レスポンス(1-3)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
レスポンス(1-3) により Mind Map: レスポンス(1-3)

1. 大量の情報への対処法

1.1. 知的好奇心を満たすという情報の取り方は注意

1.2. 軸を崩さないようにする

1.2.1. 今自分のためになるのか

1.3. 情報

1.3.1. 必要なもの

1.3.1.1. スキルアップの方法。これが大事

1.3.2. 欲しいもの

2. 初心者でもOKか?

2.1. もう初心者ではない

2.2. プロだと思って学ぶ

3. 物販のコピーはどうやって書く?

3.1. 世の中に売っている商品は基本物販

3.1.1. 「通販生活」はコピーライターが優秀

3.2. 全米セールスライター

3.2.1. シュガーマン

3.2.1.1. 物販のコピー

3.2.1.2. サングラスのコピーなど

4. 年商1億円売り上げるための商品ラインナップはどう作ればいい?

4.1. 住宅

4.1.1. 2〜3棟

4.2. 年商1億円

4.2.1. 1億円売ったらよい

4.2.2. 1千万円を10個売らないといけない

4.2.3. そのためにはどんなコピーを書けばいいのかと考える

5. 実績ゼロのコピーライターが、どうやって仕事をもらうの?

5.1. セルフイメージを変えてプロと思う

5.2. お客様より少しでも知識あればよい

5.2.1. コピーのコの字もわからない人に教えればいい

6. コピーライターとして、自分自身をどう差別化すべきか?

6.1. 差別化とかは関係ない

6.2. 書いてください→誰かと比較されているわけではない

6.3. いかにお客さんに共感してあげて悩みを解決することができるかに尽きる

6.4. コピーに差別化入れないといけない時はある

7. どの程度まで書けば一人前?

7.1. プロだと思えば最初書いたものが一人前

7.2. セルフイメージだけの問題

8. 物販なんですが、無料プレゼントは何をすればいい?

8.1. 情報

8.1.1. 花の育て方

8.2. お客さんが何を欲しいか、何を考えているかとお客さん中心に考える

9. コピーで使えないものは?

9.1. ケープルズのピアノのコピー

9.2. 「ザ・コピーライティング」を読む

9.3. 本質的なものを捉えればずっと使える

10. コピーを学ぶのに、勉強時間はどれくらい必要?

10.1. 読書感想文

10.2. 良いインプットをして良いアウトプットをする

10.3. 1日1時間は必ずする

11. コピーのあとのこと

11.1. レスターワンダーマン

11.2. デイビットオーグルビーの本

11.3. コピーライティングとかの巨大さ、思考の枠組みを取ってくれる

12. コピーライティングについて、いろんな人がいろんなことを言っている。だれを信じればいいの?

12.1. ヘッドライン短くても長くても、どんな要素入っているとかは重要ではない

12.2. もっと下の部分を知る

12.3. お客さんの心にどう響かせるか

12.3.1. 〜をするな(みんながしていることと逆のこと)

12.3.2. 注目を集めるために他と違うことを書く

12.3.3. 例:手書きで書くとか時代遅れ

12.3.4. なんで自分は不安になったんだろう、 心が動いたポイントをどうコピーに使えるかを考える

13. 女性向けのコピー

13.1. 女性向けのコピーは男性が書くべきではない

13.2. 女性が女性向けにやるよりハンディがある

14. アフィリエイトで稼ぐ方法は?

14.1. 価格ドットコムが一番成功している

14.2. お客さんの抱えている問題

14.2.1. その抱えている問題を解決しているのがこの商品ですよ

14.2.2. という流れで売ることが大事。

14.2.3. 価格ドットコムも安い商品はこちらですよと教えている

15. ハイパワーマーケティングを読む