大学の入試変化

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
大学の入試変化 により Mind Map: 大学の入試変化

1. 影響

1.1. 大学

1.1.1. 採点期間の確保が困難なため否定的

1.2. 受験生

1.2.1. 勉強科目を減らす

1.2.2. 「学びたいことが実現できる大学」から「合格できる大学」を選ぶように

1.3. 高校

1.3.1. 教育に影響

2. 内容

2.1. 記述式問題を出題

2.2. 英語資格の活用

3. 背景

3.1. 私立大学

3.1.1. 志願者数を増やすため,入試科目を減らす

3.1.2. 定員割れを危惧

3.1.2.1. 4年制私立大学の33%が入学定員を充足していない

3.1.2.2. 定員7割に未満で危険信号

3.1.2.3. 定員5割未満で破綻寸前

3.1.2.4. 東京以外の40%に定員割れ,多くが倒産すると予想

3.1.3. 早期入学者確保を狙う

3.1.3.1. 指定校推薦の割合を高める

3.1.3.2. 一般選抜の合格者を絞る

3.1.3.2.1. 一般選抜の競争率上昇

3.2. 国

3.2.1. 地方創生

3.2.1.1. 私立大学の入学定員厳格化

3.2.1.1.1. 定員を大幅超過した大学は補助金がカット

3.2.2. 赤字経営の大学は助成停止などのメリハリをつけるべき

3.3. 人

3.3.1. 少子化

3.3.2. 大学進学率増加による受験者の増加

4. その他

4.1. 入試内容はアドミッションポリシーに則り決定

4.1.1. 本来国が促すものではない

4.1.2. 原因は私立入試の実態にあり

5. 課題

5.1. 一般選抜

5.1.1. 評価できる点

5.1.1.1. 知識

5.1.1.2. 技能

5.1.2. 評価できない点

5.1.2.1. 思考力

5.1.2.2. 判断力

5.1.2.3. 表現力

5.1.2.4. 学びに向かう力

5.2. 私立大学

5.2.1. 定員割れ回避

5.3. 教育

5.3.1. 受験生の質を高める

5.3.2. 高校の教育の方向性

6. 先行研究

6.1. 地方都市や学生競争の激しい地域は定員割れしやすい

6.2. 入学難易度の低い大学が必ずしも定員割れを起こすとは限らない

6.3. 都市規模が大きく,アクセスが容易なほど定員は満たされやすい