バリュードリブン

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
バリュードリブン により Mind Map: バリュードリブン

1. 完結でわかりやすいメッセージにする

1.1. 読者のどんな問題を解決できるのか

1.2. その解決策はなにか

1.3. その解決策を取り入れることで読者の人生はどうなるのか

1.4. 聞き手に次に行動してほしいことはなにか

1.5. 聞き手に覚えてほしいことはなにか

2. マーケティング

2.1. 世の中には素晴らしい製品がたくさんありすぎる

2.1.1. 見込み客に自分の商品を伝えるチカラが必要

2.2. 見込み客との関係性を構築する必要がある

2.3. 見込み客が知りたいことは

2.3.1. どんな商品やサービスを提供していて

2.3.2. それによって生活がどう改善されるのか

2.3.3. 購入するにはどうしたら良いのか

3. 物語の作りから

3.1. あなたの手助けによって見込み客が克服できる問題を明確にする

3.2. 問題を拡大する

3.3. 解決策を提案する

3.4. 解決する過程をみせて、解決した先にあるハッピーエンドを見せる

3.5. 作り方

3.5.1. 何らかの目的を持つ主人公が登場する

3.5.1.1. 見込み客を主人公にする

3.5.1.1.1. 弱い存在

3.5.1.2. 見込み客は自分以外の主人公を求めていないから

3.5.2. 主人公が問題に出くわす

3.5.2.1. 主人公=読者は〇〇が原因で〜〜という不満が起きています

3.5.3. 主人公のもとに導き手が現れる

3.5.3.1. 導き手=主人公が抱えている悩みを過去に経験して克服したことがある人

3.5.3.2. つまり、自分が導き手

3.5.3.2.1. 憧れで強い存在

3.5.3.3. 〇〇という原因を解決する手段を提案することによって〜〜を解消できます

3.5.3.4. ポイント

3.5.3.4.1. 共感

3.5.3.4.2. 導き手としての視覚

3.5.3.4.3. 主人公の悩みを自覚させる

3.5.3.4.4. 新しい視点や独自の支店を見せる

3.5.4. 導き手が計画を授ける

3.5.5. 計画をなかなか行動に移さない主人公

3.5.6. 導き手は行動を促す

3.5.7. 成功した場合の結末を描く

3.5.8. 失敗した場合の結末を描く

3.6. 見込み客の抱える問題を知ることから始める

3.6.1. 物語は主人公の問題直面がスタートの合図

3.6.1.1. 問題を把握しておかないと物語がスタートしない

3.6.2. 問題経血について語り始めない限り読者は興味を持たない

3.7. わかりやすく行動を換気する

3.7.1. 導き手は堂々と主人公に行動を促す

3.7.1.1. 迷わせない

3.7.1.2. 不安にさせない

3.7.1.3. 自身を見せる

3.7.1.4. 購入に至るまでの過程で助言をくれるか

3.7.1.5. 解決策をそもそもちゃんと持っているのか

3.7.2. 本当に見込み客の問題を解決する手段があって、解決策を導入してもらう自信があるなら堂々と商品を売り込むべき

3.7.3. はっきりと行動を促す言葉がないと人は不安で行動できない

3.8. 危険を知らせて緊急で解決するべきことを伝える

3.8.1. あなたの商品を緩和ないと見込み客はどのような危機にさらされるのか

3.8.2. 他の商品を選んだ場合何を得た、何を失う可能性があるのか

3.8.3. =危険がないところに物語は始まらない

3.8.3.1. 見込み客が物語に参加した場合、どんな未来が待っているか

3.8.3.2. 見込み客が物語に参加しない場合どんな未来が待っているか

4. 自分自身を市場で取引する商品とみなす

4.1. 自分に投資してくれた人に最高のリターンを返す

4.1.1. 最高の価値提供をしよう

4.1.1.1. 誰もが稼げるようにビジネスノウハウを教えること

4.1.1.2. 顧客が自分に投げた投資額よりも回収できなければいけない

4.1.2. 自分を被害者ではなくヒーローとみなす

4.1.2.1. 被害者

4.1.2.1.1. 抑圧に倒れたまま

4.1.2.1.2. 失敗を人のせいにする

4.1.2.2. ヒーロー

4.1.2.2.1. 抑圧に抵抗して立ち上がる

4.1.2.2.2. 困難の中で勝つ方法を探し続ける

4.1.2.2.3. 過ちから学び、周りからの思いやりを求めず、自分の価値を証明しようとする

4.2. 出来事に対して感情を挟まずに客観的に冷静に判断する

4.3. なんの実績もないのに褒めてもらいたいと思うのは子供の証、赤ちゃんと一緒

4.3.1. 学び、上達して、成果を還元することが必要

4.4. 最後までやり抜く