レスポンス(3-2/3)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
レスポンス(3-2/3) により Mind Map: レスポンス(3-2/3)

1. セールスプロセスの作り方

1.1. マーケティングは「階段」のようなもの

1.2. リード(見込客集め)

1.2.1. 成約率の高いページを作る

1.2.1.1. アクセスをリードに変える こちらから連絡できる状態にする

1.3. フロントエンド

1.4. バックエンド

2. ニーズとウォンツとはどう違う

2.1. ニーズはお腹が空いているから食べたい

2.1.1. トイレットペーパー

2.1.2. 基礎から儲かる

2.1.3. 健康診断

2.1.4. 競争になるので売りにくい

2.2. をンツは高いけど行ってみたい店に行きたい

2.2.1. 拭きごごちがよいもの欲しいのがをンツ

2.2.2. これをやれば一発で儲かる

2.3. をンツをいかに強められるか。両方をどう伸ばすかが大事

3. 自己紹介は・本名が良いですか?

3.1. 自己紹介はパターンの一つ。

3.2. 顔写真いれたら上がるというわけではない 信頼性は上がる。

4. 「客がどんな欲求を満たせるのか」を 出来るだけ多く思いつくままに書き綴りましたが、 これは今後のライティングに非常に 有用なことなのでしょうか?

4.1. 欲求を「思いつくままに書く」というのが大事。50個くらい

4.2. お客様の視点に立てるようになる

4.3. コピーを書いている時に「結果」「結果」と考え続ける

5. 「人間は感情で物を買い、理屈でそれを正当化する」 といった言葉が出てきましたが、 ”本音と建前”のような感覚で 理解しておけばよろしいのでしょうか?

5.1. 感情と理屈は「本音と建前」ということ!

5.2. 理屈の部分も多く書いたほうがよい

6. 「感情」と「欲求(wants)」は「ベネフィット」と同じ意味なのですか?

6.1. ベネフィットは「利益」

6.2. 利益があるから欲求が満たされる

7. お客さんが持っている先入観を特定するための、 良い方法があれば教えてください

7.1. 見込客が読んでいる雑誌・テレビを一通り見る

7.2. 人はテレビからすごい影響を受けている

8. セールスレター写経

8.1. アウトプットしないと意味がない

9. ネットに露出するための格言

9.1. 1日最低1人のお客さんを怒らせるようなメッセージじゃないとあなたのコピーは弱い

9.2. 強ければ強いほど批判がある

9.2.1. 批判があるということは 注目されているということ

9.2.2. 批判あるくらいじゃないと 簡単に注目を集めることができない パワーもないコピーになる

9.2.3. 何を言っても批判する人がいる

9.2.3.1. クレーマーみたいな人

9.2.3.2. ルイビトンでも批判する人いる

10. 証拠

10.1. テレビショッピングのようにデモンストレーション

10.2. こんなビジネスパートナー

10.3. 自分の経歴:インターハイ1位

10.4. お客をモニターしてもらう

11. ストーリー

11.1. 実話である必要はない

11.2. 自分のことでも振り返ってみるとあったりする

12. 誰にコピーを見せるのかをイメージする

12.1. お客を絞り込む

12.2. 反応が落ちたらターゲットを変える

13. クライアント

13.1. 月に2・3社が限界