は値崩れしにくい 傾向があり、ランキングが高い商品は、 差額のある商品は見つけにくいです。 なので、あまり実用性はないですが、 キーワードストックと併用してする事で効果を発揮します。

1.4.1.1. ランキング・リーサーチ動画

2. 差額のある商品が見つけやすい画像の特徴

2.1. リサイクルショップや個人使用された商品は、差額が出やすいものが多く、 共通の特徴として、実物画像が多い。 背景が白抜き画像のものは差額がとれる商品が少ない。

2.1.1. 差額が出やすい商品の画像の特徴

3. 実物画像商品のリサーチ方法

3.1. ヤフオク上で未使用品の実物画像を多く検索できるやり方です。 含めたいキーワードに”未使用”と入れてください。

3.1.1. 実物画像を見つけやすいリサーチ方法

4. 再出品

4.1. 再出品とは、一度出品が終了した商品のリストから、もう一度ヤフオク上で同じ商品を探して、 商品が見つかれば簡単に、再出品できる機能です。 新規出品と併用することで、大幅に出品数を増やせます。

4.1.1. 再出品

5. リサーチテクニック

5.1. 1個差額のある商品を見つけたら、その派生商品を探し続けてみる。

5.1.1. リサーチテクニック

5.2. リサーチで見切りをつけるタイミングを決める。

5.2.1. 1つのキーワードで、30商品中5品以下しか、型番の商品を拾えないものは 検索を辞める

5.2.1.1. 型番は見つかるが、20品Amazon検索して商品ページがない 又は差額がないものが続く場合はキーワードを切り替える

5.3. 検索結果を見やすく並べる

5.3.1. 価格の安い順

5.4. 大手のネットショップ等で、メーカー検索する。

5.4.1. メーカー一覧表からキーワードを貯める

5.5. https://youtu.be/LnlloIxojh4

6. 出品禁止商品

6.1. 大きく気をつけたい商品 ・レーザーポインター ・アダルト ・医療機器 ・リコール対象商品

6.1.1. 禁止商品一覧URL

6.1.1.1. https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=200164330&language=ja-JP&ref=mpbc_1085374_cont_200164330

6.1.2. リコール対象商品URL

6.1.2.1. https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=XMGGPL6LC4CVXHT