働き方の選択肢

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
働き方の選択肢 により Mind Map: 働き方の選択肢

1. 公務員

1.1. メリット

1.1.1. 福利厚生がしっかりしている

1.1.2. 年々昇給がしていくことが確約

1.1.2.1. 年二回のボーナス

1.1.3. 働く時間がほぼ決まっている

1.1.3.1. 土日祝休み

1.1.3.2. ほぼ定時退社

1.1.4. 同時の考えや提案により環境改善ができる

1.1.4.1. 現場や中途採用の経験を活かしていけるかも

1.1.5. こずえに提案しやすい

1.1.5.1. 誰もが思う公務員が固いっていう固定概念を疑ってみよう

1.2. デメリット

1.2.1. 副業が禁止

1.2.1.1. こずえを代表者において副業が可能な場合もあり

1.2.1.1.1. バレると懲戒処分

1.2.2. スペシャリストになれない

1.2.2.1. 公務員の性質上

1.2.2.1.1. 8割変わりが効くマニュアルができている*主観

1.2.3. 給料が安い

1.2.3.1. 労務課初任給24万円

1.2.3.1.1. 実質手取り月給約19万円以下*ボーナス時の所得税等別

1.2.3.1.2. 求める生活水準を維持できる金額なのか

1.2.4. 同調圧力が強め

1.2.4.1. 個性を発揮しにくい環境

1.2.5. デモ等に参加できない

1.2.5.1. 公務員は原則政治的活動に参加禁止

2. 会社員

2.1. メリット

2.1.1. ほぼすべての会社が社会保険完備

2.1.1.1. 福利厚生がしっかりしている?

2.1.1.1.1. 各会社によるけど

2.1.2. 安定した収入を得ることができる

2.1.2.1. 自分が税別後いくら必要なのか把握する

2.1.3. 公務員に比べ内容を選べる

2.2. デメリット

2.2.1. 月給ありきで職を選んでしまいがち

2.2.2. 公務員に比べ”安定”のパワーワードが弱い

2.2.3. やりがいと合わなかった場合次を探す時間がかかる

2.2.3.1. 選ぶ条件が多い為

3. 会社員+副業

3.1. メリット

3.1.1. 選択肢の自由度が高い

3.1.1.1. 自分の興味ある業種で働ける

3.1.1.1.1. 例 希望月額23万

3.1.2. 合わなかったとし場合次を探す時間がかからない

3.1.2.1. 副業ありきの月額が基準となる為

3.1.3. こずえに提案がしやすい

3.1.3.1. 前に作った資料を活用しやすい

3.1.3.1.1. こーきが頭の整理と都合よく使えるツールとして作った

3.1.4. 副業がうまくいけば人生が変わる

3.1.4.1. 副業が本職に変わることもある

3.1.4.1.1. 自分の時間や家族との時間等自由度が上がる

3.2. デメリット

3.2.1. 副業に費やす時間が必要

3.2.1.1. 情報収集やなれない作業が多い為自分の時間の切り売りはする

3.2.1.1.1. リスクとリターンはは許容できるのか

3.2.2. 失敗する可能性もある

3.2.2.1. 何をもって失敗なのか、得るものはないのか。内省してみる

4. 俺のこれから

4.1. 休みのない生活から請け負いにより時間単価の向上

4.1.1. ブログはすでに開始

4.1.1.1. アフィリエイト収入を得たい

4.1.2. インスタで端折ってブログの内容を公開

4.1.3. ツィッターで流入同線の確保

4.2. 少額ながらNISAで運用開始*6月より

4.3. 社会の仕組みを考える

4.3.1. 日本は資本主義+国民性

4.3.1.1. お金を稼ぐ=相手を喜ばせる

4.3.1.1.1. 書籍 夢を叶えるゾウがおススメ

4.3.1.2. 誰かを批判したところでなにも変わらない

4.4. 情報弱者にならない

4.4.1. これだけ情報にアクセスできる時代を活用しない手はない

4.5. 自分の人生や時間を誰よりも大事にできるのはじぶんだけ。

4.5.1. 他の誰でもない自分の人生

4.5.1.1. 誰のために何のために生きるか決める

4.6. 常に情報収集

4.6.1. 情報格差はしばらく縮まらない

4.6.1.1. 物事の物差しの基本を得るために勉強する

4.6.1.1.1. 金持ち教育が無いのならその物差しをものにしたら金持ちへの最短距離