台本の作り方

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
台本の作り方 により Mind Map: 台本の作り方

1. 台本の構成

1.1. 目標

1.1.1. 誰得?

1.1.1.1. 誰のための教材か?

1.1.1.1.1. A→B

1.1.1.1.2. 考え方

1.1.1.2. このレシピをマスターすると、どんなご利益があるのか?

1.1.1.2.1. 普通より美味しい●●が作れる

1.1.1.2.2. 40%デスクワークの作業効率がアップする

1.1.1.2.3. 会議の回数を1/3に削減できる

1.1.1.2.4. アイデアをドンドン出せるようになる

1.1.1.2.5. 集中力の持続時間が長くなる

1.2. レシピ

1.2.1. 手順1

1.2.2. 手順2

1.2.3. 手順3

1.2.4. 手順4

1.3. 解説

1.3.1. なぜ?

1.3.1.1. この手順が必要なのか?

1.3.1.2. この手順のポイントは何か?

1.3.1.3. なぜ、この順番にやるのか?

1.3.1.4. やってはいけないこと

1.3.1.4.1. 失敗例も示す

2. スキル

2.1. 作業分析

2.1.1. 作業をもれなくリストアップする

2.1.1.1. 宇宙人でも再現できるレシピを作る

2.1.1.2. 動画で操作説明の場合、抜け漏れを防止できる

2.1.2. 作業は何か論理的に考える力

2.2. 1つの目標に集中して伝える

2.2.1. 目標を混ぜると複雑になる

2.2.2. シンプルにまとめる

2.3. 伝える準備力

2.3.1. 台本制作力

2.3.2. ロープレ力

3. 媒体

3.1. 手書き

3.1.1. メリット

3.1.1.1. 画面キャプチャ中も自由に閲覧できる

3.1.1.2. 簡潔にまとまりやすい

3.1.1.2.1. 書きすぎることも

3.1.1.3. 矢印を追記できる

3.1.2. デメリット

3.1.2.1. 編集しづらい

3.1.2.2. すぐにシェアできない

3.1.2.2.1. 収録終わったらどうする?

3.1.2.3. 紙とペンが必要

3.1.3. サイズ

3.1.3.1. A5~A6

3.2. データ(表)

3.2.1. メリット

3.2.1.1. 項目が漏れない

3.2.1.2. 検索できる

3.2.2. デメリット

3.2.2.1. イメージが湧きづらい時がある

3.2.2.2. 画面を使用するので、キャプチャ時に見える配置の工夫が必要

3.2.2.2.1. キャプチャするウィンドウ

3.2.2.2.2. 台本

3.2.2.2.3. 併せて閲覧したい画面